CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年07月 | Main | 2021年09月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
第51回PIFサミット [2021年08月06日(Fri)]

本日、8/6、2年ぶりにPIFサミットがオンラインで開催されています。

昨年は、ホストのバヌアツが延期を要請し、のちに中止。本年2月に、事務局長選出のためのオンライン臨時サミットがありましたが、正式なサミットは2019年8月のツバル主催の第50回サミットで止まっていました。そのため、議長国はツバルが2年にわたり務めることとなりました。

今回、オンラインではありますが、第51回PIFサミットがフィジー主催という形で行われており、議長国がツバルからフィジーに交代しました。

現時点でオープニングの50分が公開されていますが、興味深いのは、脱退を表明したミクロネシア諸国のうち、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル、キリバスが欠席、トンガは特使が参加していましたが技術的理由か何かで消えました。

米国自由連合国のパラオ、ミクロネシア連邦、マーシャルは、それぞれ米国インド太平洋軍と防衛協議を行うなど、米国が責務と権限を有する防衛・安全保障のフェーズが変化しており、安全保障に関する捉え方が南側諸国と大きく異なっています。

米国は、これら米国自由連合諸国に対し、中国が安全保障上の脅威と明言しています。昨年9月にエスパー長官(当時)がパラオで公に発言したことに驚きましたが、つい先日、7/29の報道で、ミクロネシア連邦に対しても中国が安全保障上の脅威であると明言しました。

PIFでは、テイラー事務局長、プラット次長時代に、2018年頃でしたか、米国を含む大国の争いとは距離を置く(これは良い)、言いなりにはならないといったような発言があり、一方で、中国との経済・経済協力に関する関係を強化するという動きがあるという状況が続きました。さらに、PIFには台湾承認国が加盟しているにも関わらず台湾を軽視するような発言もありました。COVID-19パンデミックがその状況に変化をもたらしていますが、基本的な流れはPIFは大国の言いなりにならない(しかし、中国とは仲良くする)のまま。

キリバス、ナウルは、米国自由連合国とは立場が異なり、上記要素とは異なります。強い太平洋島嶼国主導のPIFに対し、対抗するという要素があるのでしょう。


今朝のオープニングでは、議長となったフィジーのバイニマラマ首相の要請に応じ、米国バイデン大統領がビデオメッセージを贈りました。バイニマラマ首相は、昨年11月の米国大統領選後にいち早くバイデン次期大統領(当時)に祝意を伝え、2021年のPIFサミットへの参加を要請しています。

背景には、トランプ政権で気候変動に懐疑的になりパリ協定から離脱することになった米国が、気候変動についてはトランプ政権以前に戻る、すなわち温室効果ガス排出の2030までの劇的削減や気候変動ファイナンスへの出資の約束の履行への期待があり、気候変動の影響の前線にある太平洋島嶼国の土地に降り立ち、見て欲しいといった考えがあったようです。

ちなみに、バイニマラマ首相は、これまでも国連事務総長や国際機関の長、インドのモディ首相、中国の習近平国家主席、インドネシア大統領、東ティモール首相などの招聘に成功しています。

バイデン大統領の今日のビデオメッセージですが、冒頭、PIF50周年を祝いつつ、地域と米国のマルチの関係ではなく、「各国」との関係と表現していました。COVID-19については、パンデミックと経済問題に触れ、ワクチンへの協力実績と今後の協力、経済復興に対する認識について触れました。また気候変動については、島嶼国各国の重要性を認識し、2030年までの温室効果ガス排出量削減目標の履行、気候変動ファイナンスへの協力について言及しました。個人的に、中国を意識した債務や法の支配、人権などの話に触れるかどうか関心がありましたが、一言、米国の自由で開かれたインド太平洋戦略について触れ、それにより米国は地域の安全と繁栄に貢献する旨述べるにとどまりました。


今回のPIFサミットでは、気候変動による海面上昇が島や沿岸部を水没させることで生じる現実的な問題の1つ、領海および排他的経済水域(EEZ)の縮小の可能性を踏まえた議論が注目されています。いわゆる領海・EEZの根拠となる現在の基線が、気候変動による海面上昇で変更されないように国際社会に訴えかけるための宣言を用意しているようです。同宣言は、9月中旬以降の国連総会、11月初旬の気候変動枠組み条約COP26(グラスゴー)で提示し、国際世論形成を狙っています。これは日本も同調できそうですね。

もう一つ、福島原発汚染処理水については、オープニングで核汚染・非核ゾーンの文脈でツバル首相が触れていました。これについても、何らかの言及があるでしょう。

サミット後にはコミュニケが発表されますので、結果を待ちたいと思います。
オリンピック [2021年08月09日(Mon)]

東京オリンピック終わってしまいました。ネットと時差がないお陰で、これまでになく多くの競技を観ることができました。
昨日も女子のスポーツクライミング、女子バスケ準決勝、野球、今日は女子の自転車オムニウム、他の日では女子1500と槍投げ、男子走り幅跳び、スケボーのパーク、セイリングなど、痺れました。スポーツクライミングはいつか現場で見てみたい。小さい頃にやたら木登りしたり、崖や壁を登って怒られていましたが、そのような忘れていた原初の好奇心といったものがくすぐられました。

スポーツから得られる感動というのは、おそらく他の感動とはまた違ったものなのでしょう。何かこう、心の枠が広がった感じがします。

正直、モスクワオリンピックの時のように半数以上ボイコットして、メダルをとっても疑問符がつくようなものになってしまうのではないかと思ったりもしましたが、実際にはあれだけの国や地域で選手や関係者が準備して、感染拡大が起こっている日本に来て、競技に参加しました。直前まで実施か中止かはっきりしない状況でも、選手はしっかり調整してたんですね。

天気も最後までもったし、コロナ感染で辞退した選手もそれほどいないようでした。現場もコロナ対応の医療機関も本当はギリギリなのかもしれませんが、コロナに屈しない強さを示したのではないかと思います。

おそらく先進国か強権的な独裁国家でないと、実現できなかったのではないか。正直、やり切ったのは凄いと思います。

次はパラリンピック。引き続き、選手や関係者に感染が広がらないようにしつつ、良い試合を期待しています。

社会の包摂性や多様性の観点からも、若い人を含め現場で観戦できれば得るものが大きいように思いますが、まだまだ感染者数は増えるでしょうから難しそうですね。


2024パリ五輪では、タヒチがサーフィン会場だそうで、島嶼国も少し盛り上がるかもしれないですね。仏ポリはまた感染拡大が進んでいるようですが、2024年、世界はコロナを克服し、アフターコロナの世の中になっているのかどうか。
私的ウェビナー「第2回クロシオ・ブエブエナート」のご案内 [2021年08月09日(Mon)]

8月22日(日)午後2時より、私、塩澤と黒崎先生(東海大学講師、太平洋諸島研究所所長)が太平洋島嶼地域について話し合う私的ウェビナー「第2回クロシオ・ブエブエナート」を開催いたします。(3時間以内の予定)

私と黒崎さんの繋がりは2003年ごろにマーシャルで始まりました(私が青年海外協力隊短期隊員、黒崎さんが在マーシャル大使館専門調査員)。その後、私が在マーシャル大使館専門調査員、黒崎さんが外務省大洋州課で外務事務官となった2006年以来、それぞれ立場を変えつつ太平洋島嶼国に関わりながら、毎年数回地域情勢や各国の動向を確認するために意見交換を行ってきました。

今回は、7/2に開催されたPALM9、パラオ・ミクロネシア連邦・マーシャル・米国関係、ミクロネシア5カ国のPIF脱退、8/6に開催された第51回PIFサミット、サモア新政権、ニューカレドニア、パプアニューギニアのブーゲンビル自治州、オリンピックなどについてブエブエナート(おしゃべり)する予定です。

私的な意見交換の発展型ではありますが、太平洋島嶼地域に関心のある方々には地域理解の一助となるものと考え、私的なZoomウェビナーという形で公開させていただきます。

ミーティングではなくウェビナー形式であるため、参加者については、参加者間で名前は共有されず、音声、映像ではなく、基本的に視聴とQ&Aでの参加となります。

ご関心がありましたら、下記までご連絡ください(8/21午後6時まで)。追って、申し込み案内を送付いたします。

kuroshio.bwebwenato@gmail.com

なお、業務時間後の対応となるため、連絡は夕刻以降となります。


日曜の午後、ステイホームのひとときに。

よろしくお願いします。
副反応3 [2021年08月11日(Wed)]

ワクチン接種の副反応ですが、熱は3〜4日、摂取した腕の痛みが7日ほど続きました。
その後、いろいろ言われているように、ちょうど1週間後にいわゆるモデルナアームになり、蚊に刺された時に引っ掻いて腫れが広がるような大きさに赤く腫れ、痒みが出て、これが5日ほど。同時に前の週とは異なる四十肩のような腕の痛みが10日続いています。

しもやけのような反応があるとの話もありましたが、自分の場合は、体を動かして血行が良くなると手のひらや指の痒みが出ました。あとアレルギー反応が過敏になるのか、ものもらいができましたが、これは2日で引きました。

結局のところ、接種から2週間は運動をせず、一昨日から少しずつ運動を始め、17日後の現在、軽めの四十肩状の不具合以外はほぼもとの状態に戻りました。

自分の場合は免疫反応が過敏なのかもしれませんが、1回目でこの調子なので、2回目の反応がちょっと心配。
第51回PIFサミットコミュニケ [2021年08月15日(Sun)]

今朝はスマホから災害警報がなり、目が覚めました。みなさん無事でしょうか。

今日まで夏季休暇ということで、新聞の見出しの確認以外、できるだけ仕事から離れるようにしていましたが、数日前、8/6にオンラインで開催された第51回PIFサミットのコミュニケが現地ニュースに出ていましたので、さっと確認してみました。

https://www.forumsec.org/2021/08/11/communique/

コロナ、気候変動、海上境界など、概ね、事前に行われたPIF外相会議の内容が踏襲されていますが、汚染処理水の記載がなくなり、一方でPIF創設50周年を記念する内容が多く書かれているようです。

自分の勝手な見立てと思い込みによるもので、間違っている可能性がありますが、汚染処理水については次のように感じました。

PIFサミット直前のPIF外相会議でPALM9での総理の説明があり、島嶼国側もIAEAと協力・情報を得るとし、豪州も専門家が情報を噛み砕いて説明しようかと提案するなど、懸念解消が進展した。ナタノ首相がPIF議長として拘ったが、議長交代により、プライオリティが変わった。プナ事務局長も南太平洋非核地帯の文脈で触れたが、それ以上ではなくなった。

経緯を簡単に見ると
4月
・日本政府が汚染処理水に関する発表
・テイラーPIF事務局長がPIF事務局の立場で懸念表明
・ナタノPIF議長がPIFとして懸念表明
・パニュエロ・ミクロネシア連邦大統領が総理に書簡
7月
・PALM9で、総理が島嶼国側に説明
・PIF外相会議で、PALM9での成果(日本に声が届いた)を説明
8月
・PIFサミット冒頭、ナタノ議長が言及
・同、プナ事務局長が非核ゾーンに絡めて言及
・議長がフィジー首相に交代
・PIFコミュニケに記載なし

フィジーのバイニマラマ首相は気候変動を最大のテーマと位置付けており、昨年の米大統領選後には、いち早くバイデン大統領のPIFサミット参加を要請しました。これはトランプ政権からバイデン政権に代わることで、米国の気候変動に対する姿勢が大きく変わることを期待してのものでした。課題としては、これに新型コロナ、ミクロネシア諸国の離脱問題(地域結束の課題)が加わったということだと思います。

表の情報だけを見ていると、汚染処理水については、4月の段階からフィジーは、日本がIAEAと協力していることも、科学的根拠に基づいていることも、冷静に理解していたような印象があります。PIF議長の権限は大きいので、ツバルのナタノ首相からフィジーのバイニマラマ首相に交代したことで、処理水については、日本はしっかり回答しているし情報も提供している、コミュニケに記載する懸念事項ではないという判断となったのかもしれません。

30年前であれば、これをネタに援助を引き出そうとか、共通課題と強調することで地域の結束に繋げようなどと利用されたかもしれませんが、フィジーはそれに乗らなかった印象です。もっと大きな解決できていない現在進行中の課題があるだろうと。

今後の焦点は、気候変動とコロナ(住民の安全、ワクチン、経済・財政)+ミクロネシア諸国・PIF対話。
多層的に立体的に [2021年08月15日(Sun)]

7月末のニュースでしたが、フィリピンは米軍地位協定の破棄を撤回し、維持することを決定したんですね。
米国は政権交代後も、この地域の安全保障については方針を変えず、むしろより強化しているように見えます。

台湾、グアム、パラオ、マーシャル、ミクロネシア連邦、パプアニューギニア、グアムは米領ですが、これらの国や地域との関係を、着々と現実的に更新・強化している印象でした。さらに、非常に重要な位置にあるフィリピンが戻ってきたことは大きい。

一方で、日本、オーストラリア、イギリス、フランスと米国が関係を強化しています。太平洋南部が対象となればニュージーランドも入るのでしょう。

太平洋島嶼地域という視点で見れば、この関係性に当事者として含まれる最前線のパラオ、米国自由連合国のミクロネシア連邦・マーシャルと、他の太平洋島嶼国との間には、現状認識や先進国との距離感にギャップができているでしょう。

いくつもの要素があり、それぞれが変化しているため、多層的に立体的に全体を捉えないと理解が追いつかない状況になっています。
さよなら、ウエキ大使 [2021年08月15日(Sun)]

ウエキ前パラオ駐日大使が逝去されました。

2009年8月、自分は財団に入り、パラオでの活動を担当することとなりました。

当時、マーシャルにいた頃に公電などで得た情報以外、パラオに関する知識がなく、かといって、経験上、人が書いたものを信用できない状況でした。パラオというよりも、マーシャルで実際の経験と人が書いたものに大きな違いがあったというものでしたが。

そんな時、まずはまっさらな状態で信頼できる人から話を聞きたいと思い、電話したのが駐日パラオ大使館。

今考えると冷や汗ものですが、先入観が全くない状態、言い換えれば無知の状態、絞りきったスポンジのような状態で当時新宿にあったパラオ大使館を訪問しました。

その時、ウエキ大使に直接対応していただき、1時間以上、パラオ、パラオと日本、ウエキ大使の歴史など、ユーモアを交えながら丁寧にお話ししていただきました。

自分のパラオに対する理解の基盤は、ウエキ大使のお話でした。

フィジーのポストを得て、2015年10月に財団を退職した際には、ウエキ大使から自分を勇気づけてくれるレターをいただきました。

もうお会いできないなんて、寂しいです。

ウエキ大使、さようなら。
ありがとうございました。
ブレーキングニュース・アップしました:ミクロネシア連邦、米国、中国 [2021年08月20日(Fri)]

7/28に報じられた米国とミクロネシア連邦の安全保障協議に関するニュースです。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20210728-1.html
新型コロナウイルス・デルタ株の影響、NZ、仏ポリ、フィジー、クック [2021年08月20日(Fri)]

先週から今週までの現地報道にざっと目を通したところ、新型コロナウイルスについて嫌な傾向があると感じました。いずれもデルタ株。

フィジーについては、統計上新規感染者数が減少していることで、住民に自己満足、克服できたのではないかとの自信が芽生えてきているという傾向がありました。一方で、政府などは感染者数減少は、住民が検査を回避するようになったことや、一般に販売されている個人検査キットの影響ではないか、との疑念もあるようです。

現在のフィジーの感染拡大を抑えるには、ワクチン接種をできるだけ行うしかないわけで、この根拠の怪しいコロナ克服の自信がさらにワクチン未接種者のワクチン回避に繋がるのではないか。

パプアニューギニアでは、やはりデルタ株感染が報告されていますが、新規感染者数も死者数も少ない。これに対し、しっかりとしたデータが取られていないのではないか、公表されていないのではないか、死因不明の死者はコロナが死因ではないのかなど疑念を伝えるニュースが目に付きました。同国は来年総選挙を控えていることも有り、政治が絡んでいる可能性も否定できません。

ニュージーランドでは、どうもデルタ株により防壁が突破されているようで、市中感染や航空機のクルーに感染が見つかるなど、フィジーで感染拡大が始まる直前のような、嫌な感じがします。従来型への対応という観点から、デルタ株対策に大きく舵を切らないと、日本のようなウィズコロナではなく、コロナフリーを維持する同国にとっては厳しい状況が発生するかもしれません。15日から感染爆発が起こっているフィジーからの入国に制限をかけたようですが、どうか。フィジーでは1人の感染者が大規模葬儀に参列したことが、感染爆発の端緒でした。参列後、6週間後に手に負えない状況に転じました。

クックはコロナフリーのニュージーランドから観光客を受け入れる観光バブルを進めていましたが、ニュージーランドでの感染判明で一時中断となっています。怖いのは、クックはパラオのように徹底的なワクチン接種や検査設備、住民に対するガイドライン整備が整う前にバブルを開始したことです。コロナウイルスの感染と感染判明の間には時間のラグがあるので、仮に、先日まで入国していたニュージーランドからの観光客がウイルスを運び、誰かに感染していたとなると、判明するのはこれからになります。仮にデルタ株が、まったく従来株も経験していないクックで見つかることになると、かなり厳しい状況が発生しかねません。

フレンチポリネシアでは、米国やフランスからの観光客を受け入れるなどある程度の感染者と死者の発生を受け入れながら、感染爆発が発生したときには受け入れをとめたり行動制限を課すことでコントロールし、ウィズコロナの姿勢を進めていたように思います。ところが、数週間前から始まっている現在の感染爆発では、デルタ株の影響でしょうが、新規感染者の数が非常に大きくなっています。フレンチポリネシアも、パラオほど厳しい体制整備を行っておらず、住民のワクチン接種率もパラオほどではないはずです。かなり厳しい局面を迎えるのではないか、心配です。

このように、現在冬を迎えている南半球側で、嫌な状況に向かっているように見えます。
ブレーキングニュース、アップしました:パラオ、米国 [2021年08月20日(Fri)]

8/3に報じられた米国とパラオの安全保障に関するニュースです。先ほどアップした記事と関連しており、この後、もう1本上アップします。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20210803-1.html
| 次へ