CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年11月 | Main | 2020年01月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
やっぱりマーシャルは、人。 [2019年12月10日(Tue)]

今回のマーシャル出張では、不思議とマーシャル語が自然に戻って来たこともあり、マーシャルの政治情勢に関する勘も戻って来たように思います。


日本にいながらの情報はかなり限られていますが、今回あった何人かの当事者から探ってみると、自分の分析の方向性は間違っておらず、詳細についても7〜8割見立てが正しいことを確認できました。あまりにも影響がありそうなデリケートな話なので、どこにも書くことが出来ず、誰とも共有する機会がないのが残念です。

10数年前、大使館で専門調査員をしていた時(当時は臨時代理大使、官房の2人だけが本官で、専門調査員の自分が公式化する前のあらゆる仕事をしていました)、政治の混乱が始まる前後、当事者の中に自分も巻き込まれていましたが、10年ぶりくらいに今回このタイミングで当事者に触ったのは、何か意味があるのかどうか。自分はさらなる混乱を招く疫病神か。


そういえば、先ほど、マーシャル大統領府が、下記の記事のリンクをフェースブック上に上げていました。


どういうことですかね、大統領府がこのような記事を広めるというのは。

マーシャルだけじゃなく日本も、いや日本はもっとひどい災害に見舞われています。財政は改善しているのに、マーシャル政府は国外で煽るだけ煽って、国内で自らしっかりと住民のために何か対策をしていたのか?

中台関係も書かれているけれど、9月に今の野党も含めて、超党派で台湾との国交維持を決議したんじゃなかったのか。今の政権側にも中国本土にこっそり行っている人がいるのを現地の人は知っている。

米国との関係で言えば、野党側にいるキャステンとかノート元大統領とか、あきらかに親米です。そもそも現政権が導入するとした暗号通貨は反米の動きではないのか。

そのほかにも、酷い話を聞きましたが、それが今回の選挙に反映されたのではないか。

現職大臣・側近を含めて、与党16人中5人が落選したことは国民の声ではないのか。


ま、そんなことは置いておいて、今回は協力隊の短期隊員やさらに短期で現地教員として教えていた元生徒の何人かに会う機会がありました。皆、30歳前後です。

1人は政府の大切なポストについていて、仕事の話をしました。

もう1人は運転手をお願いしたママリン。本名は違います。

3277EE5B-B252-45DA-8151-E7F311F14E50.jpeg

2003年9月に赴任した時、経験者の短期隊員だったので準備時間はなく、翌々日からマーシャル高校で授業を始めることになりましたが、その時からの長い繋がりです(途中6年くらい自分が音信不通してましたが)。今回会った他のみんなもたいていその時からの繋がりになります。

他には、滞在先のホテルのレストランのレジにポーリナがいたり、看護師をしているヘムリンに道端で会ったり(もう7年も看護師として活躍してる)。他にもレボンとかいましたが、キリがないのでやめておくとして。

現地の高1はグレード9で、日本で言う中学3年生にあたりますが、やっぱり人の基本的なキャラクターは変わらないことが分かります。

生徒、全部で400人は見て、特に最初の1年で受け持った250人超の生徒については濃い印象があり、ママリンと話すうちに、だんだん名前とそれぞれのエピソードを思い出して来ました。いつもペンを貸してと言って、返すときに上投げで返してたロジャーナとか。

担任だった30人ほどの生徒や欠席が増えて来た自分の授業を受けてる生徒については家庭訪問もしていたので(それまで誰も行っておらず学校と生徒がドライな関係だった)、その家もだんだん名前と共に思い出しました。(たいてい米国に移住してしまってるけれど)

子供の数とか、体型の変化の話とか、いろいろ面白かった。

今でも残念なのは、アルノ出身で寡黙だけれど正義感が強く、国内大会で前年の最下位から優勝した俺たちのバレーチーム(自分は監督)のメンバーだったアレックス・アンテン。5年ほど前、もうじき正式に看護師になるというときに、マジュロで乗っていた救急車両で事故に遭い、亡くなってしまいました。

昨年、癌で亡くなったしまった女の子もいる。また学年はママリンの1つ上ですが、国内大会で優勝したフットサルチームにいたモーリーンは、今骨髄腫で闘病していて、自分に会いたいと言ってくれていたのに、つい先日治療のため米国に移ってしまいました。フェースブックで連絡をくれましたが、本当に痩せ細ってしまい、しかしそれでも笑顔を見せてくれています。頑張れ、モーリーン。

マーシャルでは、あっちこっちで女の子に手を出す色男をカンマカレーレと呼びます。頭は良いのにヤンチャなあいつは、既婚者だけどまあモテるし、またマーシャルではあえて既婚者を狙う女性もおり、それに乗ってしまっているのか、なんやかんやで仕事をクビになっていました。能力が高いのに勿体ない。小学生のときにエボンから首都マジュロの親戚の家に預けられ、その家ではまともに子供として相手にしてもらえず、家庭環境にも問題があったのだと思う。授業の後、悔し涙を流していたのを覚えている。何とか人生挽回して欲しい。奥さんも元教え子で、悲しんでるようだ。

他にも、暴言を吐く牧師見習いとか、牧師とか、牧師と結婚した子とか、30歳以上年上の男性と結婚した子とか(しかも、その旦那さんは、今回の選挙で見事当選!)。

ドラマの中で生きているみたいです。


最後は生徒ではないですが、今年のミス・マーシャル・アイランズに偶然会いました。

FDBF9819-02A6-466D-9871-78E162118FE3.jpeg

先日、パプアニューギニアで行われたミス・パシフィックアイランズのコンテストの際、昔いろいろ助けて貰っていた現駐台湾大使のネイジョンさんから「投票して!」と連絡があり、(本当はミス・タヒチがいいなあと思いつつ、(いやニウエかトケラウかも))投票したので顔を覚えていました。実際に会ってみると、写真や映像より、何倍も魅力的でした。

ちなみにママリンの妹のララは、自分の記憶ではおしゃべりな7歳の小学生でしたが、今年ミス・ラエに選ばれていました。(背が伸びてる!というのとラエ!?というのと、ミス・ラエ!!というので、カッタル・チリック)

ちょっと孤立感と疲労で落ち込みがちでしたが、マーシャルにはまだ繋がりのある人たちがいるんだと分かり、心に色が戻って来ました。


米国に長く住んだマーシャルの人がマーシャルに戻るときの感覚が、ほんの少しだけ分かった気がします。
マーシャル 内向きと外向きと [2019年12月10日(Tue)]

今回のマーシャル滞在では、マーシャルにいながら、日本、フィジー、ナウル、マドリード、米国、ツバルなどにいる方々とメールベースですがやりとりを続けました。

通信環境に制約がありますが、繋がると速い!現在のパラオよりも感覚的には3倍速い。繋がれば、ですが。

これは、このような離島のような環境にあっても、あっという間に国際情勢、政府内にいて意識すればコアな情報に触れられるということを意味します。

しかも彼らは英語を使うので、その情報量も理解もメディアのトレンドについても、一般的な日本人よりも早くキャッチできるでしょう。


今回ちょっと感じたのは、気候変動、気候変動と対外的にかなり目立つ発言をし、住民はサバイバルのために危機と戦っているという話もメディアを通じて目にします。じゃあ、彼らは自分の国の中で、住民のためにどのような努力をしているのか。


本当にそこには対応しなければならない事象は起こっているのに、対外的にメッセージを出し、さまざまな支援やプロジェクトが行われるものの、そのもともとの事象に直面している人々にその効果が届いているのか。ということ。


以下は科学データに基づくものではなく、素人の考えとか耳にした話です。

10年前にもマーシャルの首都マジュロでは年に1〜2回高潮の被害が発生していました。

マジュロというのは、もともと小さな島が連なる環礁でしたが、戦前の日本、戦後の米国によりそれらが埋め立てなどで繋げられ、現在の形になっています。

近年のものは不明ですが、当時高潮の被害を受ける場所は、もともと小さな島と島を繋ぐ境目の浅瀬(サンゴ)だったところだったりして、もともとの海流がそこを突き抜けようとするパターンになってるのではないかと疑問を感じたものです。

これも10年以上前の話ですが、ロックアイランドのローラビーチについても、環礁のある部分を打ち抜いたこと(チャンネル。水路を作ったこと)でラグーン内の海流のパターンが変化し、砂の供給量が変化したり、海流のパターン変化により浸食が進んだりしてるのでは、という話もありました。長く住んでいた人の感覚のようでしたが。

地形を確認し、高潮被害、潮高などのデータを揃えて冷静な対策を立てる。それはおそらくコストが大きいので、それに基づいて開発パートナーに考えを共有し、協力を受けるようにすべきじゃないかと思います。してるのかもしれないですが。


これは単に参考として書きます。再生可能エネルギーについて。

2007年〜2008年に発生した、石油価格高騰、穀物価格高騰、リーマンショックを受け、マーシャルでは急激な物価上昇、信託基金からの運用益減少(原資縮小)、燃料費支払い急増(電力をディーゼル発電で賄っているため)による財政危機に直面しました。

それを背景に、燃料消費量の削減(電力関連支出の削減)と電力供給の安定化を目的として、太陽光発電や海洋温度差発電の話が出てきました。現実的だったのが太陽光発電。(この話をしていたのが、故トニー・デブルム元大臣、故ブルース・キチナー元外務次官(当時は次官補)、ハイネ大統領の旦那さんのトミー・キチナー氏(当時は資源開発次官)。当時のキャステン・ネムラ官房長官は、ディーゼル発電機の発電効率の良い機種へのアップグレードを求めていました。)

それが今では気候変動の話になっています。

彼らは安価で安定した電力を得たいのが本音でした。当時は。今は、ちょっと分かりません。
| 次へ