CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
マーシャル国境検疫で初のコロナ感染者判明(2名) [2020年10月29日(Thu)]

ハワイからマーシャル諸島クワジェリンに到着したマーシャル国民2名が新型コロナ陽性と判明したとのこと。政府フェースブック

PCR検査ではなく、抗体検査の結果とのことで、1名は既に7月にコロナに感染していたとのことで、現状が再び感染し、他者に感染を広げる可能性があるのかどうか確認中、もう1名は感染歴がないため、確定作業中のようです。

ソロモン諸島でも在留国民の帰国で感染者が見つかっていますが、各島嶼国では今後もぽつぽつと国境検疫で感染者が判明するのだろうと思います。

蚊を媒介して感染が広がるデング熱の場合でも流行が収まるのに年単位の時間を要し、時折インフルエンザが流行するマーシャルの場合は、一旦コロナが国内に入り、市中感染が始まり、流行すれば、制圧にかなり苦労するかもしれません。

水際対策が重要な段階にあると言えるでしょう。
| 次へ