CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
ソーシャルワーク演習I 11(課題) [2011年01月06日(Thu)]
演習ゼミのみなさんおめでとうございます。
いよいよこの演習もまとめに入りました。
今日からグループ発表。
福祉コミック『光とともに・・・』を使って
東家と光くんの支援をするための
アセスメントとプランニングのレジメを作って
報告してもらいましたが、この半年の学びが
よく伝わる発表だったと思いますよ。

ということで今日のレポート課題はこちら。

来週でこのソーシャルワーク演習Iも終わりですが
ここで学んだことは机上のケースばかり
来年、実習に行きますが、それ以外の方法で
どうソーシャルワークの力をつけていきたいですか
できるだけ今後の自分にとって具体的な
プランをレポートしてください。

・必ず200字以上は記述すること
・提出はこのブログのコメントに記載か
 メール(レジメに記載)で金曜23時までに提出
・コメントやメールの名前は
 webで公開するのでゼミで使うニックネームで
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 20:47
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/844
コメントする
コメント
 私が実習に行くまでにしておきたいと、今考えていることは、ボランティアに参加することです。経験を積むこともしたいのですが、私は、どんなボランティアでもいいから、福祉に携わっている人に関わっていきたいです。その人たちそれぞれの考え方を聞いて、自分のなりたいソーシャルワーカー像を明白にしたいからです。何が正しいのかはっきりわからない福祉の世界だからこそ、多くのボランティアに参加して、自分の視野を広げていきたいです。

提出遅れてすみません。
Posted by:かおりん  at 2011年01月14日(Fri) 11:46

私は、ソーシャルワークの力をつけるために、特定の分野だけを学ぶ機会をもつのではなく、さまざまなボランティアに参加していきたくさんの人と関わる機会をもっていきたいです。今、関わっている人ともまだまだこれからも関わってその人から今感じていることを聞いていきたいです。また、講義で学ぶことを生かせるようにしたいです。また、ソーシャル演習の今回のグループ発表を通してまだまだ自分の知識の足りなさや考え方の幅広さが足りないことを実感したので、さらに学ぼうと思います。

Posted by:やっさん  at 2011年01月07日(Fri) 23:05

私は今アルバイトで行っている精神科の診療所でソーシャルワークの力をつけていきたいと考えています。授業での机上の勉強も重要ではありますが、私はそれよりも「現場を見て学ぶ」事のほうがより多くのことを経験できるのでソーシャルワークの力をつけるのにとても有効だと考えます。現場といっても私の場合は精神の分野に限られてしまいますが、それでも患者さんと直に接し相談やカウンセリングをしたり、ワーカーの会議に積極的に参加しさまざまなケースに対応していける力をつけたり、学校では学べないような勉強をしていきたいと思っています。
Posted by:だいもん  at 2011年01月07日(Fri) 22:45

自分がソーシャルワーカーになるにあたって大学に入学しこんこんと言い聞かせられたことは会話をすることでした。
この演習でも学習したようにやはり会話が一番重要だと実感しました。
どんなケースでも相手側の視点で状況を理解し、対応することをこころがければ相手側の心を掴める本当に良いワーカーになれるんじゃないでしょうか。
様々なケースに対応する能力についてはロールプレイをこなし、ある程度なれるようになり後は現場でしかわからないことも多くあると思うのでこういう時に手詰まりを起こさないように学習も深めようと思います。
Posted by:トノ  at 2011年01月07日(Fri) 22:09

私は特に児童分野に興味があるのですが、このソーシャルワーク演習を通して、児童分野だけでなくほかの高齢者や障害者に関する問題なども知っておくことがとても重要だなと感じました。ソーシャルワーカーに相談しにくるクライエントはさまざまな悩みを抱えた人たちがくるので。私はボランティアが好きで、今までいくつか活動してきました。でも児童に関するものが多かったので、実習までに障害者や高齢者に関するボランティアもしてみたいなと思います。そうすることで福祉の考え方の視野も広がってくると思うし、ソーシャルワークの力をつけるのに少しは役立つかと思います。やっぱり人と直接関わって活動を共にするというのは、もらえる刺激もすごく大きいです。そのボランティアでたくさん経験したことを実習でたくさん生かしたいです!
Posted by:ちか  at 2011年01月07日(Fri) 22:04

私がソーシャルワーカーの力をつけていくために必要なことは前回学習したようなロールプレイだと考える。人が1人1人違うように、ソーシャルワーカーが扱う内容も1人1人異なります。なので様々な問題に対応できるようにするためにも、いろいろな場合を想定したロールプレイが大事になってくると思う。そうした経験を重ねていくことによって、それが実習にも活かされていくと思う。
実習に行って実際に自分の目で見て、体験することも大切だと思うが、同じようにロールプレイなどのように様々な場面で対応できるような知識をつけておくことも大切だなとこの授業を通して思います。
Posted by:あや  at 2011年01月07日(Fri) 20:47

わたしは、ソーシャルワークの力をつける上で前回前々回で行われた様々な場面を設定しての演習がとても大事であると思います。ソーシャルワークの仕事はとても数多くの人の相談にのらなければいけないと思うので、このような演習を数多くこなし、どのような事態においても十分に対応することの出来る応用のきいたソーシャルワーカーになることが大切だと思います。もうすぐ実習が始まりますので、数多くの演習を通してより良い実習にしていきたいなと思います。
Posted by:りーち  at 2011年01月07日(Fri) 19:44

プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ