• もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
メディアにみる福祉2 [2011年10月19日(Wed)]
今回は、自閉症の若者との不思議な旅を描いた
「ぼくはうみがみたくなりました」の後編。

レジメやミニレポートに誤字がちょくちょくあり
(特に「明日美」を「明日香」と表記しているのは
 突っ込みをたくさんいただきました)
申し訳なかったです。

今回のレポートのテーマはこちら。

明日美にとってこのドライブ(一泊旅行)は、明日美自身の人生に何か影響を与えることがあったと思いますが、それはどんな影響だと思いますか。自閉症の淳一は、対話的なコミュニケーションはほとんど見られないにも関わらずその障がいから、明日美や家族、浅野夫婦をはじめいろんな人に影響を与えています。障がい者と関わることとはいったい何の意味があるのでしょうか? 自分の考えを書いてください。

代表的な意見を紹介します。

・一定の割合で自閉症の人がいることが胸につきささりました。正直、今までは電車などで見かけたら関わりたくなくて車両を変えたりしていました。けど園長先生の話を聞いて自分が健康なことに感謝しなくてはと思ったし、障がい者を排除しても意味がないことがわかりましたが、正直なところ積極的に関わるのはまだ無理なので、少しでも障がいを理解するところからはじめたい。

・障がいについて理解したいと思いますが、どこまで偏見かがわかりません。自分が結婚した時に、障がいを持たない子が欲しいと思うのは偏見なのでしょうか。

・障がいがあってもなくても人はいろんな壁にぶつかり乗り越えていることを、もっと理解しないといけないと思う。障がい者が何も考えてないわけでもなく、出来ないわけでないことが園長先生のために渡り船を出した淳一から伝わってきた。

・ある意味幼さと素直さをもった淳一のような障がい者と関わることで、私たち自身の人間性がわかるのではないかと思いました。

・障がい者は今までの自分が持っている常識や「普通」という概念の外にある行為が多いと思うので、一緒に関わることで今一度自分の常識や「普通」を考え直すことができる

・今回の明日美のように直接関わるということの自分への影響力は大きいと思う。しかし自分自身、今回のように映画など映像で見たりすることは出来ても実際に関わるための一歩を踏み出せるかというと自信がない。

・何か意味があるから障がい者と関わろうとするのではなく、映画のように障がい者と関わることでたまたま何かの意味を見つけるのだと思う。

映画の良さは今回のレポートにあったように
台詞やシーン、そして何よりも作品そのものに
大きな影響を受けることかなと思っています。
(うちの相方も空き時間にみた映画に出てきた
 仕事に興味をもって結局、その分野に就職しました)
だからこそ大学生のうちに様々な文化や体験を
重ねて欲しいなと願っています。

これから1月までそんな作品と
この講義を通して出会ってくださいね。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:24
メディアにみる福祉1 [2011年10月12日(Wed)]
メディアにみる福祉も5年目ですが、
今年は積極的に新作を取り入れていこうと
考えています。

その第一弾が映画「ぼくはうみがみたくなりました」
今回はレポートというか感想でしたが
だいたい大きくわけると二種類の感想がありました。

「自閉症について」
「音声ガイドについて」

ということで代表的な意見はこんな感じでした。

●自閉症について
・小学校の時に友達で淳一のような子がいた。苦労もあるとは思うけど、一緒にいてこっちも楽しくなる子だった。
・障がいをもっているのに親が放っていて散歩にいかせたりしていることに驚いた。
・声を出してはじめて障がいをもっているのがわかって、明日香も驚いたと思う。
・感情表現をすべて言葉に発する淳一の行動がおもしろかったです。
・兄に人生を左右されるのがイヤだと言っておきながらも弟は兄が好きだと思いました。
・正直なところ家族に淳一のような障がい者がいたら落ち着かなくてイヤだと思いました。
・まわりの人たちが「大変でしょ」と明日香に言っていたがあれは逆に傷つける言葉と思った。

●音声ガイドについて
・目をとじて聞いていましたが、聞き逃さないように集中しないといけないので疲れました。
・今までの経験したことがないことですごい違和感があったが、状況はよくわかった。
・普段当たり前のように見ている映像が見えない人、聞こえない人がいることに気づかされた。
・目をつむってきいていると何か小説を読んでいるようで自分で映像を想像できておもしろかった。
・「ワゴンカー」と説明されて私は「ワゴンカー」を想像できるが、本当に見たことはない人は想像つかないので理解するのが難しいだろうと思った。
・音声ガイドの台詞を考えてつけるのはとても手間がかかる作業だと思いました。

ということで次回からはこのみんなの意見を参考に
レポートしてもらいます。

続きが気になるという意見が多かったのに
休講が間に入ってすみませんでした。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:56
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ