CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年02月 | Main | 2021年04月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
パプアニューギニア、新型コロナ [2021年03月03日(Wed)]

ここ数日のRNZ記事を読むと、パプアニューギニアでの新型コロナ感染者数が増加傾向にあるように見えます。

例えば、
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/437473/in-brief-news-from-around-the-pacific

昨日のニュースですが、コロナ関連で2名(49歳男性、60歳男性)が亡くなり、これまで14名が死亡。

先の土曜に20名、日曜に21名、月曜には49名の感染が確認され、月曜の49名中31名がブーゲンビル自治州とのこと。これまで累積感染者数は1365名にのぼります。年末には900名台でした。

フィジーの場合は水際対策、感染者の行動追跡を徹底的に行うことで市中感染を防ぎ、今では300日間感染者が出ていないなど、上手く封じ込めています。

一方、パプアニューギニアは規模が非常に大きな国であること、水際対策にが限界があること、インドネシアの西パプアと陸で国境を接していることから、市中感染を抑えることはかなり難しいのではないかと思います。

感染者数については、検査数次第という面もあるはずで、症状が現れた人を検査しているのか、感染者の接触者可能性のある人を検査しているのか、感染者が表れた集落を対象に検査しているのか、いずれにせよ検査数が増えれば感染者数も増える状況のように思われます。

パプアニューギニアでは、これまで比較的感染拡大を抑えてきた印象ですが、その反動か、世界での動きから半年以上遅れた感染拡大の動きが表れ始めているようで、注視していく必要があるかもしれません。
ブレーキングニュース、アップしました:PIF関連 [2021年03月08日(Mon)]

"Breaking News from the South Pacific" 改め、"Breaking News from the Pacific Islands"、翻訳者にフリーランスの立入瞳さんを迎え、再スタートしました。

https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news

私も報道内容に関連して、何かコメントを書くようにしています。ブログよりは硬く、論考よりは柔らかく。

今回はPIF関連。少し長くなりますが、一連の動きをセンセーショナルに見るのではなく、背景を落ち着いて理解しようと、時系列で事実関係を追いました。

https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20210222-1.html

本来、コメントは短い方が良いのですが、今回は、つい熱が入り長くなりました。

どんどんアップしていきますので、よろしくお願いします。



ちなみに、タイトル画像は自分で作りました。

背景の白い部分は、2017年頃にトンガを訪問した際にいただいたタパの元となる植物繊維です。おじさんが植物からタパを作るまで見せてくれたときのもの。

文字はパラオのロックアイランドの海です。
ブレーキングニュース、アップしました:クック、AIIB [2021年03月09日(Tue)]

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。

https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news

今回の記事はこちらになります。

https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20210223-1.html

コメントでは、トンガの話が長くなりました。
次回からは、短くなるよう気をつけます。
ブレーキングニュース、アップしました:キリバス、フィジー、土地、中国 [2021年03月10日(Wed)]

2014年にキリバスが購入したフィジーの土地と中国に関する噂に関する記事です。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/

今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20210223-2.html

フィジーの土地に関わるニュースだったので、コメントでは土地の所有権などについて少し詳しく書きました。

次回は、短いコメントにしたいと思います。
Wild Ferns [2021年03月10日(Wed)]

ニュージーランドのWild Fernsというブランド?の、この棒をさして部屋に置いておく油?
EE479679-B7E9-41A6-AB93-2D336DCF96F0.jpeg

この香りが凄く好きなのですが、数カ月前にひっくり返してしまい、ついに中身が無くなってしまいました。

本当に良い香りで、プルメリアのような、もっと柔らかいもので、自分が持つパシフィックのイメージに最も近いものでした。

ひっくり返した後に、ネットで探しても購入できるところを見つけられなかったのですが、昨日探してみるとNZのサイトで販売しているのがわかりました。

NZ国内だけかと思っていましたが、日本にも送ってくれるそうで、早速注文。来週届けば良いと考えていたところ、何と、今週中に届くそうで。コロナ禍にあっても先進国間の物流は動いているんですね。驚きました。

あとは香りが同じでありますように。
ポカホンタス [2021年03月13日(Sat)]

昨日から、実際には先週からですが、いろいろと忙しく、掃除ばかりしています。
寝ていないようで寝ているのか、体を誤魔化しながら。気づくと体のあちこちに切り傷が。

今日も朝6時から夜10時過ぎまで、作業を続けて足腰が痛い。

久しぶりにコンビニにご飯を買いに行ったら、何とスパム握り的なものがあるじゃないですか。島の人間としては嬉しいかぎり。

北太平洋の島を思うと、そこはやっぱりバド。バドとスパム握り的なもので、ツカレナオス。

それはそれとして、汚れを落としているとリトル・リチャードのジェニジェニ、ひと段落するとニール・ヤングのポカホンタスがずっと頭の中で流れていました。別に聴いていたわけではないというか、20年以上聴いてない。脳内spotifyか。

ブレーキングニュースのためにちょっと過去の原典にあたっていたせいかも。

明日もまだ作業が続きます。
過去のPIFコミュニケなどから [2021年03月16日(Tue)]

次のブレーキングニュースのコメントを書くために、改めて過去の資料を確認しています。主なものは、2000年以降のPIFコミュニケ。特に2006年以降はボランティア/現地教員レベルから離れて、日本の外交側に移ったので、自分の経験に基づく主観と、時間を経たことと資料による客観とが両立し、全体像が見えてくるようです。

ブレーキングニュースのコメントにも書けないし、何か論考にも書けるレベルのものではなく、気づきのレベルのものがありました。メモがてら、ここに書いておくとします。

先日来のパラオを中心とするPIFからの脱退の動きですが、紳士協定を破る動きを現実化させたのは昨年6月クックのプナ首相(当時は現職)の立候補でした。

その後、3名の候補者が相次いで立候補したことでぼやけましたが、要はパラオとクックの対決とも見ることができました。

そこで、今、読み返しているPIFコミュニケ。

・2010年パラオが台湾をポストフォーラム対話(PIF首脳会議後に行われる域外国とフォーラム首脳の対話・会合)に参加させるよう提案。結果は、1992、1999の時に合意された、台湾と台湾承認国首脳との会議は認めるという形を維持。

・2012年PIF総会(サミット)開催国のクックの首相(議長)が、最後に豪州、中国、NZの支援に感謝を述べる(コミュニケに記載)。

・2018年2月上旬、テイラー事務局長がPIFとして中国を支持する発言

・2018年2月中旬、ミクロネシア大統領サミットで、5カ国として、PIFにおける台湾の立場改善を要請(=中国承認国のミクロネシアも結果的に同調することになり、難しい立場に)。
 同時に、「次期事務局長はミクロネシア地域の番だ」と主張

・2019年9月、ミクロネシア統一候補(ザキオス大使)

・2020年6月、プナ首相立候補

・2020年6月、パラオのレメンゲサオ大統領(当時)「次はミクロネシアの番だ」

・2020年10月、ミクロネシア大統領サミット「ミクロネシアから事務局長が選ばれない場合は、PIFを脱退する」

・2021年2月、9対8で、プナ首相選出、ミクロネシア諸国脱退へ


いくつかの要素が複雑に絡み合っており、それぞれの要素についてタイムラインを作ることができますが、中国・台湾という視点でみると上記のようになります。今回改めてコミュニケを読み直して、親中国のクックと親台湾のパラオという印象が強く残りました。

個人的には、クックには、かつてODA関連で嫌な思いをしているので(2012~2014)、心情的にはパラオ側。そういえば、2012〜2014は、豪州、NZも今とは様子が違っていましたね。
在宅ワーク [2021年03月17日(Wed)]

在宅ワーク中心になってから1年が過ぎました。

当初は2〜3か月との見方もありましたが、1か月もすると、長期化を考えて、在宅での仕事環境の改善を進めました。

そもそもコロナ前は年に10数回、トータルで5〜6か月出張していたため、現地でのさまざまな制約の中で、都内の事務所で行うべき業務も行っていました。自宅と出張先の違いはあれど遠隔での仕事は新しいことではありませんでした。

違いは外に出る機会が大きく減ったことと、自宅の狭い部屋にいつづけることで、それにより生じるさまざまな障害への対処が課題になりました。

良い点は、事務所にいるときよりも集中しやすいこと。海外を含めオンライン会議が普通になったこと(これにより国内の仕事仲間と現地の仕事仲間の違いがほぼなくなった)。残念な点は、雑談がほぼなくなり、ヒントや気づきのチャンスが減ったこと(ヒントや気づきについてはオンライン会議で少しカバーできてはいる)。

そういったこともあり、今回有休や業務後の時間を使い、少しだけ在宅ワーク環境をアップグレードしました。

277004FA-9BB9-4A94-97C2-3E2C31AFA98D.jpeg

物は買わずに、すでにあるものを使いやすく整理しなおし、スペースも確保したといったところです。

ホワイトボード2つ、コルクボード、プリンタ、シュレッダー、PC2台、カメラ用に旧型iPhone、テーブルライト、Airpods、ペンと鉛筆、ホチキス、付箋、カッティングボード、イス、キーボード、モニター、マウス、マウスパッド、ネット環境の改善など。あとはノイズと空気対策。

加えて、ニュージーランドからWild FernsのディフューザーFlowersが昨日届きました。

EE479679-B7E9-41A6-AB93-2D336DCF96F0.jpeg

人とすれ違う時にふと感じる程度の強さに調整すると、理想の香りになります。(強すぎると頭痛がする)

これで仕事の質も上がれば良いのだけれど。
母からの手紙 [2021年03月17日(Wed)]

自分の年代になると、多くの方々が経験する難しい状況が起こります。

昨年、1月、2月に実家に帰り両親に会ったとき、ちょっとした予感があり、2020年3月以降は、毎月会いに行って二人に良い思い出を残してもらおうと思っていたのですが、コロナの影響でそれが叶わなくなりました。帰ろうと思っても、「東京から人が来た」と近所に悪いうわさが流れるから来るなと言われ、そうこうするうちに世の中の状況がますます悪くなるという、、。

そんな中、今年に入って時々見るのは母親の人生を辿る夢。普段、親の夢など見ないし、見ても性格も行動も似ている父だろうと思っていたので、意外でした。

夢を見てから、そういえば海外にいたとき、本当にときどきでしたが、手紙を書いてくれてたよな、移動を続ける中で失くしてしまったな。もう、文字の読み書きも難しくなって、母の直筆のものは自分には何も残っていないなと後悔していました。

そんな中、先日、母の誕生日が来て、花のブーケを贈りました。毎年、海外にいるときも、花を贈るのが楽しみでした。いつもピンク系が良いか黄色やオレンジ系が良いか悩むのですが、今回はピンク系で。

すると、今日、驚いたことに母から手紙が届きました。字はしっかりしており、気持ちが直接伝わってきます。コロナのせいで人に会えず、寂しい思いをしている。

世の中に、自分と似たような境遇の方々は何千といると思います。ワクチン接種なのか、ワクチン接種証明なのか分かりませんが、どのような形でも良いので、安全に高齢者や基礎疾患のある方々に会える状況が戻って欲しいですね。

それでも過ぎていく時間は戻らないので、限られた条件の中ではあるけれども、今できることを考えて、行動してみようと思います。
ブレーキングニュース、アップしました:2つのPIF協定、フィジー [2021年03月18日(Thu)]

太平洋諸島フォーラム(PIF)の法的根拠となる2つの協定に関する記事です。

ブレーキングニュースのフロントページはこちら。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/


今回の記事はこちらになります。
https://www.spf.org/pacific-islands/breaking_news/20210224-1.html

調べるうちに、自分が直接関わってきた部分を思い出したり、新たな発見があったりで興味が湧き、時間がかかってしまいました。

コメントでは、2つの協定、当時のフィジーの動き、フィジーとPIFの関係なども書きましたが、2007年〜2008年以降のリーマンショック、食料価格危機、石油価格高騰については抜かしてしまったことに今気づきました。関心のあるかたは、書き加えてみてください。

次回こそは、短いコメントにしたいと思います。
| 次へ