CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
作戦会議 [2021年01月08日(Fri)]

あまり途中の過程を見せたくはないのですが、今日はまた別のパラオの友人と建設的な話し合いができたので、ちょっとだけ書いてみます。

パラオでは9月に大統領予備選、11月に本選がありました。上下両院の議会選もです。友人たちがそらぞれ直接的にも間接的にも選挙に関わってしまっているため、毎回のことですが、選挙のある年には、8月から11月いっぱいは目立つ動きをしないようにし、12月は中旬から現地でクリスマス休暇が始まるために、こちら側として真剣に相談できるのが、1月第2週頃からになります。

一番心配なのは、現地の人々の経済状況で、特に我々も関わってきている観光産業の動向が大変気になっています。現地がコロナフリーを維持しなければならず、観光のことなど考えられずにシュンとしているときに、ウィズコロナになれてきた日本人が呑気に観光の話をしても響かないし、タイミングを図っていました。

これは勘でしかありませんが、今、良い感じだと思われたので、とんとんとミーティングが設定され、実施となりました。

あちこちでウェビナーができるようになり、コロナ前よりもセミナーを実施するための敷居が低くなったように思います。それはそれで良いのでしょうが、いろいろなウェビナーを覗いていると、次第に、「それで?」「具体的に何が変わるのか?」「どのような行動を起こすんだ?」などを疑問に思うものも目立つようになり、ただ人の考えを聞くようなものでは自分には響かないと感じるようになりました。

今日、彼らと話していて、「そうそう、これこれ」と忘れていた感覚を少し思い出すことができました。中身は書きませんが、離れていても同じ方向を向いていることがわかったし、今でも彼らの気概とアイデアと、変わらない。こう、お互いに頭に浮かんでくるイメージを共有すると、それを汲み取ってアイデアが出てきたり、像が固まっていったりする、この感覚が大事なんだと、久しぶりに思い出しました。壁打ちではなく、キャッチボールができる関係。

BCET MTG 20210108.jpg

今日、話していて改めてわかったことは、パラオの人たちは凄い。コロナについて臆病に守りに入っているのではなく、如何にこの状況でうまく観光を再開できるのかを議論し、研修やレギュレーション整備を進めています。

今日、彼らと話したことで、自分の方もアイデアが広がり、自信も戻ってきました。

どこまでできるか分かりませんが、現地に入らずに、どこまでできるのか。
これまで積み上げてきた持続可能な観光の実現に向けた機運を再活性化できるのか。
火を消さないように。
| 次へ