CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月09日

備品の助成について

真柄福祉財団様より地域活動支援センターエール、児童発達支援事業所ディベロップに備品を助成していただきましたexclamation
地域活動支援センターエールは今年4月に開所予定です。
そのための冷蔵庫、食器棚、FAX付電話、卓球台など助成していただきました。
卓球台は国際規格サイズの本格的なもので、職員はじめスタンバイ通所生も目をキラキラぴかぴか(新しい)
「試し打ちしましょうか黒ハート
「そうしましょう黒ハート
早速何人かの通所生が五輪選手気分で卓球を楽しみました。
いつかスタンバイ卓球大会を開催したいですねるんるん

ディベロップには落書きボード、積み重ねテーブル、フレキサースィングなど、療育に必要な備品を助成していただきました。
フレキサースィングを初めて目にした時、これは進入禁止のコーンかしらと思いました。
実は天井から吊るして抱きつき、回転運動や振子運動を楽しむ遊具とのこと。
なんだか大人も使いたくなりそうですわーい(嬉しい顔)

このようなたくさんの備品を助成していただき、多くの方にさらに充実した支援を提供することができるのも真柄福祉財団様のおかげです。
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
IMG_3062-1.JPG
(中央緑色の遊具がフレキサースィングです。)

(uchi)

posted by スタンバイ at 17:12| Comment(0) | sonota
この記事へのコメント
コメントを書く