CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
ブレーキングニュース:中国トップレベルの代表団がキリバスへ(5/25) [2022年05月25日(Wed)]

国内でも一部で報じられている中国王毅外相の太平洋島嶼国歴訪に関する記事になります。NZメディア発のもので、キリバスに注目した内容となっています。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20220525-1.html
太平洋島嶼国を含む太平洋島嶼地域安全保障条約を結べないのか? [2022年05月25日(Wed)]

太平洋島嶼地域に関する安全保障条約は、豪州・NZ・米国安全保障条約(1951, ANZUS条約)、自由連合盟約(ミクロネシア連邦・マーシャル1986−2003改定、パラオ1994:米国が自由連合国の安全保障・防衛について責務と権限があるとするもの)、AUKUS(2021、豪州、英国、米国の軍事同盟)があります。

地域としては、PIFをプラットフォームとして、例えばビケタワ宣言(2000)、ボイ宣言(2018)という安全保障協力に関する宣言がありますが、あくまでも何かあったら協力していこうという宣言であり、法的拘束力のある条約ではありません。

そもそも地域では軍を有するのはPNG、フィジー、トンガのみで、いずれも国内の治安維持や国際社会における平和維持活動、災害対応、海洋監視(一部警察権に類する)が主目的であり、潜在的にはあり得ますが外部の敵対勢力からの防衛という考えは薄いです。

これまで、外部の敵対勢力を想定した安全保障という考え方は、太平洋島嶼国側にはありません。戦時中は日本と連合国の対立、戦後は冷戦構造における西側諸国対共産主義諸国、近年は西側諸国対中国という構図は、あくまでも大国間の敵対構造として太平洋島嶼国側には認識されています。

この状況を踏まえ、さらに中国の動きを本気で抑えるという考えがあるのであれば、軍の無い太平洋島嶼国と共に、拘束力のない宣言ではなく、条約を結ぶ必要があるのではないでしょうか。そういったものがないので、中国であろうが他の国であろうが、太平洋島嶼国側は自国の利益を優先していろいろなものを歓迎していきます。中国ソロモン安全保障協定も主権国家間の協定であり、違法性はありません。

コンパクトがある限りにおいては、例えば米国が結ぶ太平洋島嶼地域を含む安全保障条約には、自動的に自由連合国(パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島)が含まれます。これら3国に加え、本気で西側諸国と共に戦う国を見つけ、防衛・安全保障面で信頼できる国々の間での条約を検討する時期に来ているのかもしれません。
パラオ海上保安人材能力強化訓練3日目 [2022年05月25日(Wed)]

今日も届きました。
A90F74DF-AEE9-4198-B025-98B1414C1D40.jpeg

F888CE62-DB57-46D6-B875-FA06745D3B54.jpeg

とても良い雰囲気のようです。
パラオ海上保安人材能力強化訓練4日目 [2022年05月26日(Thu)]

今日も届きました。
5167CDFD-3C28-4AB3-89B7-AA49344E6BC6.jpeg

副大統領やジェニファーなど政府から視察があったようです。写真は要人到着前、準備中のもの。

確か、明日が最終日だったと思います。最後まで、怪我のないよう、無事完了されることを願います。
ブレーキングニュースアップしました:中国外相のフィジー訪問 [2022年05月27日(Fri)]

今回も中国王毅外相の太平洋島嶼国歴訪に関する記事になります。フィジー政府発のもので、フィジー中国関係が中心となっています。個人的には、中国も大変な地域に踏み入れたな(逃げられないぞ)という感じがします。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20220527-1.html
パラオ海上保安人材能力強化訓練最終日 [2022年05月28日(Sat)]

1週間にわたり、海上保安庁モバイルコーポレーションチーム(MCT)により実施された訓練が終了しました。
CE036688-0411-4B59-B7CF-C062C2F86481.jpeg

現地海上警察官の表情や姿勢からは、メンタリティも含め、さらに能力を高めるきっかけになったことでしょう。

同じ目線で共に課題解決に取り組む。そういった関係性が大切だと思います。
クロシオブエブエナート「中国・ソロモン諸島安全保障協定」(3/26) [2022年05月28日(Sat)]

1年前に、私と東海大学の黒崎さんで始めた私的ウェビナー「クロシオブエブエナート」というのがあります。

我々の付き合いは20年ほどになりますが、15年ほど前から、自分は日本にいないことも多かったため、年に数回、2人で意見交換を行ってきました。それを他の太平洋島嶼国に関心のある方々にも共有しようと始めたものが「クロシオブエブエナート」です。ブエブエナートは、マーシャル語で「おしゃべり」を意味し、率直な本音の話も含みます。

2〜3か月ごとに、これまで4回開催してきており、少し編集しつつ、Youtubeにも動画をあげています。

3/26が最新のもので、そこでは中国・ソロモン諸島安保協定についても話しています。見直してみると、現在の地域情勢を理解する上で、重要な点に触れているように思います。ご関心のある方はどうぞ。30分弱あります。


ブレーキングニュース、アップしました:中国王毅外相・プナPIF事務局長 [2022年05月30日(Mon)]

中国王毅外相とプナPIF事務局長の会談に関するニュースです。中国が地域安全保障に関わるということは、地域では安全保障=気候変動なので、中国が途上国として避けてきた気候変動緩和(排出ガス削減)や適応に関する資金を積極的に行わなければならなくなります。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20220530-1.html
ブレーキングニュース、アップしました:キリバス・中国 [2022年05月30日(Mon)]

キリバスの対応について報じられています。太平洋島嶼国の視点で見ると当然の対応に見えます。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20220530-2.html
ゆっくり走る [2022年05月31日(Tue)]

今日は朝早くから、フィジーの地域機関にいるトンガ人の友人とズーム会議を行い、あちらは3時間進んでいるので、日本の昼過ぎまで断続的にやりとりが続きました。
聞いてもいないのに、中国の王毅外相訪問について少し離れた視点から話をしていました。

そんなこんなで、海保、地域密着型ツーリズム、地域情勢について同時に考えるという、そんな1日。そんな時には、音楽。

7月は、佐野元春とパフュームの新譜が出ます。佐野元春はツアー中で、あのクランチーでクリエイティブなライブが楽しみ。

パフュームは、ここだけの話、昨年8月、みなとみらいでのポリゴンウェイブライブに行きました。アマプラで観られるので、興味がある人は見ていただいて。

さらにここだけの話、今年の1月にも再演があり、5回行きました。アリーナ席がなくスタンドのみのライブでしたが、全て真っ正面で凄かった。脳がやられました。

アマプラで4割程度は体感できますが、マカロニとか、アマプラにはないアンドロイド&とか、イレブンプレイと共に凄いパフォーマンスでした。共感できる人がいればいいのだけれど。

というわけで、将来のライブを期待しつつ、音楽を聴きながら少し走ってきました。

足を怪我して以来なので、1か月ぶり。メンタルとフィジカルの壁を2つ越え、ゆっくり50分、少しフォーカスを調整したといったところ。

明日も頑張りましょう。