CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
何という1日なのか。 [2021年01月07日(Thu)]

今日の東京の新型コロナ感染者数2400人超とは。インパクトが大きい。感覚的には感染爆発の方に一線を越えてしまったのではないかと、正直びびります。

2週間前の人の動向が反映されているということであれば、今日から人の動きがある程度抑えられれば、2週間後には減少に転じるのかどうか。寒いとウイルスの活性時間が伸びるということなので、感染拡大傾向を反転させるには、単純に考えても、本当は人の動きや接触を2週間止めないと効果が出にくいのだろうと思います。

現実的には、島嶼国のように、コロナフリーにすることは不可能なので、日本の場合は、基準は医療崩壊を避けることなのだと思います。

果たして、終着点はあるのでしょうか。。。ワクチンもそうですが、治療薬があれば変わるのでしょうか。

今年のダボス会議ではグレートリセットがキーワードとなるといった記事が目につきますが、新型コロナと生きる社会は、ウイルスがある人ない人、ワクチンを受けた人と受けてない人の区別と位置がわかるような社会に向かうのかもしれないですね。

今、書いていて思いましたが、自分が生活していた頃のマーシャルでは、自分がどこで何をしているかが、全て筒抜けで、管理ではないですが見られている、プライバシーのあまりない社会でした。物はTシャツも含めてすぐシェアされるし。孤独が好きで、検閲や管理されることが嫌いな自分としては、あのような社会はストレスが蓄積していきます。

時代の要請で、その方向に移るんでしょうね。バイデン元副大統領が正式に議会で次期大統領として承認されたので、アメリカも今後管理が進むのでしょう。良い面としては、オールブルーとなるので、オバマ政権の2期目とは異なり、スムーズにものが進みそうというところ。

オバマ政権の2期目の時は、議会がねじれていた影響で、例えば、当時、駐フィジー大使が議会で承認されず、次席が臨時代理大使を結構長く務めていました。外交的にはマイナスだったと思います。

コロナについては、感染し、発症したとして、不可逆的に急に重症化するのが怖いです。家に1人でいる中で、坂道を転げ落ちるように症状が悪化してしまったら。

やはり感染を避けることと、感染するときに備えて免疫力を落とさないことが大切。それぞれ抱えているものや制約が異なりますが、これから1カ月、心身のストレス軽減、適度な運動、栄養、そして睡眠と休息を意識したいところですね。
| 次へ