CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
地域機関か二国間か。 [2020年02月01日(Sat)]

地域機関に関係ない場合ですが、かつて日本は太平洋・島サミットで今後3年で500億円の支援をするとコミットしていました。日本は真面目に支援を続け、積み上げた結果、約束を十分に果たしていました。


しかし国単位で見ると、「A国は50億なのに自分のところは8億、500億とはなんだったのか。人口の差のためか。他の同規模の国は自分たちの何倍も支援を得ている。」との不満が出てきたり、そもそも地域へのコミットメントと、各国が得られるメリットについて説明がないという不満も生じたようです。


これは本来、各島嶼国よりも他の開発パートナーに対する宣言という意味合いが強いと思いますが、言われた島嶼国各国には、非常に多額の支援が投入されるとの期待をもたらした可能性があります。



次に地域機関に関してですが、地域機関は支配的で、各国との情報面での風通しが非常に悪いケースがあるようです。地域機関の事務局では、運営資金が大きいため、確保の優先度が高くなったりします。内容ではなく、事務局にどれだけお金が落ちるかが評価基準となっているように思える場合もあります。


例えば表向き気候変動や環境に関して洗練された主張がなされたとして、本当の目的はどこにあるのか精査すべきでしょう。先進国に気候変動資金を出せという。例えば先進国は100億円で各国の現場の危機改善をしたいと地域機関に持ちかける。すると何割かが地域機関の事務管理費として引かれます。なかなか必要なところに届かないのかもしれません。

情報の面ではどうか。例えば日本が地域機関を介して各国に情報を伝達する場合、地域機関がフィルターをかけたり、何か余計なものを加えて各国に伝えたり、情報を適したタイミングで伝達しなかったり、あるいは伝達しなかったりする恐れがあります。日本の外交に地域機関が関与していることになり、良いこととは思えません。


そのような地域機関が拠出金などにより他の開発パートナーの影響を受けている場合は尚更です。他の開発パートナーが日本と対立する国だったらどうなるのか。



地域機関が言う「地域主義」という言葉の真の意味も精査すべきかもしれません。その目的や各島嶼国の外交に与える影響など。


個人的な見立てになりますが、地域宣言は各国の政策に強い影響力を有するわけではなく、Agreementにまで持っていかないと力がありません。Agreementの場合、例えば地域機関は調整役になりますが、本来支配する立場ではありません。あくまでも各国首脳の合意内容や意思を実行するために働くのが事務局の役割です。彼らが各国首脳の意思を超えて支配的になることはおかしい。



そうすると日本が太平洋島嶼地域への影響力を高めたい場合、アプローチ方法は、日本が地域機関から国に落とすのではなく、日本が各国との二国間ベースでの丁寧な対話を積み重ねていき、支持が広がった後に、(必要であれば)地域合意を目指して行くとすべきかもしれません。


例えば、日本が自由で開かれたインド太平洋ビジョンへの支持拡大を目指すのであれば、地域機関からのアプローチではなく、二国間ベースで丁寧に積み上げる必要があるのでしょう。


このように考えて行くと、日本の国益を考えた場合、太平洋・島サミットの構造を改革すべき時が近づいているように思います。


太平洋・島サミットは1997年に日本・PIFサミットとして始まりました。PIFは太平洋諸島フォーラムという地域枠組みで、事務局はあくまでもそのフォーラムの事務局。事務局長は本来であれば各国首脳の上に立ちません。


太平洋島嶼国がまだ若く、豪・NZなどの考えに従順である時代には、これでよかったのでしょう。


しかし、今や同事務局は非常に多くの開発パートナーと関係があり、多くの拠出金を出している国の影響が強いとの疑念があります。(豪、NZは加盟国)


日本の優先度はあまり高くないようだし、日本という国に対して失礼じゃないかと思えることも、個人的にはあります。


島嶼国各国が力をつけ、PIFが変質してきた(ように見える)現状において、日本は強かに動く必要があるのではないか。


その場合、同フォーラムのメンバーである豪・NZの権威を落とさない配慮が求められます。


一つの段階として、日本とフォーラムメンバーのサミットとし、フォーラム事務局を外すのはどうか。日本側の事務的負担は増えますが、そのプロセスにより二国間ベースの関係は強化されます。


フォーラム事務局には、日本とフォーラムメンバー各国の首脳による合意内容・宣言を受け、その実現のために汗をかいてもらう。それが本来の彼らの役割です。


もしフォーラム事務局がごねるのであれば、事前に二国間ベースでいくつかの太平洋島嶼国の協力を取り付ければ良い。


日本は太平洋島嶼国とはもともと二国間関係を丁寧に築いてきているので、それは強みだと思います。



繰り返すと、
・PIF事務局は国の首脳の上に立つのではなく、首脳の意思をもとに動くのが本来の姿。
・日本と島嶼国間の外交に、他の開発パートナーの影響を持つ地域機関が介入するのはおかしい。
・豪NZへの配慮は必要。
太平洋島嶼国には太平洋諸島フォーラム事務局の立ち位置や事務的介入に不満を持つ国がある。
・日本はもともと太平洋島嶼国各国との二国間関係は良いはず。

マダラ模様になるかもしれませんが、面としての地域へのアプローチではなく、ドット(各島嶼国との二国間関係)から始め、小さな面を作り、やがて大きくする。一方、先進国間の面も構築して行く。

相変わらず切れが悪いですが、今後、この視点も頭に入れつつ、関係国と仕事ができればと思います。

CC11FA63-4205-4986-8E08-D9EBCDCD22F7.jpeg
国内最後のミッション [2020年02月01日(Sat)]

朝6時、いよいよ国内での最後のミッションが始まりました。(今回の一連のイベントの)
この後も、2月4日まで遠隔ミッションは続きます。皆さん、無事帰国されますように。

今回参加予定者は、国内憲法会議対応、独立記念式典対応、不測の事態(外交的には…)、サイクロン・ティノとその被害に伴う非常事態宣言、そして新型コロナウィルス対応で、5名もの変更が生じました。

サブというのは、発表内容や議論の中身、結果に関するもの。ロジはホテル、飛行機、その他の移動、渡航関連文書、日当謝金などに関するもの。サブロジはその間で、物事を円滑に進めるための繋ぎ役。最終的な手続きは同僚の方々に助けていただきましたが、一人で同時にしかも即時に対応しなければならないことが多く、本当にきつい状況でした。

変更が生じるとサブもロジも緊急にオントップの作業が生じます。プログラムのドラフト1つとっても変更、連絡と地味に大変。自分の体がもう一つあればとか、1日30時間あれば良いのにと。

7E0932C2-CF1D-4031-88B9-A15FB83F05F7.jpeg

今回の一連のイベント。このようにロジ、サブロジで消耗し、厳しい声も聞こえる中、それでもしぶとく個人として知りたかったことや、新たな発見がありました。泥に塗れながら指輪を見つけたようなもの。

本当に、ハッとなる気づきでした。今2020年なので、今後3年に関わるもの。これについては、もう少し勉強してからどこかで話していければと思います。

ここで共有できるものとしては、1つは先日も書きましたがグッドガバナンスの実現。単純化すると、

・先進国(日米豪NZなど)は、政策も手法も異なりますが、共通しているのはルールに基づく秩序の確保(自由と民主主義もある)。
・グッドガバナンス(透明性、説明責任、反腐敗含む)は、この先進国の根底にあるルールに基づく秩序実現の屋台骨となるもの。
・グッドガバナンスはもともと太平洋島嶼国各国や地域機関が支持しているものなので、これに関しては、各島嶼国も地域機関もノーとは言えない。
・島嶼国が信頼する国連機関もこの実現のためのプログラムを実施している。(議会改革や議員のスキルアップのプロジェクトなど、国の直接支援では難しい)


もう一つは、地域なのか国なのか。

自分たちもそうですが、人員が限られているなか、小さな国々14カ国とどう対応していくべきかという課題があります。それこそ単純な話(例えば国情報のアップデート)でさえ面倒。

そこで、島嶼国が従順で、地域機関が支配的でなく十分に機能しているのであれば、外部からは地域機関を事務局として信頼し、地域機関を通じれば各国に、例えば支援が届く、と考え、活用できます。

しかし、どうも実情は異なるようです。

長くなるので、一旦切ります。
地味に混乱が続く。 [2020年02月01日(Sat)]

一昨日、昨日と公開・非公開のイベントを開催しました。

毎回のことですが、自分が担当すると、ロジとサブロジが全体の業務の9割以上となり、なかなかサブの中身に入ることができません。準備ができない。外部のイベントだと議論の内容に集中できますが、主催側に回ると苦しい。

今回のようなイベントのやり方の一つは、事前にこちらでストーリーを作ってしまい、段取りも決めて、シナリオ通り進めてしまうというものですショーとしては良いし、参加される方もスッキリすると思います。

しかし、自分が現地や地域会議などで見てきた経験では、綺麗すぎる、整いすぎている場面では、本当の土臭い現場の感覚から離れ、きれいごとや理想に走りすぎる発表になることがあります。

それに、こちらが決め打ちしてしまったら、太平洋島嶼国のみんなが気を使い、バイアスのかかった話をしてしまうでしょう。

どこかで勉強してきたような綺麗な発表をされたって、現地では混沌としていたりします(悪い意味ではなく、彼らの理由がある)。そのため、きっちりしていると勘違いしてアプローチすると、ストレスが溜まるし、現地との相互理解が進まないということになりかねません。



疲労が半端ない中、今日もロジ上のミスが発生しました。変更もいくつも発生し、朝早くから、その場で、あるいは移動中に、いろいろな通信手段であちこちと調整。

今回のイベントでは、太平洋島嶼国からの皆さんは、現地でも少ない人員で回しているので、自分の状況も理解されやすく、ミスはあっても必死こいてやってることを感じとってくれたようです。このイベントまで関係の薄かった皆さんと、本音で話し、ジョークも言い合えるようになりました。

台湾からの訪問者にも、やはり実務レベルは苦労を共有できることもあり、温かい言葉をかけていただけました。

苦労を共有できると、一歩関係が深まるように思います。

トラブルに対応しつつもロジは進行していきます。ソコさんとフィジー大使館に行くと、たまたまマルタ騎士団のボッザト大使がいらっしゃいました。

3F464F63-5A41-4B32-AD52-26ED4D968247.jpeg

流れのままに合流し、4人で1時間ほど、一昨日、昨日のイベントについて、レビューと意見交換を行いました。カッティングエッジ・プラスプラス。

意義を汲み取っていただいていることが分かり、心が少し回復。
| 次へ