CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
メディアにみる福祉11(事後コメント2) [2010年01月03日(Sun)]
いよいよ今年度の「メディアにみる福祉」
このブログを活用にしたレポートも
今回と次回の事後コメント報告で終了。

今回はみなさんから
具体的な施策を考えてもらったわけですが
なるほどと思える施策がたくさん出てきました。
しかし今回はそこまで突っ込んでいませんが
その施策を行うために必要な財源を
どう確保するのかということが
実は難しいわけです。
このあたりは明日掲載する
最後の事後レポート報告で
みなさんになりに答えが出ているのかなと
思っているので明日の報告をお楽しみに。

最後になりましたが
いつも通りメールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。
○C140707さん

リンちゃんに対してできる学校の対応は、先生のおっしゃっていたとおり現実問題はあれが精一杯なのかなと思っていました。けど、父親が言っていた名誉などが大事だと思っているというのは確かにその通りで、それ以上になるようなことをしていなかったように思います。いじめに対して、あのような対応で終わらせることのないように先生間で問題を共有していけるような仕組みをつくれるといいのではないでしょうか。先生ひとりにそこまで任せてしまうことは大変な重荷になってしまうかもしれないけれど、同じいじめの問題に対しても色んな視点で考えていけば再発防止などにも役に立つような気がします。


○C140797さん

国や市町がしなければならない施策は、子どもが義務教育期間における教育費やその他金銭的に補助が必要だと思う。また最も大事なことは父子家庭であることである。会社は、父が夜の会食を減らしてほしいなど、会社としては厳しいかもしれないが、そのようなことに理解し承認できる社会にしなければならない。また学校では、親が集まるPTAがあるので、小柳家に対する配慮を行えるのではないだろうか。その他では、メディアで父子家庭の理解を増やす。原点に戻って地域での家庭と家庭の繋がりを作ることなど、全ては周囲の理解を作らなければならないと思う。


○C140545さん

今回の小柳家のような父子家庭でも言える「ひとり親」では子育てに対してサポートしていかなければならないと思う。その為にはひとり親というのを会社や学校に理解してもらう必要があるだろう。まず会社では出来る限り残業や休日出勤を減らしてもらえるようにするための制度のようなものあっても良いと思う。さらに、国や市町村ではひとり親でも働ける職場を案内するということもしても良いと思う。そしてひとり親というのに後ろめたさを感じてあまり地域社会と関わらないようにするのではなく、もっと頼りにしても良いと思う。


○C140744さん

社会は小柳家のような一人親家庭に対して色々なサポートができると思う。学校が一人親である小柳家にできるサポートは、学校における、子供のようすをなるべく細かく小柳家に報告することだと思う。学校でちょっとした変化があれば、それをすぐ小柳家に報告することによって、親は気付かなかった子供の変化を知ることができ、それに対する対応ができると思う。一人親だから、子供のちょっとした変化に気付かない可能性が高いのではないかと思うので、このようなサポートは大事だと思う。会社は小柳家のような一人親の家庭は、子供の教育において非常に負担がかかると思うので、有給休暇を増やしたり、残業時間を他の人と比べて減らす等、一人親家庭に配慮するべきだと思う。国や市町は、一人親家庭がもった様々な悩みを相談できる場を設けるべきだと思う。相談の場を設けることによって、一人親家庭がもった不安や悩みを少しでも解決することができるのではないだろうか。


○C140745さん

小柳家のような父子家庭に必要なサポートは何かと考えたとき、すぐに出てきたのは学童保育である。実際すでに実施されているが、私の地域では、18時までと短い時間で限られており、実際働いている人にとっては早すぎると思う。だから、学校や市町村にはもう少し長い時間まで延長する事が必要だと感じる。学童保育はあまりお金がかからず、なおかつ安心できる学校に預けておけるということは、一人親にとって最も良いと思う。子供にとっても、夜に一人で家にいるというな家庭を無くすことが、子供の非行などを少なくする手段の一つではないかとも考える。


○C140643さん

小柳家になにかできることって聞かれて最初に思ったことはやっぱり子供のことについてだと思う。会社は子供が病気であったりしたら父親しかいないのだから病院に行く時間などの確保・子供を看病する親のことを気遣う気持ちなどなるべくの理解するが必要。学校もいじめがあったなら早急に対処すべきだし、一人親がどんだけ大変かわかってあげた上での対処がいる。なにか国などが政策をとりきめて対処していくっていうのよりかはやはり大変さを分かった上でのサポートが必要だと思う。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 20:54
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/540
コメントする
コメント
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ