CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
駐日トンガ大使館フェースブックから [2022年01月18日(Tue)]

先ほど、駐日トンガ大使館がフェースブックページにて、本国からの最初のメディアリリースを掲載しました。現地豪州大使館が発信を支援したようです。



位置関係としては、首都があるトンガタプ島を中心に見ると、すぐ南東にエウア島、北北東方向に島が連なっており、トンガタプから60〜100キロの当たりにハアパイ諸島(Ha'apai Group)が広がり、トンガタプから150〜200キロの当たりにババウ諸島(Vava'u Group)が広がっています。

フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイは、トンガタプの北西部65キロほどのところに位置し、同心円上で見れば、トンガタプとハアパイ諸島の特に西側の島々が大きな被害を受けているようです。

トンガタプ島、エウア島、ハアパイ諸島の西部に津波が襲い、最大15メートルに達したとのこと。

トンガ政府の国家災害管理委員会(NEMC) が噴火後すぐに設置され、初期対応を詰め、現在もNEMCを中心に緊急支援を行なっている。昨日月曜には、トンガ海軍の警備艇もハアパイ諸島に向かい、緊急物資を届けるとともに、被害状況の調査を実施している模様。

通信環境については報道のとおり、海底ケーブルが損傷を受け、離島との通信は衛星電話と無線のみ。

ハアパイ諸島西部で火山に最も近い位置にあるマンゴー島では、すべての家屋全壊、近隣のフォノイフア島では2件を除き全壊、ノムカ島では甚大な被害。

トンガタプ島西部では21棟が全壊、35棟が甚大な被害。中央では8棟全壊、20棟が甚大な被害。エウア島では2棟全壊、45棟が甚大な被害。

これまで3名の死亡が確認されており、うち1名は報道されている英国人女性。

家屋が被害に遭った人々は、各地の避難所に避難している状況。


-----
現在の課題は、飲料水、食料、通信環境。これに加え、詳細な被害状況の確認、人的被害も完全に把握できてはいないと思われます。

また、今回のリリースで、特に被害が大きいのは、噴火した海底火山から半径80キロほどの範囲で大きな被害が発生していることが読み取れます。対象が少しずつ絞られていき、優先度も決まっていきます。

トンガタプ島内やエウア島に関しては、空港に着陸できるようになれば、対応しやすいですが、ハアパイ諸島に広がる小島嶼部への支援はアクセスに時間がかかるため、大変なところだと思います。

まだ1〜2週間先ですが、応急段階が終われば、トンガ政府の優先度による復興計画をもとに、開発パートナーと国際社会は支援を行うと思います。民間の方では、その全体の優先度に合わせる方法と、優先度から漏れた対象に合わせる2つの考え方が出てくると思います。

そんなことはまだ良いので、まずは被害状況の把握と、被災者の命を優先し、支援を続けて欲しいと思います。

日本も今日、岸田総理からトンガのトンガのソバレニ首相にお見舞いのメッセージが出され、現地日本大使館およびJICAの皆さんが情報収集と支援のための調整を行っている状況だと思います。頑張ってください。
パラオ 1/18 [2022年01月18日(Tue)]

今日のところ、パラオでは、感染者との接触者を追跡する意味もあり、今週いっぱい学校閉鎖、また、検査キットのストックが底をついてきたため、症状のある人のみPCR検査を実施しているとのこと。

一方、今週、検査キットが1万個ほど届くそうで、数日は持ちそう。十分な数の検査キットが届けば、市中感染の動向を掴めると期待しているようです。

しかし、デルタも早かったと思いますが、オミクロン株だとするとさらに早いはずで、上記対応がどこまで有効かわかりません。接触者の追跡をしているうちに、どんどん伝染していってしまうのではないか。

国民全員が2週間、人との接触を断ち、移動しないのであれば、収束に向かうと思いますが、現実的ではないでしょう。その面では、学校閉鎖は何割か効果があるのでしょう。

友人には、高齢者と基礎疾患のある人に対しては特にケアした方が良いこと、室内の乾燥を避けること、あとは注意しつつも恐れすぎないようにと伝えています。

彼らはアウトブレイクと言いますが、まだ第一段階で、感染爆発の入り口のように思われます。感染爆発に至らないように、至ったとしてもなだらかな山になるように当局者には頑張って欲しいところです。
トンガ RNZ報道等 [2022年01月18日(Tue)]

NZ軍、豪州軍の哨戒機がトンガ上空から情報収集を行った他、UNOSATが衛星画像と分析を出し始めています。情報が集約されているのは1つはreliefweb.

https://reliefweb.int/disaster/vo-2022-000005-ton

ここで情報がアップデートされていきます。

画像を見ると、非常に大きな被害を受けているようです、津波により沿岸部の地形が変化しているところもあるようです。火山灰も灰ではなく、細かなガラス質の粒子なので、厄介なはずです。

今日のRNZのニュース。
https://www.rnz.co.nz/news/world/459784/tongan-govt-confirms-all-homes-on-mango-destroyed-fears-death-toll-to-rise

フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ(その陸地の多くが消えている)近隣の島では、予想以上に厳しい。国際社会が結束して対応すべき事態だと思います。長期間にわたる支援と関心が必要になるでしょう。

まずは、NZ、豪州の支援が上手くいくよう祈る。そして、2週間後、1カ月後以降に更なる支援が必要になるはずなので、我々はそれに備えていきましょう。

以前、トンガでサイクロン災害が発生した際には、ウエスタンユニオンが義援金を手数料なしで送付してくれていました。受け手がはっきりし、通信環境や現地状況が大丈夫であればそれも一つの方法になると思います。

あとは、先ほどTiktokを見ていたところ、フェイクと思われる動画が出ていました。フェイク画像、フェイク動画、よくわからない個人や団体の寄付受付には気をつけたほうが良い状況になってきているようです。
トンガ 災害対応2 [2022年01月18日(Tue)]

よく知る土地で災害が起こると、何かできることはないかと思いながらも何もできず、忸怩たる思いを抱きながら自分は日常生活を送る、ということが多いかと思います。


これまで職務上、いくつかの島嶼国の災害対応に関わったことがありますが、昨日も書きましたが、災害対応には「初動」、「応急」、「復旧」と段階があり、いずれもプロが関わります。

特に「初動」と「応急」はプロの世界。自分のような素人が出る枠はなく、いつか来るであろう貢献できるタイミングに備えるということになります。

援助もすればいいというわけではなく、現地のニーズや管理できるキャパシティに即したものでなければ、かえって現地の負担になります。

例えば、あるメラネシアの国では、サイクロン災害で大変だということで世界中から物が送られたものの、洗っていない古着だとか、スキーウェアが送られたこともありました。

あるミクロネシアの国では、食糧が不足しそうだということで大量の米が一度に送られたものの、味に問題があり消費が進まないこともあり、大量の在庫を抱えました。しかし食べ物を捨てるわけにはいかず、コンテナーで保存しましたが暑い国なのでエアコンをつけ続けなければならず、電気代が非常に大きな負担になりました。

いくつかの現地災害管理局長との話でも、善意は有難いが、彼らの管理体制があるので、災害時には冷静に時期を待って適切な支援をお願いしたいとの話もありました。物が現地に届いても、人員の限られている国でもあり、優先度の低い物資については分配ができません。

義援金についても、民間機関経由、政府経由、などいくつかの方法が作られると思いますが、それがどういったルートで何に使われるかなど明確になるまで待った方が良いでしょう。場合によっては、現地でおかしな問題に発展しかねません。

トンガについては、昨日、NZ軍と豪州軍が飛行機を飛ばし情報収集をしました。今後追加情報収集と共に分析、災害評価がなされます。NZメディアやUNOCHAのウェブサイトなどで航空写真やマップなどと共に適宜公表されるようになるでしょう。

現在、火山灰の影響などで水と食糧が不足するとの報道もありますが、当面、2週間程度はNZ、豪州を中心として、日本を含め支援が行われるはずです。

「応急」から「復旧」の段階からは、生活回復のための支援が必要になり、そこで民間の資金が有効になるでしょう。

今日の報道で「中国が〜」というのがありましたが、トンガは当時の国王主導で1998年に台湾から中国に切り替え、翌年に軍の協力協定を結び、20年以上にわたる密接な関係があります。気持ちはわかりますが、今に始まったことではありません。そこは冷静に見たほうがいいでしょう。

債務の罠というのも、2006年の民主化暴動による市内焼き討ち事件からの復旧への支援を求めて先進国が拒否したので中国がなんとかローンを出したという経緯があります。トンガ(当時は王室と政府が密接)の方からお金を取りに行ったというところ。利率もLIBORを元に設定して1.75%くらいで、管理費含め年3.75%払っていたと思います。トンガは何度か支払い先延ばしを得ていますが、元本は減らないので、管理費と利子の支払いですでに元本の3割ほど支払ったことになっています。

勝ち負けではなく、それぞれの得意分野で、現地のニーズとキャパシティにあった適切な支援をすべきだと思います。

人的被害はあまり伝わってきていませんが、トンガのトンガタプ以外の島の状況が分からず、おそらく西岸は津波の影響があったでしょうから、これから明らかになっていくのでしょう。

いずれトンガ大使が本国政府から被害の正式評価とニーズ、義援金基金などの情報を得て、一般に伝えていただけると思います。

自分は、その時まで、お金を貯めておこうと思います。
| 次へ