CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
国連安保理ブリーフィングで、気候変動と安全保障 [2020年08月18日(Tue)]

懐かしい名前がニュースに出ていました。

ニウエ出身のコーラル・パシシさんです。前職で現地に赴任後、PIF事務局とのさまざまな意見交換の際にお世話になりました。聡明さと共に、きれいな目が印象に残っています。現在はSPCに務めているようです。

そのコーラルさんが、先月、国連安保理ブリーフィングで、安全保障上の脅威としての気候変動について説明していました。

https://youtu.be/_ji8n8zZpc0

それに対し、今日のニュースでは中国が「気候変動と安全保障に関連がない」と発言したとありました。持続可能な開発上の問題であると。

https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/423759/china-undermines-pacific-push-for-climate-security

国連安保理における安全保障の定義と、小島嶼国が考える安全保障の定義が一致していないことが背景にあると思いますが、おそらく島嶼国側はそれを承知で打ち込んだものと思います。

中国の発言も、本来の安全保障に関係してきた方々から見れば、何らおかしなものではないと思えるでしょう。スーダンやリビアの話と気候変動を同列に扱うのは違和感があると思います。

しかし、このコロナ禍にあり、従来の安全保障上の情勢が変化しつつある中においても、太平洋島嶼国にとっては「気候変動」がかなりセンシティブな言葉であるようです。
思い出したこと。 [2020年08月18日(Tue)]

安倍首相のニュースを見て、思い出したことがあります。


2014年ごろ、あるイベントに関して、数週間チームの一員として裏方の仕事をしていました。チームの方々は、エリートが多いにもかかわらず、体育会系で、寝ずに人参を齧りながらガツガツと取り組んでいました。年齢は上の方も若い方もいましたが、その様子を見て、「自分とはあらゆる面でレベルが違う」、「このような方々の下で仕事ができたら」などと思ったものです。

そんなあるとき、第一次安倍政権時代に仕事をしていた経験のある数名の方が、「口には出されなかったが、あの時は、本当に命がけだったと思う。」、「それが分かっていたので、我々もそれ以上に必死に取り組んだ。」、「今回も、総理が身を削るように、このイベントのために取り組んでいることが分かっている」、「我々は誰も口にしないが、総理の強い決意を感じており、必ず成功させようと、士気が高い。」と話していました。それを聞いて、自分も熱くなったということがありました。

あれから6年経ちました。皆さん元気にされてるだろうか。いや、元気なはずです。
| 次へ