• もっと見る

« 2024年01月 | Main | 2024年03月»
週末 [2024年02月02日(Fri)]

週末。美しい響きです。

一昨日、マーシャルから帰国し、昨日、今日と重めの会議が続きました。前回帰国後もそうでしたが。
重めではありますが、中身は非常に建設的で忙しいけれども楽しくなってきます。ドラマでいえば伏線回収的な、いろいろ独立して存在していたものがつながってくいくようです。

マーシャルでは海上保安庁モバイルコーポレーションチームによる現地訓練の後、自分は数日残り、地域密着型エコツーリズムの活動や、いくつかの会議がありました。

火曜にフルのアイランドホッパーでマジュロから10時間かけてついた経由地グアムでは、到着してすぐに対応すべき事象があったり、意見交換の会議をしたりでした。やることが多いとあっという間に時間が過ぎるのは良いこと。

というわけで、ようやく週末となりました。洗濯と部屋の掃除と、少し仕事から離れて頭を軽くしたいところです。
ホノルル [2024年02月07日(Wed)]

日曜夜の便でホノルルに入りました。インド太平洋関連の会議に出席するためです。自分は発表するものはなく、もっぱら人脈作りと来年度の活動の仕込みと勉強が目的。
イーストウェストセンターのスージーさんとも対面で会えました。いつもSNSでいいねのやり取りをしていたので、親しみがあります。スージーさんは元軍人でネイティブハワイアン初の女性のMajor Generalだった方。ポジティブなバイブレーションに溢れていて素敵な方です。なんやかんやで、この数年、DC、NY、ホノルルと数回会ってます。

日本のスタートアップの企業5社も参加されていましたが、皆さん社会課題の解決のために日々努力され、幾つもの革新的技術を見せていただけました。その職人気質というのか誠実さというのか、大変感動しました。尊敬します。

そんなこんなで午後休憩していると、まるで見られているかのようなタイミングで東京の関係先から電話が。その電話が終わるとまた見られているかのように別の関係先から電話。不思議なものです。

その後それぞれ別件で、東京、パリ、パラオ、NZ、サモア、フィジー、トンガと空中戦。

こちらでは会議が朝7:30から夜7:30までみっちりで、今のところ到着後にベルト(持ってくるのを忘れた)を買いに行っただけで、ビーチを見る時間はありませんでした。

それでも今日は夜、ホテルのジムで50分ほど走りました。

気づくと予定が埋まり始めており、体調管理のために食事と運動が大切になります。そういえばホノルルに来てからはお酒を飲んでいませんでした。お酒も控えめに。
連休! [2024年02月11日(Sun)]

昨日から久しぶりの連休、年末年始の3連休以来で、気持ちはこんな感じ。(本当は5月の歌だけど)

この期間、適当に過ごしながら、体の調整と、手をつけていなかった仕事の基礎の部分に取り組んでいます。

今年に入ってから、これまでのところ、ミクロネシア連邦とマーシャル諸島での海上保安庁モバイルコーポレーションチームによる現地訓練の成功、PALM10賢人会議(有識者会議)提言書の上川外務大臣への手交、上川外務大臣のサモア訪問など(直接関係していませんが、昨年9月、10月とサモアを訪問したのと、サモア国立大学の友人が喜んでいたので)、それなりに密度の濃い動きが続いています。

自分の動きでも、出張4回、次年度事業案5件のプロセス、いくつかの協議を続けており、それなりに密度が濃い動きが続いています。

8A9153C8-5AD8-4874-8099-496B5629E687.jpeg

なんなら昨年9月から出張が続き、何度もスーツケースを開けてパックして、開けて、パックしてを繰り返してる感じ。

面白いのは、それぞれの分野でそれぞれがそれぞれに走っているのだけれど、おそらく方向性が似ていて、どこかで連携できそうな感触がいくつもあること。キーワードもいくつか出ている。

それはそれとして、先週のホノルルのホテルのは部屋でも、東京の部屋でも、床に紙屑が落ちていて、疑問に思っていたのですが、それらは自分の背中や腕から落ちた皮でした。フロム・マーシャル。

あ、そうだ。2/18の午後2時〜4時、黒崎さんとナウル、マーシャル、ツバル、PNG、PALM 10に向けた動きなどに関するキャッチザウェーブ2を開催します。財団から案内が出次第、申し込みリンクなど共有します(その準備もしなければならなかった…)。
エクササイズ [2024年02月13日(Tue)]

一昨日、外で走ったところ、500メートルも進まないうちに脛の外側が固まり痛み、歩いて、少し走って、歩いての繰り返しで、40分が限界でした。
部屋に戻り、グーグル先生で調べたり、これまでの事象を振り返ったところ、脛の筋肉の問題には、少なくとも5つの要因が絡んでいることが推定されました。それでいくつかについては多少対処してみました。

昨日は、体全体の筋肉痛もありながら、ほんの少し楽に走って歩いてを続けることができ、50分過ぎで終了。

今日は、さらに筋肉痛と疲労感がありましたが、走って歩いてを続け、70分プラス。終盤は脛ではなく、別の筋肉が痛みました。若い時のフルマラソンで終盤で苦しんだときのよう。情けない。

それでも、脛の痛みの要因の推定はおそらく正しかったと思われ、長い戦いになりますが、改善できるよう日々取り組もうと思っています。
音の粒 [2024年02月14日(Wed)]

例えば、out of styleというとき、
英語では粒が3つで、みたらし団子のようにその間がジェル的なもので繋がっているイメージ。

日本語では、アウトオブスタイルと粒9つ。

カタカナ言葉の場合、日本語の方が疲れるかも。
キャッチザウェーブ2:2/18 14:00-16:00 [2024年02月15日(Thu)]

2/18(日)14:00-16:00、オンラインでキャッチザウェーブ2を開催します。

黒崎さんと昨年11月以降の太平洋島嶼地域の動き、とりわけマーシャル、ナウル、ツバルなどについて議論を行います。

ご関心のある方は、下記リンク先よりお申込みください。
よろしくお願いします。

https://www.spf.org/opri/event/20240218.html
ありがたい [2024年02月18日(Sun)]

パラオでの2日間の仕事の後、2/17午前3時の便で現地を発ち、グアム、成田経由で、先ほど2/18午前9時にオークランドに着きました。今年6回目の出張です。
DD2FD4B8-4F4D-4FA0-9238-2F70B0967B95.jpeg

69EB78CC-6F98-4E5F-86CD-DBE4E8891601.jpeg

当初、旅行代理店から、パラオ〜グアム〜成田で、成田の部分は一度入国してからでないと乗り継げないとの説明でしたが、パラオでのチェックインの際に、オークランド便まで発券できバゲージも当然スルー。

成田で一度入国して、チェックインしてとなるとなると1時間は時間がかかるだけでなく移動の手間が生じます。しかし、今回スルーできたことで、成田での国際便乗り継ぎは、飛行機を降りてから、ひょっと移動するだけ、まさに秒で事足りました。

自分の出張はエコノミーですが(自動でアップグレードされることもある)、ラウンジは使えるので、成田でもラウンジに移動、その後、10時間のフライトでオークランド到着。明日、明後日と大事な会議があります。

オークランドの空港での入国管理と税関のプロセスが少し変化していました。事前にオンライン申告できるため、それを利用したところ、着陸後30分で空港を出ることができ、ホテルにはタクシーで向かい午前10時着。

来る前に、ホテルには有料で良いのでアーリーチェックインできないかと連絡していましたが、荷物を預かることができるので、それで対応してくれという回答でした。ところがチェックインすると、「部屋が用意できてるよ」と。本来午後3時のところ、なんと午前10時に部屋に入ることができました

6FEF3494-43C9-425A-962F-26F8826EEDD4.jpeg
75CB72F9-6CE3-43DA-A644-1BA89163DECE.jpeg

出発前のパラオのホテル、空港ロビー、グアムのレイオーバー6時間の間のラウンジ、グアムから成田への機内、成田のラウンジ、オークランド便の機内と、今日のウェビナーの準備をしながらの移動だったので、最後にここで作業の場所と時間を確保できるのは本当にありがたい。仮眠も取れます。

というわけで、申し込まれた方におかれましては、本日、日本時間の午後2時からよろしくお願いいたします。
休憩 [2024年02月20日(Tue)]

今、オークランドです。
今日は、会議、パラオの州知事6名へのレター作成と送付、パラオでの会議準備、トンガ、サモア、フィジー、東京との連絡調整で一日が過ぎました。

会議は地域科学アカデミー計画に関するもので、ソロモン、バヌアツ、キリバス、フィジー、サモア、パプアニューギニア、クック諸島、ニウエ、ニューカレドニア、NZ、オーストラリアの仲間と地道な議論。こういった動きをどう繋げて効果的にできるかが自分の責任部分。

今日は、会議が予定より早く終わったので、午後5時過ぎに、海岸線を7キロ程度ジョグとウォークの組み合わせでしたが、1時間ほど外でエクササイズしてきました。移動とデスクワークが続いていることもあり、体全体が固まっていて、かなりきつい時間でした。

でもオークランドは南緯41度(北なら津軽海峡のあたり)にあり、今の季節、午後8時過ぎまで明るいので、まだまだ日焼けするくらいには日差しがあり、少しフィジーやサモアの海岸線を思い出させます。

ということで、午後7時半、休憩。ちょっと自分のために時間を作っています。

986D61DD-B221-4778-BC52-9837695F8716.jpeg

E0290AE9-4F8F-49E3-9B2F-68913393C138.jpeg

NZピルスナーうまい。

これからまだまだ移動が続くのですが、日曜のウェビナーデータが届いたので、少しずつ編集を進め、1〜2週間でSPFのYouTubeアカウントにアップしたいと思います。
トンガ! [2024年02月23日(Fri)]

数日前からトンガに来ています。
次や次の次の訪問先との調整もしながらでサチり気味ですが、トンガでの日程は期待以上です。

今回、トンガでは夕食から埋まって行きました。

数日前からというか一昨日到着後、稲垣駐トンガ特命全権大使にご挨拶させていただき、次いでレオナイタシ外務貿易副次官と今後の取り組みについて意見交換させて頂きました。

3DC9A404-C310-4CE4-8082-88EE63D87431.jpeg

夜は12月に招聘した教育省のローラさんとヘペティさんらとフォローアップのための夕食会。

39EAD776-0F50-467E-AB6F-3D0C2CDE175F.jpeg

昨日、今日で、国家緊急事態管理室(NEMO)、人事院、観光省、財務省、首相府などをまわり、ちょうどSPTOのコッカー事務局長が滞在中なので、この後話をします。

146D9C03-150D-4F4C-B906-2EB3A91B76B6.jpeg
NEMOのモアナさん

観光省では急いで作成した提案書を元に意見交換をし、昨年11月の初期の段階から具体的な取り組みに進める段取りが整いました。また観光次官によれば、他の太平洋島嶼国の観光省が私を紹介して欲しいと言われたということでした。求められるのはありがたい。


トンガの方々は、親身になって助けてくれるので甘えてしまいますが、今回も人事院のメレさんと財務省のマヌさんに助けてもらっています。

CB2CAA0B-DA85-49CA-991E-FA7CD0C32D5F.jpeg

2人ともJICAのグローバルSIDS〜というプログラムで昨年9月まで日本で修士課程で勉強していたのですが、昨年我々の方で8月に開催した若手実務者フォーラムに5月〜7月の間協力してくれました。一緒に飯を食った仲。人の繋がりって本当に大切だと実感しました。本当にありがたい。(ガチャピン色がメレさん)

EF7F0E26-B33F-4B77-A1E4-D0C5E2DC71F7.jpeg
宮殿

1F6AED97-A630-4375-9837-DF7378310A9B.jpeg

さて、沿岸部をまわると、2年前の津波で破壊された建物がそのまま残っている場所もまだあります。また、フンガトンガ・フンガハアパイに近いマンゴー島の住民は、村落が破壊されたため、エウア島に移住したとのことでした。

一方で、国としては順調に復興しており、また日本政府・JICAの支援により災害への備えを進め、災害への強靭性を高めています。

今回、昨年11月に滞在したホテルに滞在していますが、サービスも改善されており、前回と同じ人たちですが従業員の質も良くなっています(ホテルの場合は、コロナによる2年間の国境封鎖と津波災害が背景にあります)。

ますますトンガを応援したくなります。
サモア! [2024年02月25日(Sun)]

昨晩9時にトンガを出て、オークランド経由で先ほどサモアに着きました。
オークランド便ではトンガのU20ラグビー代表がおり、隣にでっかい若者が座り、3時間、彼が動くたびに圧迫されていました。そのせいか体が痛い。
オークランドでは6時間のレイオーバーでしたが深夜なのでホテルで1泊。朝6時過ぎにホテルを出て、アピア便。

この頃わかってきたのは、離陸時が最も睡眠に入りやすいということ。そこで、15分でも30分でも寝ることで多少、体が回復します。


今回のNZ航空の機材はボーイング787でしたが、8〜9割埋まっていました。乗客の7割以上がサモアパスポートの人。NZパスの人でも見た目はサモアの人っぽいので、親戚に会いに来たとかなのかもしれません。

ちなみに自分のパスポートは10年ものの9年目。ページを増やしていますが、現在ビザの部分が31ページ目。そのため、最近、行くところ行くところ、入管で質問されることが多くなりました。良いのか悪いのか。

それで、サモアですが、暑い。ものすごく暑い。日差しが強い。思い起こせば、トンガは涼しかった。

トンガで会ったSPTOのコッカー事務局長は、フィジーがすごく暑いと言っていましたが、その意味が分かった気がします。

NZオークランドが南緯41度、トンガのヌクアロファが南緯21度、ここサモアのアピアが南緯13.5度。かなり赤道に近い。

そういえば、先日トンガの非常事態管理室で会議を行った際、2年前のフンガトンガ・フンガハアパイの噴火が地球の軌道に影響を与え、それが気候変動をさらに進めているという話がありました。

ただ、サモアが暑いのは、夏のせいだと思います。
| 次へ