CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
時間を稼ぐ [2020年03月07日(Sat)]

昔協力隊でザンビアに赴任していた時に、帰国した先輩隊員の話を人づてに聞くことがあり、例えば帰国した際に、アメーバ赤痢が見つかり、2週間隔離されたなどという話がありました。
アメーバ赤痢の場合は、当然空気感染等はなく飛沫感染もないので、感染のコントロールは可能です。


しかし、当然ながら、インフルエンザとか今回の新型コロナウィルスに関しては、そうはいきません。


自分は10年ほど小島嶼国で暮らし、社会経済を見てきたこともあり、社会を簡易化して理解する傾向があるので、そのような視点で考えてみます。

例えば、1人の感染者が通常の生活をしていく中で、1日に2人感染を広げ、その後その最初の人が他に感染させないという条件とすると、大体10日で感染者数が約1000倍になります。(*実際には感染者が翌日に感染を広げることはないので、こんなに早くはない)
(*ニュースを見ると、1人の感染者が数人〜数十人のクラスターを作ったり移動しながら感染を広げる形のようなので、実際の感染者増加モデルとは考え方が異なります。一つのハブからバッと感染者が広がり、少し時間を置いてそれらの新しい感染者が新たなハブになってバッと広げることが続いていくリスク)

そう考えると、感染拡大のペースを遅くするには、感情抜きに、人の動きを抑制することが効果的なのだという事は直感的に分かります。

これまでのところ、目安として14日間症状が出なければ、多くの場合感染していないことになり、感染している場合は、その機関に発症する人か自然回復するということです。

という事は、14日間、人の動きをいちど止めると、その時点で感染していない人が感染する可能性を大きく減らすことができ、既に感染している人に関しては8割が無症状もしくは自宅療養で回復、2割が病院に行くということになります。例外もあると思いますが。

そう考えると、この2週間動きを止めると言う事で、一旦混乱している状況を整えることができるばかりでなく、新たな感染者数の増加をなだらかにすることで、医療機関への負担を抑制でき、次の備えのための時間を確保することができます。

また無症状の人や自然回復する人たちがしっかりと抗体を持つことができ、抗体が自然に作られて、その抗体が長期にわたり有効で、2度感染しないということであれば、抗体を持つ人が増えていき、徐々に社会が回復していくのだと思います


今はとにかく、新規感染者の増加ペースを緩やかにし、今感染している人については、自覚の有無にかかわらず、他の人に感染を広げないことと、症状が出ている場合には回復に努めることが重要。

医療機関への負担抑制にも繋がり、重症者の回復可能性も高まりそうです。
新型コロナウィルスの名前 [2020年03月07日(Sat)]

新型コロナウィルスの名前に関して、WHOが中国に忖度しているとか、まぁいろいろな情報が流れて、特定の地名をつけずCOVID-19と名付けられ世界各国で文書に使用されています。
中国発じゃんと言うふうに、今は理解していますが、仮に中国で収束し、時間差で日本とか韓国とかヨーロッパ諸国とかアメリカで大流行した場合、どこから始まったのかが見えなくなることもあるのかもしれません。スペイン風邪が、本当はスペイン発ではなかったというように。

名称について、何かすっきりしないなぁと思っているところ、アメリカのポンペイを国務長官が「武漢コロナウィルス(Wuhan coronavirus)」や「武漢ウィルス(Wuhan virus)」と公に発言し、中国の初動対応に苦言を呈したというニュースが流れました。

テレビ朝日

米国CNBC

CNN


今後世界各国でどのような呼び方になるのか分かりませんが、アメリカ国内では通称として使われるようになるのかもしれませんね。
世界市場の動き(2020/3/6) [2020年03月07日(Sat)]

自分は株をやっていないので心は保っていますが、もし株をやっていたらと思うとおそらく寝られない日々が続いているでしょう。
先日の日銀総裁の発言で一旦下落からの反発が起こりましたが、木曜来、下げが下げを招いている状況なのかもしれません。

日経も下げましたが、下落率で見るとヨーロッパ諸国の下げ幅は3%台から4%台と大きくなっています。アメリカ市場も大きく下げている状況です。

恐怖指数も50近くまで上がっており、この週末に良い情報が出るかどうか。

新型コロナウィルスを見ると、イランの状況はかなり厳しいのではないかと思われます。1日で感染者数が1000人以上増えました。死者数も多い。

イタリアも厳しい状況に向かいつつあるように見えます。ドイツ、フランス、スペインでも感染者数の増加数が増えており、アメリカもすでに200人を超えているようです。

中国での感染者の増加数は100人台で落ち着いていますが、感染者の認定の仕方が変わったという話もあるようで、まだ収束傾向とは言えないのだろうと思います。

残念ながら、世界的にはやはりパンデミックに近づきつつあるのかもしれません。

台湾やアメリカの情報を見ると、新型インフルエンザとは異なり、安全保障上の観点から対応を進めているように見えます。

きっと遠からず収束する方向に向かうのだろうと根拠のない期待がありますが、時間差で、中東、ヨーロッパ、アメリカというふうに感染の流行が起こっていくと考えると、世界的な収束にはまだまだ時間がかかりそうです。

早く治療法が確立され、予防ワクチンが開発されることを祈るということでしょうか。

経済に関しては、社会経済モデルが変わる局面かもしれず、お金が社会でちゃんと回るものでないとなあ。
| 次へ