• もっと見る

« 2022年08月 | Main | 2022年10月»
パラオ共和国大統領来日記念国際シンポジウム開催(9/9 AM10:00-11:30)! [2022年09月07日(Wed)]

御関心がありましたら、下記よりご登録お願いいたします!

=======================================
パラオ共和国大統領来日記念国際シンポジウム
「持続可能なブルーエコノミーの推進に向けて:パラオにおける課題と展望」
 (2022.9.9開催)           
=======================================
太平洋島嶼国におけるブルーエコノミーの実現に向け、パラオに焦点を当て、パラオ共和国の
スランゲル・ウィップス Jr.大統領および同国政府閣僚や国会議員と共に、パラオにおける持続可能な
ブルーエコノミーの推進や日本政府、関係団体等との連携強化に向けた方途について議論します。

海洋問題に関心の深い皆様のご参加をお待ち申し上げます。

*********************************************
[日 時]
2022年9月9日(金)10:00〜11:30(日本時間/JST)

[会 場]
オンライン(YouTubeにてライブ配信をします。登録後、配信URLをご連絡します)

[テーマ]
パラオ共和国大統領来日記念国際シンポジウム
「持続可能なブルーエコノミーの推進に向けて:パラオにおける課題と展望」

[プログラム(敬称略)] 
開会挨拶:角南篤(笹川平和財団理事長)
来賓挨拶:外務省代表(調整中)
基調講演:スランゲル・ウィップス・Jr.(パラオ共和国大統領)

パネリスト:
スランゲル・ウィップス・Jr.(パラオ共和国大統領)
グスタフ・アイタロー(国務大臣)
スティーブン・ビクトル(農業・漁業・環境大臣)
チャールズ・オビアン(インフラ・産業・商務担当大臣)
ニライベラス・メトゥール(人材・文化・観光・開発担当大臣)
セシリル・エルデベエル(上院議員)
ウォレン・ウメタロー(下院議員)
フレミング・ウミー・センゲバウ(上院議員)
メンクル・レチェルルク(下院議員)
モデレーター:小林正典(笹川平和財団海洋政策研究所主任研究員)

注)登壇者、演題については予告なく変更することがありますので、予めご了承下さい。

*********************************************
◆お申込みページ◆
https://www.spf.org/opri/event/20220909.html

〜お申込みにあたり〜
・お申込み後、仮登録確認メールが届きますので、メールにある登録完了用URLをクリックし登録を完了してください。

・登録が完了しておらず、イベント当日にお申込みの問合せを頂戴することが大変多くなっております。
大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご登録手続きを最後まで進めていただきますようお願い申し上げます。

・仮登録確認メールが届かない場合は、spfpr@spf.or.jp からのメールが迷惑メールに設定されている場合がございます。
あらかじめ迷惑メールの設定を解除いただきますようお願いいたします。また、入力されたメールアドレスが間違っている
場合もございますので、再度お申込み手続きを行っていただきますようお願いいたします。

----------------------------------
◎個人情報の取り扱いについて
なお、個人情報につきましては、適切に管理され法令による場合を除いて
第三者に提供や開示は致しません。
ブレーキングニュース、アップしました:パラオ [2022年09月08日(Thu)]

久しぶりに、ブレーキングニュースをアップしました。短めです。

https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20220907-1.html
お茶の時間 [2022年09月10日(Sat)]

7月頃から考える時間も直接仕事に関わらないことを話す時間も取ることが難しくなっています。この場合の仕事というのは、今動かしているプロジェクトや地政学的話に関するものが中心です。
そのため、太平洋島嶼国に関することでも、人の繋がりだとか、現地の友人知人に関する日常的な話だとかは、生活に関するものは土日になってしまいます。最近米国とのやりとりもあり、夜遅くと土曜も被りつつありますが…。

先週は、日本のフィジーコミュニティの方々や日本人サポーターと一緒に、ワガバサ大使宅で着任歓迎の儀式に参加、今日はフィジー大使館のケレラさんとお茶を飲みました。

426D64E8-2F00-4D68-A49A-7831B2F27625.jpeg
(たんこぶではない)

忙しいと3か月とか半年とか音信不通になりますが、12〜3年、日本とフィジーの関係強化のために意見交換を続け行動してきた同志でもあり、ゆっくり話せる機会は貴重。

歳を取ればガタがくるし、家族の話もあるし、自分は子供もいないし1人なので、お墓はどうなるのかとか、倒れるところまで働ければ良いなあとか、そんな話をしていたように思います。37歳くらいの時に描いたイメージを思い出したり。

先日も20代の時に出会った仲間と食事をする機会があり、当時は体重55キロ前後だったので、体がデカくなったとそんな話があったような。

世界のどこで仕事をしている人にも現地の偉い人にも「生活」があるので、その感覚を忘れないようにしたい。
第191回海洋フォーラム「スターツロード・レムクル号アジア初寄港と『国連海洋科学の10年』―海洋科学の偏在を解消するために私たちがすべきこと―」 (2022.09.14開催)のご案内 [2022年09月12日(Mon)]

9月14日、午後5時より、第191回海洋フォーラム「スターツロード・レムクル号アジア初寄港と『国連海洋科学の10年』―海洋科学の偏在を解消するために私たちがすべきこと―」が開催されます。ご関心がありましたら、下記をご参照の上、ご登録の程よろしくお願いします。

ノルウェーの大型帆船スターツロード・レムクル号のアジア初寄港を記念したイベントです。

うっすらとした記憶ですが、確か小学校中学年のころ、地元日立の港に日本丸が寄港したことがあったと思います。子供ながらに、あの真っ白な帆船の美しさに魅了され、日本丸のポスターを貼ったり、絵をかいたりしていました。船、とりわけ帆船には人の心を動かす魅力があるのでしょう。


(ご案内はここから)-------------------------------------
国連は、2021-2030年を持続可能な開発のための「国連海洋科学の10年」と定めています。ノルウェーの大型帆船スターツロード・レムクル号は、この取り組みを支援するため、2021年8月にノルウェーを出発し、19か月かけて世界を一周する「One Ocean Expedition」を実施中です。今年9月12日には、アジア初の寄港となる横浜への到着を予定しています。

 今回の海洋フォーラムは「国連海洋科学の10年」を提案し、推進するUNESCO-IOCのウラジミール・リャビニン事務局長や、フランスの海洋科学、海洋政策を主導するIFREMERのフランソワ・ウリエ総裁をはじめ、海洋科学に関わる皆様にご参加いただき、「国連海洋科学の10年」の加速に向けた期待や課題を議論します。小島嶼開発途上国は海に囲まれ、海洋資源やブルーエコノミーの発展に大きな期待が寄せられていますが、海洋科学の人材、組織、資金等が不足するため科学的知見が不十分で適切な管理が困難です。こうした現状を踏まえ、これらの島嶼国を巡る「One Ocean Expedition」の経過報告をもとに、今回の海洋フォーラムでは「国連海洋科学の10年」を加速するための国際連携のあり方を探ります。

◆お申込みページ◆
https://us.msgs.jp/c2/Rm5vX?t1=7&t2=3naSJmX25Uk&t3=dneu8

※お申込みの際、以下の[お申込みについて]の内容もあわせてご確認いただきますようお願い申し上げます。

**参加無料・要予約**
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海洋政策研究所】第191回海洋フォーラム
「スターツロード・レムクル号アジア初寄港と『国連海洋科学の10年』―海洋科学の偏在を解消するために私たちがすべきこと―」
(2022.09.14開催)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[日 時]
2022年9月14日(水)17:00〜19:00(JST)

[開催方法]
今回の海洋フォーラムはYouTubeにて配信いたします。

[テーマ]
スターツロード・レムクル号アジア初寄港と「国連海洋科学の10年」―海洋科学の偏在を解消するために私たちがすべきこと―

[登壇者] 
開会挨拶・趣旨説明:阪口 秀(笹川平和財団海洋政策研究所長)

来賓挨拶:インガ・M・ニーハマル(駐日ノルウェー大使)

基調講演:ウラジーミル・リャビニン(国際連合教育科学文化機関政府間海洋学委員会(IOC/UNESCO)事務局長)
     フランソワ・ウリエ(フランス国立海洋開発研究所(IFREMER)総裁)

「One Ocean Expedition」経過報告:横井 覚(国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)主任研究員)ほか

パネルディスカッション
パネリスト:原田 尚美(東京大学大気海洋研究所教授)
      シリ・グラナム・カーソン(ノルウェー科学技術大学海洋部長)  
      杉本 あおい(国立研究開発法人水産研究・教育機構研究員)
コメンテーター:スティーブン・ビクター(パラオ共和国農業・水産・環境大臣)
        横井 覚(JAMSTEC主任研究員)
        ウラジミール・リャビニン(IOC/UNESCO事務局長)
        フランソワ・ウリエ(IFREMER総裁)
        安藤 健太郎(国際連合教育科学文化機関政府間海洋学委員会西太平洋地域小委員会(WESTPAC/IOC/UNESCO)共同議長/国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)専門部長)
        ハーコン・ヴァトレ(スターツロード・レムクル財団理事長)
ファシリテーター:阪口 秀(笹川平和財団海洋政策研究所長)

総評:安藤 健太郎(JAMSTEC専門部長/WESTPAC/IOC/UNESCO共同議長)

注)登壇者、演題については予告なく変更することがありますので、予めご了承下さい。

[参加費]
無料

[お申込みについて]
参加ご希望の方は下記のリンクよりお申込みください。 お申込みいただいた皆様には、お申込受付のメールにてYouTube配信のURLをご案内いたします。なお、お申込みの際、以下の点についても必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

〜お申込みにあたり〜
・お申込み後、仮登録確認メールが届きますので、メールにある登録完了用URLをクリックし登録を完了してください。

・最後まで登録されておらず、フォーラム当日にお申込みの問合せが大変多くなっております。大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご登録手続きを最後まで進めていただきますようお願い申し上げます。

・仮登録確認メールが届かない場合は、spfpr@spf.or.jp からのメールが迷惑メールに設定されている場合がございます。あらかじめ迷惑メールの設定を解除いただきますようお願いいたします。また、入力したメールアドレスが間違っている場合もございますので、再度お申込み手続きを行っていただきますようお願いいたします。

◆お申込みページ◆
https://us.msgs.jp/c2/Rm5vC?t1=7&t2=3naSJmX25Uk&t3=dneuL




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援に
よるセミナー、講演会等のご案内の送付に使わせていただきます。

当財団では、法令に別段の定めがある場合を除き、以下の目的でのみ
個人情報を利用いたします。
・当財団の刊行物や関連書籍の送付
・当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等のご案内の送付

■メールマガジンの新規登録はこちら
https://www.spf.org/mail-magazine.html
■ご登録内容の変更はこちら
https://us.msgs.jp/c2/Rm5vw?t1=7&t2=3naSJmX25Uk&t3=dneuD&p0=BPCJxBEKSFfPdeojgH6vUKeav8huQ3Mzwo2HXXVbTUHs
■メールマガジンの配信停止はこちら
https://us.msgs.jp/c2/Rm5v1?t1=7&t2=3naSJmX25Uk&t3=dneuZ&p0=FSXB8tj9EWzMufTngBbbKvu9q8ncWxvrvqp6dMMZmo9g

以上
エリザベス女王の崩御が太平洋島嶼地域に与えうる地政学的影響 [2022年09月13日(Tue)]

自分がフィジーにいたころ(2012〜2015)、フィジーは独立国としての地位を確立することを重視していましたが、その中に、国旗の変更(ユニオンジャックを外す)と通貨からエリザベス女王の肖像を外すことが含まれていました。これに対し、特に先住民系フィジー人の間で反対する声があがりました。よく耳にしたのは、英国の植民地であったことに対する誇りでした。(フィジーは1970年の独立の際に共和制に移行しており、国家元首はエリザベス女王ではなく大統領)

その後、国旗については変更はありませんでしたが、紙幣についてはフィジーの生物固有種が描かれるようになりました(フィジー7sの場合もあり)。

数年前には、ニュージーランドでも国旗を変える動き(ユニオンジャックを外す)があり、オールブラックスのようなシルバーファーンや、鳥のKiwiが目からビームを出すような図柄が出ていましたが、これもよいものがなく、話は流れました。


さて、太平洋島嶼国は独立して以来、ずっとエリザベス女王の時代であり、エリザベス女王の英国に対するつながりを持っていたものと思います。

2022年時点で、太平洋島嶼地域でエリザベス女王を国家元首としていたのは、豪州、ニュージーランド、ソロモン諸島、ツバル、パプアニューギニアですが、女王の崩御により、これらの国々で共和制への移行の話が出てくる可能性があります。それが地域の地政学にどのように影響するのかはわかりませんが、これまで目立たなくともそこに存在していた英国の権威といったものが薄まっていくことになるのかもしれません。

本件に限らず、太平洋島嶼地域でも大きな変化の流れにあることは確かで、固定観念にとらわれない柔軟な視点が大切になりそうです。
とりあえず、休憩 [2022年09月13日(Tue)]

今日は一日中、フィジー(+3時間)、米国DC(−14時間?)、パラオ(±0)、東京で断続的にやり取りを続けました。ひと段落ついたので、休憩中です。
今日は一日在宅で助かりました。フィジーから始まり、パラオと東京を経由して、DCで終了。

また、さっきまで、パラオの副大統領とメールのやり取りをして、DCとも繋いで、この1カ月ストレス満載だった問題が解決。もう、セニョール副大統領が大好きになっちゃいます。

まだまだ変更もありそうだし、プレゼン資料も作らにゃならんし、仕事は山積みですが、明日から出張なので、これからご飯食べて、シャツ7枚とハンカチにあるだけアイロンかけて、パッキングして寝ます。

アリソン・ワンダーランドの新譜を聴いていなかったので、聴きながらアイロンかけよう。

ニューヨークへの連絡を忘れていたので、それが今日最後の仕事になります(します)。
1つクリア [2022年09月15日(Thu)]

今、出張中の機内の中でこれを書いています。

時間の感覚がつかめず、寝るに寝れず、という感じでしたが、難しかった仕事を一つ5時間程度でクリアしました。正確には一時クリアで、修正が入るものと思います。
米国出張 [2022年09月16日(Fri)]

一昨日から米国に来ています。国連には関係ありませんが、近くまで来ました。
9A37C719-A883-4195-BC54-8A7F06D6BC0D.jpeg

5A3FFC37-708A-4089-96B6-D9C7C12FF57A.jpeg

ニューヨークは2019年の3月(旅行)と9月(出張)以来、3年前に比べると、物価が1.5倍くらいになってるような感じです。

東回りは毎回時差ボケがひどく、苦手なのですが、今回は特にきつい気もします。英語もスーパー速い。昨日はこちらの協力者と会議をしましたが、その人が言うには、コロナで2年以上動かない状況だったので、まだ体が長距離の移動や時差に合わせられていないのだとか。

偉い方々ほど仕事で飛び回っていますが、使命感や気持ちの強さが違うだと思います。そういった面でも世界中を飛び回っている自分のボス(複数形)を尊敬します。

今回の件、昨年行われていたものを情報の引き継ぎなしに引き継いだもので、7月頃から、自分はどこまで関わるのかもはっきりしない中で、調整しながらやってきました。成功させなきゃならないし、昨日もまた変更があるなどストレスが半端ないですが(現地の協力者は自分の数倍大変)、時間は無情にも進んで行きます。流れで、自分もまた人前で恥をかくことになりそうで、そのプレッシャーも感じはじめています。

3年前のまさに今日(明日かもしれない)、コロンビア大学の施設を借りて行われたイベントで、気候変動の文脈でパラオでの地域密着型エコツーリズムの話をしたのでした。今考えてもゾッとするほど恥をかいた記憶があります。


空港からマンハッタンに向かう車中で、街ゆく人を見て、一人一人が日々の生活に追われる中、それぞれの都合がある中、太平洋島嶼国など遠いし小さいし、おそらく知らないし、どうやっても響かないだろうと思わされました。

今日の会議でも話題になりましたが、島嶼国は島嶼国で、現地と東京とハワイとニューヨークでは、島嶼国の人もプライオリティも話のアングルも違うし、変えているように思います。そうしないと埋もれてしまうということもあるのでしょう。

そんな中で、あえて、自分が持つビジターのよそものとしてのものでしかないけれども、現地の空気感をここで共有できないか、恥をかくのを承知の上で試してみようと思っています。
まいった [2022年09月17日(Sat)]

なんと!ここにきて大きな変更発生…。
全てがセットでき、台本作りに取りかかっていたところ、今日の昼前、急に大きな変更が発生しました。やり直し。

さまざまな世界情勢が複雑に絡みあっています。

午後一杯、できることをできるだけ行いましたが、最後の核心部分は、明日の午後までどうにもならない。

仕方がないので、金曜の夜、パラオの友人と街に繰り出し、インドの友達を呼び、サモアの友達を呼び、夕食をとりながらチャタムハウス式の意見交換。国連組はこれから1週間が特に大事なところ。24/7。

自分とAとBが友達。BとCが友達。AとB、自分とAとCが初対面。けっこう面白い話になりました。

明日は明日。


いやいやいや [2022年09月18日(Sun)]

明日、明後日とイベントがあり、その調整をしているのですが、今日になって登壇予定者2名が緊急の公務のため明日不在との連絡。
代理を立ててもらえれば良いのだけれど、いまだ調整中。

昨日の問題は、無事解決(のはず)。

さっきはCNAとCEIPの研究者と情報交換。学ぶことが多くあります。

話は変わりますが、NYの通りを歩いていると、癖のある葉巻のような匂いが、あちこちにあります。おそらく合法化されているあれでしょう。

そのせいか、頭が痛くなるし、匂いが気持ち悪い。少しバヌアツカバのような匂いで気持ち悪い。
| 次へ