CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
子どもの創作劇「ワンダーワンデイ」 [2010年11月20日(Sat)]
今年で3年目の「子どもの創作劇」
3年目の内容は音楽劇ということで
踊りとダンスを多彩に取り入れ
メッセージ性の強い作品に仕上がっていました。

特に今回は小学生の出演者が多かったわけですが
そのぶんエネルギッシュなステージに思えました。

そして団体誕生30周年×法人化10周年記念の
ファイナルイベントということもあり初の2ステージ。
いつもはステキなお芝居を観て
次は来年なのですが、それが連日あることの
意味は大きいなと思っています。
その一方で法人の責任者としては
2ステージのチケットを売っていくことの
難しさと限界を感じています。

きっと「子どもの創作劇」は半年間の作品づくり
そして公演というだけのレベルから
地域にこの活動を生かしていくために
何ができるかを考え実践するレベルに
きているように感じています。
子どもたちの力、演劇という文化表現活動のもつ力を
どう地域に発信していくべきか
そのために誰とどんな団体と組んでいくのか
(ここではお芝居をつくるプロや団体は含んでいません)
明日の公演が終わってから会としても
しっかり考えていきたいと思います。
「自由に好きなように事業をしたらいいんじゃない」
ということにならないすごさがこの活動にあります。

今日の前説のあいさつでも言いましたが
この活動をこれからも残していきたいです。
そのためにもまずは明日、満席でみるため
明日に向けてもう一頑張りです。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:53
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/808
コメントする
コメント
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ