CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
ヴィジュアルノベルを一万人に視聴してもらう! その6 [2013年05月03日(Fri)]
そもそも4月はブログの更新が
滞ってしまいチャレンジのことを
ほとんど広報できずでしたが
4月末で以下の通りの視聴数と寄付状況です。
YouTubeでは7000人視聴
19人の方から計79000円の寄付をいただきました。

いよいよゴールが見えてきました。
近日中には新聞でヴィジュアルノベルの紹介もあるので
それを機会に今月中に視聴数と寄付金額を
クリアできればと思っています。

【まずはこちらのサイトを参照ください】
子どもの貧困が題材のヴィジュアルノベルを一万人に視聴してもらう!

さて12月末に公開して4ヶ月がたちましたが
あちこちで「仁の物語」を見たよとか
「わかりやすいので授業で使っています」
「ボランティア説明会に使っています」
などの応援メッセージをいただき
このような形で社会発信したかいがあったと
しみじみ感じています。
YouTubeだけでなく
そのようにして見てもらった数を入れたら
たぶんもう視聴数は1万人とっくに
超えているのかなと思ってます。
(ボクが研修で見てもらっただけでも
 1000人以上にはなるので)

今回、新聞に掲載されることでさらに多くの人の
目に触れると同時に批判にもさらされそうですが
「問題の本質をつくからこそ攻撃される」と
沖縄での体験学習でボクも学んできたので
そんな子どもの貧困に対する自己責任論に
負けない軸の強さをもっていきたいと思います。

さてこの「仁の物語」は高校入学で話は終わりますが
山科醍醐こどものひろばの仁くんたちは
高校に入っても活動は続きます。
それは支援される側から支援する側に。
ある子は健全育成活動のリーダーに
ある子は法人や地域のボランティア活動で活躍
ある子は子どもの貧困対策事業で手伝いにきたり。
そして今年度は広報活動や再学習活動なども
新たに作っていきたいと思っています。

仁くんが今度は支える側にまわっていく流れ
それはもうすでにはじまっています。

そんな山科醍醐こどものひろばの活動への
寄付やボランティアとしての参加お待ちしています。

ちなみに寄付は現金だけではなく
古本や中古CD、DVD、ゲームなどを
自宅に引き取りに来ることでも出来ます。
詳しくはこちらのサイトをご参照ください。
チャリボン

では次回、一万人視聴者突破報告になることを願っています。








Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:08
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ssw/archive/1297
コメントする
コメント
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ