CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年12月14日

[軽作業]郵便カード仕分け

郵便カードの仕分け作業が続いています。
新潟市の8区に仕分けてから、一つの区を7桁ある郵便番号ごとに分け切っていく作業をしています。

【郵便番号の見方】
最初の三桁を@
次の4桁の内、上二桁をA
最後の下二桁をB

例 950-0922 とすると、

950→@ 09→A 22→B

となります。

カードは、同じ番号のものが3枚〜5枚程度用意してあるので、一つの区だけで1000枚程度用意されていることになります。
これらのカードを手順にそって分け切るため、フロアー全体を自由に使って、直に座り込んでします。

仕分けには、紙で作ったマスを用います。すべて、手作りです。
付箋を利用して、マスに付箋を立て付け、仕分けていくための目安とします。


こうして最終的に、全てを分け切った後、同じ番号を輪ゴムで留めて、付箋にその番号を書き入れ、付けていきます。

一人、250枚の仕分けからチャレンジです。

最後は、点検。
仕分け切った付箋をシートに貼り出し、重複していないかどうかを見ることで、完全に分類仕分けができたかどうかを見ます。


仕分け作業を続けて行くうちに、体の動かし方、姿勢保持辺りがしっかりしてきてバックヤードトレーニングで教わった腰の落とし方↓が有効であることを、体が覚えて行きます。



今週は、250枚の仕分けとその点検を完了できました。
次は、500枚の仕分けをチャレンジ、開始です。
posted by スタンバイ at 13:26| Comment(0) | keisagyou
この記事へのコメント
コメントを書く