CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
子どもの声から学ぶソーシャルワーカーでいたい [2013年08月21日(Wed)]
子どもに関わるソーシャルワーカーとして
常に子どもたちから学んでいきたいと思っています。

そんなポリシーを形にしたシンポジウムが
この土曜日に開催されます。
これを皮切りに活動を通して成長してきた
高校生たちを前面に出ていく活動を
もっともっと増やしていきたいと思っています。

ありがたいことにほぼ定員うまっていますが
あと5名追加募集をすることになりました。
興味がある方は急いで申し込みをお願いします。

【緊急開催「子どもが語る夜の生活学習支援」追加募集】
2010年夏に立ち上げシンポジウムではじまった
特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろばの
「子どもの貧困対策事業」は4年目に突入しました。
今まで3回のシンポジウムや
『子どもたちとつくる貧困とひとりぼっちのないまち』の
出版を通して、実践報告や子どもの貧困課題の
社会啓発を行ってきましたが、
今回ははじめて利用してきた子どもたちに登壇してもらい、
子どもの声に学ぶ内容としました。
人前で話すことの苦手な子どもたちなので
参加者数を限定しての開催になることをご了承ください。

■第1部 子どもの声に学ぶ夜の生活学習支援
 過去3年間、TVで取材をうけた子どもたち
(現在、高校生)に登壇してもらい、
子どもたち自身から夜の生活学習支援の意味や必要性、
今後への要望を聞きます。

※第1部は子どものプライバシーに関わる内容となるので、
参加者による写真・録画録音などは一切なしで御願いします。

■第2部 子どもの貧困対策事業のこれまでとこれから
 コーディネーター 野尻紀恵
 (日本社会福祉大学准教授・スクールソーシャルワーカー)
 パネラー 村井琢哉(山科醍醐こどものひろば理事長)
 パネラー 幸重忠孝(山科醍醐こどものひろば前理事長)

■日時:8月24日(土)14時−17時(会場13時半)
■会場:アスニー山科研修室
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/about/institution/yamasina/yamasina_map.html
(山科駅徒歩2分)
■追加募集:5名(先着順)
■資料代:3000円
■参加申し込み方法:kodohiro@gmail.comにメールで申し込み
 題名「子どもが語る夜の生活学習支援参加申し込み」
 本文に名前、所属、連絡先(電話番号)
■追加募集締め切り:8月23日(金)

★終了後、自由参加の懇親会を予定しております。
★午前中に法人施設の見学も可能です。
★勇気を持って人前に立つ子どもたちの声に真摯に耳を傾けること、子どもたちのプライバシーを守ることのできる方のみ参加申し込みをお願いします。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:59
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/1320
コメントする
コメント
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ