• もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
いじめ加害者の保護者の気持ち [2013年06月14日(Fri)]
久しぶりに大学の講義の話を。

今年度の佛教大学の3回生向けのゼミ
「社会福祉学演習」では
スクールソーシャルワークをテーマに
演習をすすめています。

3回生のゼミだから希望制なのかと思ったら
実はランダムに配当を決められていたそうで
受講生は保育コースの学生がほとんどでした。

ということでスクールソーシャルワークについて
モチベーションの違いはあるのかもしれませんが
今日の「いじめにおけるソーシャルワーク」は
今ひとつグループワークで意見が出ませんでした。

あるいじめ事例をもとに
「先生の気持ち」「いじめられた子どもの気持ち」
「いじめている保護者の気持ち」を
グループ別に役割を与えて考えてもらったのですが
「いじめている保護者の気持ち」は
理解できないというところで話し合いが終わって
我が子を守る保護者の気持ちについて
深めることが出来なかったなぁと
演習の進め方に反省です。

これは「児童虐待をしている親」でも
同じですが、外から間違ったことをしていると
思っても当事者の目線や視点からすると
間違っているのはまわりになるのはよくあること。
だからこそソーシャルワークでは
その気持ちの中身を知って欲しいと
思っているのですが
まだまだ授業運営の精進が足りないようです。

この夏は教員研修でも「いじめテーマ」で
というオーダーも多いのでもっと教材づくりや
研修の材料づくりをしていかんとあきませんね。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:29
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/1307
コメントする
コメント
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ