CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
横浜! [2022年06月13日(Mon)]

今日は佐野元春のライブのため、横浜に来ました。もちろん日帰りです。
306BEAAB-1BD5-43AB-AF8C-FAE1741F43AF.jpeg

8B560EEF-5C59-4421-9DD2-987FBD4879A1.jpeg

実は昨日、勘違いで横浜に来てしまい、黒崎さんとの約束を破るところでした。会場に入ろうとして、チケットが翌日のだと気づき、慌てて帰ったという…。

佐野元春は中学生の時に聴き始め、中学〜高校のあたりがヴィジターズの後、カフェボヘミア〜ナポレオンフィッシュの頃。多感で単純だった10代の自分は(単純なところは今も変わらないが)、佐野元春に影響を受けて、国際社会に興味を持つようになりました。いつか世界を見てやろうと、飛行機に乗ったこともない茨城の日立という町にいた少年はそっと呟いていました。

主流派よりもオルタナティブな方に心惹かれたり、捻くれているところもその影響かもしれない。

横浜での佐野元春のライブを観に行ったのは、6年ぶりくらいか。横浜は特別で、歩きながらあの曲が頭に流れ、何年もライブで聴いてないけど「今日演奏してくれないかな」と思っていたら、演奏してくれました。

水は汚いけど、潮風を感じ、いつか行ったNYのマンハッタンブリッジの辺りを思い出しました。

コロナ、戦争、経済と問題が山積みのこの時代、あらゆる情勢が繋がっています。


2020年5月に、査読なしの論考を掲載したことがあります。


当時から、世界情勢と太平洋島嶼地域情勢の転換点といった空気感があり、地域情勢の基礎を一度冷静にまとめて残さなければという焦燥感の中、反対の手を遮って出したものです。

これがのちに、
海洋白書2022の私の執筆部分(査読あり)第4章第2節https://www.spf.org/opri/projects/wp_2022_jp.html
Breaking News From The Pacific Islands
クロシオブエブエナート
に発展しました。

批判もあるでしょうが、誰かがバイアスなしに情勢を分析し、情報を出しておくことが大切だと思っています。

続けられるだけ続けて情報を残していき、いつか次の世代の人たちに、自分を踏み台にして、国のためにさらに質を高めて、実効性を高めて欲しいと願っています。
| 次へ