• もっと見る

« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
マーシャル:8/16 午後3時現在のコロナ感染者数 [2022年08月17日(Wed)]

現在、ミクロネシア連邦に続き、マーシャルで新型コロナウイルスの感染爆発が起こっています。両国では第一波であり、住民には我々の2年前の感覚に近いものがあると思います。ただし、オミクロン株であるため、デルタほど重症化率は高くはなく、外から見れば、ウイルスが弱まるまで2年半、良く粘ったといえるのではないでしょうか。ワクチン接種率は9割を超えているパラオよりも2割程度落ちますが、米国の支援でファイザー製のものが十分に行きわたっています(接種するかしないかは個々人の判断)。

世界がウィズコロナに向かう中、遅かれ早かれ両国は新型コロナウイルスが国内に入るはずであったため、いずれ通らなければならない道だったという見方もあると思いますが、残念ながら犠牲者も出ています。14日にはミクロネシア連邦のジョージ副大統領が逝去されました。

マーシャルには多くの知人、友人、その家族がいるため、誰に連絡すればよいのか迷います。また、状況が悪ければ大変だし、支援したくとも何もできないことは分かっているので、気持ちだけでも伝わる相手を選びました。

今朝、連絡があり、その家族(5名ほど)全員風邪のような症状があり、コロナ陽性だとのこと。その友人は陽性判明から1週間経ち、大分回復してきたようで、冗談が言えるくらいの状況でした。

何とか犠牲を最低限に抑え、ウィズコロナの世界に合流し、人の往来ができるようになればと思います(ミクロネシア連邦は8/1に国境封鎖解除、マーシャルは10/1に解除予定とのこと)。

ワクチン接種もソロモンよりは高く、パラオよりは低いので、それが致死率にどれだけ影響するのか気になるところでもありますが、パラオや他の島嶼国の例を見れば、大体1〜2カ月でピークアウトしています。両国では初めての経験であるため、住民がパニックにならないように為政者は落ち着いた態度を示しています。

パラオを見れば、1月〜3月の第1波の時には、住民の間にパニックになりかねない雰囲気や疑心暗鬼がありましたが、今ではコロナへの恐怖心はなく、自信をもって落ち着いて対応しています。ミクロネシア連邦もマーシャルも、今はつらい時期ですが、その先には新たな社会が待っていると思います。何とか無事、乗り越えて欲しいと思います。

※マーシャルの8/16 午後3時現在の累積感染者数は、全国 5468人、新規1391人、死者6人(マジュロ 4764人、998人、5人)。離島に広がると軽症でも治療ができないのが心配です。