CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年11月23日

ほんの少しのこと

週明けの月曜日の午後は、「軽作業」をしています。

軽作業は、いわば「オフィスワーク」と呼ばれる細かな事柄にあたります。
紙かぞえはもとより、その紙サイズ(Aサイズ、Bサイズ・・・)、パンチで穴をあけること、ホチキス留め、ファイルやテプラテープの使い方、カッターやハサミ、両面テープやのりの使用と後始末、ファイリング・・・・、付箋やインデックスの使用・・・、他にも本当に細かな雑多な事柄。
何が何につながっているか、動線も含めて文具類を実際に見て、触って、使っていくことで覚えて行きます。もちろん「PC」も、伝票類・データ等打ち込みをはじめ、オフィスワークでは必要とされるスキルになります。

手先が器用そうだなぁ・・・と感じられる場合は、「包装」なども含めます。
どんなお仕事に就けるか、その可能性を広げたいですものね。

仕分ける」という仕事は、どのような業種のお仕事に就いても、必ずやあります。
この仕分けるという仕事の基本中の基本として、郵便番号を用いた仕分け作業[郵便カード仕分け]をしてもらいます。
郵便番号(新潟市)が書かれているカードを、まずは8区に分けるところからスタートです。










「正確に、そしてスピーディに・・・」と、伝えられ始まりました。

しばらく見守っていると、ああ、そうか・・・と、気づくことができました。

たくさん分けようと思って焦り、カードを両手にいっぱい持ち、ポロポロと落としながら進めています。そして、カードが落ちそうになるのを防ぐために、自身のお腹辺りでカード全体を支えながら仕分けているのでした。








これを、トランプのように整えて持つだけで、作業は格段にはかどります。









「こんなこと・・・」と、思われるかもしれませんが、「こんなこと・・・」からが大事だよねって思っています。自然と身につけられる方は、それでいいのですが、細かく丁寧に教わらないとずっーとわからないまま、苦労し続けている方もいます。そして、苦手意識だけを持ち越してしまいます。
だけど、しっかり教わると、そこからは確実に身に付く方たちです。

それが、彼らの魅力ですね。まる


posted by スタンバイ at 16:21| Comment(0) | keisagyou
この記事へのコメント
コメントを書く