CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
トンガのトゥイバカノ元首相に有罪判決(1) [2020年03月10日(Tue)]

3/9、2010年12月から4年間にわたり首相を務め、2015年1月から3年間国会議長であったトンガのトゥイバカノ卿に対する裁判があり、有罪となったとの報道がありました。

https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/411347/former-tongan-pm-found-guilty-of-3-charges


罪状は、パスポート取得のための虚偽の申告、偽証、ライセンス無しの銃弾の所持の3件です。2015年に問題が明らかになった際には、中国人に対するトンガパスポートの不正発給、収賄など9つの容疑が挙げられていましたが、王室の権限で中国人へのパスポートや収賄に6件の容疑については、裁判の前、取り下げられました。

https://matangitonga.to/2020/03/06/crown-drops-six-charges-against-tuivakano(3/6付)

良い機会なので、2〜3回に分けて、背景など紹介したいと思います。

世界経済、、、。 [2020年03月10日(Tue)]

これを書いているのは3/10の午前1時ごろです。

母親の誕生日には、毎年、花束とケーキを抱えて帰っていたのですが、今年はコロナを持ち込むリスクがあるので断念しました。花を贈るだけ。いつの間にか小さくなってしまった母にあと何回会えるのかなあなどと考えてみたり。


さて、昨晩、米国ダウ平均が一時ストップの2000ドル安とのニュースがありました。恐怖指数も一時60を超えました。

恐怖指数についてググっていただくと、50を超えることがあまりなく、今回はリーマンショック級あるいはリーマンを超える可能性もあるかもしれません。

信託基金を設置し、その運用益を政府歳入の一部としていたり、将来や財政危機の場合に備えている国は(マーシャルについては核賠償を受けている4つの州も)、ツバル、キリバス、マーシャル、ミクロネシア連邦、パラオ。基金の規模は200億円台から600億円台まで国により異なります。(*先日400百万米ドルと書いたミクロネシア連邦については、最近のニュースで280百万とありました。コンパクトの中に想定として400とあったのかもしれません)

世界経済の下降が一時的であれば良いですが、長引けば、マイナス運用、元本割れの恐れもあります。


今は武漢ウィルスショックに対する反応ですが、レバノンのケースは異なるでしょうが、いくつかの国でこれまでギリギリやりくりしてきたものが弾けてしまうのではないかと心配です。

いくつかの国では、デフォルトが起こる可能性や、昨年来心配されていた欧州の某D銀行が耐えられるか。

英国がEUから離脱したことが正しいタイミングだったのかも。あるいはシグナルだったか。


リーマンショックの時には、なんやかんやで中国経済が世界経済を支えました。

今回については、特定の国が支えるイメージがつきません。同じ価値観を有する国々によるブロック経済体制が構築される可能性があるのではないか。その場合、サイバー分野の信頼性が要件の一つになるでしょうし、TPPの枠組みも活用されるのではないか。

まだ底が見えません。
| 次へ