CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
日パラオ外交関係樹立25周年記念式典 [2019年11月13日(Wed)]

昨日、満月の夜、日パラオ外交関係樹立25周年記念式典が、パレスホテル東京で開催されました。
013D9E7E-C24E-4B5E-9527-969DE035C12D.jpeg

パラオ政府からはレメンゲサウ大統領、マツタロウ大使、マルッグ外務大臣、コシバ議員ら多数、日本政府からは安倍首相、茂木大臣、石原伸晃先生、園浦健太郎先生ほか、来日中のパニュエロ・ミクロネシア連邦大統領、また笹川日本財団会長・当財団名誉会長、田中会長、その他にも会場には大変多くの関係者が参加されていました。300人はいたのではないでしょうか。

日本とパラオの関係については、来年8月のアワー・オーシャン会議が大きなピークになるようですが、それまでにも日本のさまざまな機関・企業・有志の皆さんが、さまざまな活動をされるようです。

日本からパラオまでのヨットレースとこれを利用した海洋プラスチックゴミのデータ収集、パラオのロマン・トメトゥール国際空港(通称コロール空港ROR)ターミナル拡張工事竣工、スカイマークによる直行便就航。

直行便(定期便)については、これまで2011年ごろ〜2017年のデルタを除いてありませんでした。日本の航空会社としては初となります。(JALやANAチャーター便はあります。JALについては2012年ごろまでで、ピーク時には年間60便以上出ていたと思います)

地域密着型エコツアーは、来年1月には開始されると思います。

これらのピークを一時的なものではなく、機運として、両国関係が持続的に向上していくことを期待したいと思います。

その鍵は、若い世代の関係拡大のように思います。自分より上の世代の熱を、我々40代前後の世代がしっかりと受け継ぎ、若い世代にパスしなければなりません。


今回、嬉しい出来事は、ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領が出席されたことと、安倍首相がパニュエロ大統領について話されたことでした。日本とパラオだけでなく、日本とミクロネシア連邦の関係が深化されますように。


今回の式典では、圧倒されると同時に、パラオでの取り組みについて重い責任を感じました。

(そのせいか、今朝は恐ろしい夢で目が覚めた)
| 次へ