• もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
SSW活用事業緊急調査 [2008年11月25日(Tue)]
今日は朝から市教委の担当者訪問。
何事かと思ったら、今年度の
スクールソーシャルワーカー活用事業の
緊急調査が行われると言うことで
明後日までに統計データの整理が必要。

説明を聞いてみると小学校で一つの種類にまとめて提出。
ということはうちの小学校はSSWr複数配置なので
ペアのワーカーと話しながらでないと整理できない。
・・・ということは今日中に作成かい!

午後、間にケース会議をはさんで
半泣きになりながら2人で作成しました。
終わったの20時っす。
【結果報告】
 関わった生徒数82人。
 ケース会議(3,4人の10分程度ショート会議含む)約500回。
 関わった教職員数33名(あ、もちろん全員です)。

他の学校(ワーカー)の調査も見てみたいです。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:18
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/185
コメントする
コメント
500回といってもほとんどが
ショートの会議なので
本格的なケース会議は
週に2、3回のペースですよ。

学校職員には対人援助の専門ではないけど
なつめさんのような司書さんや
事務員さん、用務員さんなど
数は少ないけど大事な役割になっていると思います。
Posted by:ゆっきー  at 2008年12月12日(Fri) 21:52

ケース会議500回ってすごい数字ですね。1回のケース会議を開くのに2週間から1年もかかってるうちの学校とは・・・。ため息が出ます。
せめて虐待を発見したら即日通報してほしいのですが・・・放置。
先日は若手の何人かで匿名で通報してしまいました。人一人入るだけでこんなに違うとは・・・。(でもSSWが必要だから司書要らないっていわれたら困りますけど(笑)
学校での専門職の役割についてもっと勉強してみたいと思います
Posted by:なつめ  at 2008年11月27日(Thu) 22:29

プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ