CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
米国台湾関係法(Taiwan Relations Act)など [2020年07月15日(Wed)]

香港の件を受け、次は台湾だという見方がネット上で散見されます。

香港とは異なり、米国と台湾との関係では、台湾関係法(Taiwan Relations Act、https://photos.state.gov/libraries/ait-taiwan/171414/ait-pages/tra_e.pdf)があります。

これまで同法は、単なる法律と思っていましたが、よく読むと自由連合国のコンパクトとまではいきませんが、台湾の安全保障は米国の重大な関心事項であり、台湾の安全保障が脅かされた場合には米国がこれに対抗する能力を維持するとされています。

この法律自体、1979年1月1日に米国が中華人民共和国を国家承認したことを受け、台湾を国と同等に扱い外交関係を維持するために作られたもののようです。


そもそも台湾は1895年の下関条約に基づき日本が統治していましたが、太平洋戦争の結果、他の日本領と同様に、連合国側が統治することとなり、台湾については中華民国が連合国を代表して統治したという経緯があるようです。この1945年から1950年代初頭までの戦後処理については、知らないことが多いので、折をみてよく勉強しようと思います。


この経緯を見ても、台湾と香港は、米国にとって位置づけが異なることが分かります。
微かな光が [2020年07月15日(Wed)]

ときどきホリー・コールのコーリング・ユー、ノラ・ジョーンズのサンライズが聴きたくなります。今日もそんな気分。

ここからヴァン・モリソンのキャラバン、CSN&YのOur Houseに入ると抜け出せなくなるので、良いところで切り上げて、っと。

ああカーティス・メイフィールドのThe Makings of You ライブ版とWe’re a Winner ライブ版も追加で。

今日はパラオの友人らと簡単にキーワードのキャッチボール、台湾の友人からも久しぶりに連絡があり、共に生存確認。長いトンネルの先に針の穴ほどの白い点が見える。

ニュース(7/14付Radio New Zealand https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/421101/french-polynesia-launches-online-system-for-arriving-travellers)によれば、タヒチ(仏ポリ)はパリとの航空便を再開し、15日にはロスとの航路を再開するそうです。出発3日前までにPCR検査で陰性証明が必要で、入国時には各乗客に検査キットを渡して各自が自分で検査する体制をとるとのこと。

基本的には、コロナウィルスが入ってくることを想定した対応なのだと思います。この点で、やはり仏ポリはフランス。コロナフリーを維持しなければならない他の太平洋島嶼国とは異なるなあとの印象。

今日は令和2年版防衛白書(https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/)。2018年以来、太平洋島嶼国との関わりが強化されていることがわかります。頭が下がります。

これだけの方々が関与していることを考えると、いいかげんなことは言えません。注意しないと。


ああカーティス・メイフィールドPeople Get Readyが流れてきた。最後はジャミロクワイのHalf the Manで。
| 次へ