CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
2000年ブッシュ対ゴアのとき [2020年11月08日(Sun)]

ネットでは、予想どおり、トランプ大統領は潔く敗北を認めるべきだ、往生際が悪いとのコメントが目につきます。ブッシュ対ゴアのときは、ゴア元副大統領は潔く負けを認めていたというのもありました。
もっとグダグダしていた記憶があり、ウィキペディアですが、読んでみるとそんなことはない。

当時はフロリダ州を取った方が勝ちと、本当にギリギリだったため、今回とは状況が違いますが、わずか千数百票の差で、一度ブッシュ候補が勝ち、それを受けて、ゴア候補はブッシュ候補に負けを認める電話をしたとのこと。しかし、僅差であるため数え直しができるということで、その電話を取り消したとあります。

その後、法廷闘争になり、12月中旬に連邦最高裁判決が出て、ゴア候補はここで正式に敗北宣言をしたようです。

粘るだけの僅差だったと言えると思いますが、一度負けを認め、取り消すということをしてしまったことは本意ではなかったのではないかと思います。

今回の選挙は、もうバイデン候補勝利の流れができているし、勝敗に直接関わる州が1つというわけではないので、2000年当時とは状況が違います。一方、トランプ大統領側は嫌われていると言われつつも、結果はランドスライドではないし、納得いかない情報も入っているのでしょう。

もう、裸の王様だろうが、何だろうが、恥をかこうが、とことんまでやってほしい気もします。今のままだと、次の政権下でモヤモヤと分断が続いてしまうように感じます。

とことんまでやって、完全に負けを認めるなら認める、本当におかしなことがあるなら徹底的に明らかにする。そうしてくれると、両陣営ともスッキリするでしょう。
米国大統領選5 [2020年11月08日(Sun)]

主要メディアがバイデン候補勝利を報じました。ニュージーランドのアーダーン首相もツイッターで祝辞を述べています。気候変動に強い懸念を持ち、即時対応が必要としている方々の多くが喜んでいるのかもしれません。
SNSで島嶼国をざっと見ると、環境系の方々はこれを支持、軍関係・安全保障関係の方々は複雑な感情があるように感じられます。

20年前のブッシュ対ゴアの戦いの時の報道はどうだったでしょうか。フロリダ州が正式に確定しないうちに、「勝利」と言い切っていたのかどうか。パッと見た限りでは日経は客観的に報じているようでした。

おそらく法廷闘争に移るでしょうし、多くはこれを「悪あがき」と報じるでしょう。法廷闘争といってもいくつかポイントがあるように見えます。再集計なのか、投票用紙の有効性なのか、選挙監視体制の問題=開票の有効性なのか。いずれの場合でも、証拠がなければ裁判所は受け付けないでしょうし、証拠になろうるものがあるのであれば実際に法廷闘争となるのでしょう。これは途中経過をとやかく言っても意味がないので、静観していればいいと思います。

1つ驚いたのは議会選の方です。選挙前は上院も下院も民主党が議席を伸ばし、圧倒的に過半数を占めると言った予測があったし、バイデン候補の圧倒的な得票数を聞くとその通りになるものと思っていました。しかし、下院は民主党が過半数を維持するのは確実のようですが、改選前に比べて共和党の方が議席を伸ばしているとのこと。上院はどちらに転ぶかわからないようですが、選挙前の印象と比べて共和党が粘っているように見えます。

このままバイデン・ハリス政権が誕生し、第3期オバマ政権のように当時の人が政権に戻るという話も出ているようですが、3〜4カ月の蜜月期間を過ぎてから、民主党そのもの(特に議会)が結束を保てるのかどうか興味深いところです。

現実的なコロナ対策(保健医療だけでなく経済も含む)や、コロナによる準有事下でグリーンニューディールのような大きな社会変革を進められるのか(日々の生活が大変な時に、住民は環境系の対策を受け入れるのか)。

今は、とりあえずトランプ大統領を引き摺り下ろすという一点で結束していたものが、いずれシビアな現実に気づくことになります。そのとき、共通の敵であったトランプ大統領はおらず、責任転嫁できません。

将来の社会の教科書は、かなり分厚くなりそうです。
| 次へ