CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ミクロネシア連邦 | Main | バヌアツ»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
リティアさん、さようなら。 [2021年07月18日(Sun)]

今朝、フィジーのリティア・マウィ元太平洋移動大使が亡くなったとの連絡がありました。私にとって、太平洋島嶼国や世界との繋がり、外交について教えてくれた師の一人であり、私を理解してくれていた大切な友人でした。

Nau Pani.jpeg

日本とフィジーの二国間関係は、2006年の無血クーデター以降冷え込み、特に2012年5月の島サミットを境にさらに悪化していました。表には出ていませんが、大使はその改善に影で大きく寄与した方です。

2012年10月下旬、私が外務省の任期付職員、一等書記官としてフィジーに赴任した時には、日本大使はフィジー首相に会うことも出来ず、日本大使館と現地外務省の関係も冷え切っていました。事務レベルでも直接会って雑談を交わすこともなく、現地では日本大使館は眠っているという声も私には届いていました。

現地では、私としては何とか正確な情報を然るべき人に伝えなければならないと、大嶋大使や本省幹部からの影の応援を得て、あらゆるチャンネルや機会を探し、試行錯誤を繰り返していました。

そのような中、現地で話を聞いてくれたり、大臣や首相に情報をつないでくれたのが、当時のマウィ大使とヤウボリ次官(現駐インドネシア大使)でした。

初めてお会いしたのは安倍政権が成立した2012年12月頃でした。何かの理由をつけてフィジー外務省を訪問した際、誰かが引き合わせてくれました。そこで、日本の政治や国内情勢などを説明し、自分が考えていた自分自身の使命を説明したところ、おそらく何か引っ掛かるものがあったのでしょう、以降、私が何かと理由を見つけてアポを取りフィジー外務省を訪問すると、いつも直接応対してくれました。

そして、2年近くかかりましたが、少しずつ一歩一歩相互理解が進み、日本とフィジーの関係が回復していきました。

その過程で、マウィ大使は元駐日フィジー参事官でお子さんが日本の方と結婚されており、Nau Pani(日本の叔母さんといった意味)と呼ばれるような、知日家、親日家だということがわかりました。

いろんな話をして、いろいろなことを教えてくれました。ポストミレニアム開発目標(MDGs)、現在のSDGsの話も2013年頃から意見交換して、私の目を開いてくれました。

最後に会ったのが2019年11月22日。すでに定年退職されていましたが、どうしても会いたいと思い時間をいただきました。

とにかく会って感謝を述べたいと思っていたところだったのですが、何かを察したのか、人生について助言をくれました。

私の性格や人間性を掴んでくれていて、「私たちは同じ価値観を持っている」、「それは生まれながらに持ったもの」、そして、2020年9月の会合に誘ってくれて、再会を約束して別れました。コロナ禍で実現しませんでしたが。。その時、「私は先は長くないけれど、あなたのような次の世代の人たちに意思を繋ぐことができた」とも話していました。

SNS上では、まさに太平洋島嶼国各国にいる、大使の意思を継ぐ人たちが感謝を述べています。

今日は黙っていると涙が溢れてしょうがないのですが、明日からはきっと大丈夫。

マウィさん、ありがとうございました。さようなら。
ランブカ元首相とソデルパ [2021年01月19日(Tue)]

※フィジーのサイクロン・ヤサ救済基金アピール
http://fijiembassy.jp/tropical-cyclone-yasa-relief-appeal/
https://blog.canpan.info/spinf_shio/archive/1785

少し前になりますが、フィジーの野党第一党ソデルパ内で内紛があり、結局ランブカ元首相がソデルパを去ることで収まったというニュースがありました。

2006年12月の無血クーデター以降、先進国側からの民政復帰圧力に屈せず、当時の暫定政権は、国内の村落部まで情報を伝達し国を改革させるという時間のかかる作業を行った後、2013年に新憲法公布、2014年3月バイニマラマ軍司令官の退任(暫定首相のまま)を経て、2014年9月に民政復帰となる総選挙が行われました。

新選挙制度では政党政治を推進する意図があり、全国区の比例代表制の仕組みとなりました。政党所属の候補者が獲得した票が党の票として積み上げられ、党の中では各投票により順位が決まり、割り当てられた議席数に応じて当選者が決まる仕組みです。総得票数の5%以上という閾値という、実数では大政党の最下位やブービーに計算上割り当てられる得票数より多くの票を獲得した政党が当選者を出せない仕組みがあるため、小規模政党は排除される仕組みになっています。

ただこの選挙制度は、カリスマ的人気を持つ候補者がいる政党が有利な仕組みであり、2014年の選挙ではバイニマラマ首相が圧倒的人気を誇り、フィジーファースト党(先住民系インド系アジア系が平等に機会を得て、国として結束するという考えの政党)が躍進しました。

他方、ソデルパ党(先住民系の伝統的権威を守る、インド系の躍進に警戒、ある意味保守政党)は、小選挙区では勝てる候補者でしたが、全国区の知名度や人気がある候補者が少なく、全体的な得票は伸びず、惨敗となりました。ソデルパ党支持者には急進的なインド系住民排斥思想を持つグループもあり、インド系住民にとってイメージが良くありませんでした。

フィジーでは最近の国勢調査では数字を出していませんが、概ね、先住民系5割超、インド系4割弱、アジア系・欧州系等が1割弱という民族構成になっています。ソデルパは先住民系の7~
8割の支持、フィジーファーストは先住民系の2~3割、インド系の6割前後、その他の人々の5割以上の支持といったイメージです。(他に、インド系インテリ層・先住民系インテリ層のNFP、インド系労働者を支持母体とする労働党などがあります)

要は、フィジーファーストに勝つには、ソデルパ党はインド系住民とも上手くやっていくこと、カリスマ性のある候補者を立てることが必須ということです。


そこで、2018年の選挙では、ソデルパ党はランブカ元首相を招くこととなりました。

ランブカ元首相は元陸将、80年代のインド系政権を転覆させたクーデターの首謀者であり、2000年のクーデター(やはりインド系政権を転覆し、先住民系優遇への変化を招いた)の情報を探るとどこかで名前が出てきたりもします。

一方で、バイニマラマ首相は元海将、2000年のクーデターを軍司令官として納め、暗殺未遂事件を経て、2006年には先住民系優遇の偏った国の形を民族関係なく国民として結束するものに変えるとして、1年間の交渉の後、無血クーデターが行われました。

ランブカ元首相は、先住民系住民にとってカリスマ的存在であり多くの票が獲得できる一方、ソデルパ内ではかつてのクーデターの件から、その思想を危険視し、またバイニマラマ首相を批判しにくくなるとして問題ありと懸念を持つ人々もいました。(自分は、実際にランブカ氏や支持者とカバを飲み、そのような話の中に座ってしまったことがありました)

そのような懸念はあったものの、2018年の選挙では、ランブカ元首相のカリスマ性により、フィジーファースト支持であった先住民系がソデルパ支持に移り、感覚的には先住民系のフィジーファースト支持は2014年の3割弱が2割弱に減じました。結果、ソデルパ党は躍進し、与野党の議席数の差がわずかとなりました。

本来であれば、ソデルパ党は次の選挙では政権奪取となるところでしたが、ランブカ元首相をめぐり内紛が生じ、ランブカ元首相を追い出す形となりました。自滅です。

これで2022年の選挙では、フィジーファーストに首相の引退など致命的問題が発生しない限り、ソデルパが勝てる見込みは限りなく低くなりました。一方、ランブカ元首相は出馬すれば5議席以上獲得できる集票力があるため、別の政党を立てるという可能性はあるでしょう。その場合、フィジーファーストから離れた先住民票は依然としてランブカ元首相側に付くので、現在の3政党体制から4政党体制となり、フィジーファースト単独政権から、連立政権という道もあるかもしれません。ただ、その場合は、NFPがインテリ層だけではなく、労働系・貿易系のインド系住民の票を獲得しなければなりません。
駐日フィジー大使館 サイクロン・ヤサ救済基金アピール [2021年01月13日(Wed)]

昨年末、12月17日、サイクロン・ヤサがフィジーを襲い多くの被害が発生しました。今般、駐日フィジー大使館より、サイクロン・ヤサ救済基金アピールの連絡がありましたので、同大使館の許可を得て、写真を含め、下記転載させていただきます。なお、義援金については、下記リンク先の駐日フィジー大使館HPにてご確認ください。

(日本語訳:ケレラ・サブ一等書記官)
ーーーーーーーーーー
駐日フィジー共和国大使館は、被害者を支援するために熱帯低気圧「ヤサ」救済アピール基金のアピールを開始しました。

令和2年12月17日にフィジーを襲った熱帯低気圧ヤサは、カテゴリー5に値する暴風雨サイクロンでした。2016年のサイクロン・ウィンストン以来、最大のサイクロンで風力は最高時速345km(およそ秒速96m)を記録しました。その結果、フィジーで2番目に大きい島、バヌアレブ島や多くの島々の沿岸地域では、高潮と洪水の被害を受けました。

Source Fijian Government Facebook Page 3.jpg
(出典:駐日フィジー大使館)

Source Fijian Government Facebook Page 2.jpg
(出典:駐日フィジー大使館)

Source Fijian Government Facebook Page 1.jpg
(出典:駐日フィジー大使館)

この被害に対し、フィジー政府は国内外の支援を受け全力をあげての復旧作業に臨んでおりますが、一日も早い復興のために、皆様のご協力を必要としております。

フィジー政府は、支援国と共に、多数の負傷者、家屋や学校の倒壊、通信手段の切断など、数々の被害を把握するように努めています。被害の全貌が明白になるには数週間が必要です。しかし、被害の総額は数億ドルになるとと報告されています。

フィジー政府はこの大被害により、家や財産を失った人々、そして遠隔地に住む人々へのライフラインの一日も早い復旧、復興のために皆様からの寄付を呼びかけています。

駐日フィジー共和国大使館は、これを受けて、サイクロン・ヤサによる被害に対しての皆様からの募金のご協力をお願いしています。皆様からの寄付金は、サイクロン・ヤサ被害のための「国立災害復旧復興基金 」に送金され、サイクロンによって、家や生活の基盤を失ったフィジー全土の多くの人々の生活を再建するために使われます。ご支援をお願いするにあたって、ルカの福音書6章38節を引用致します。「与えなさい。そうすれば自分も与えられます。」

皆様からの寄付は、多くのフィジー人の今後数週間の生活に大きく寄与致します。

皆様のご支援、ご協力をどうか宜しくお願いします。


救済募金口座(※下記駐日フィジー大使館リンク先でご確認ください)
http://fijiembassy.jp/tropical-cyclone-yasa-relief-appeal/

ご協力いただける方は、お名前もしくは会社名の明記をお願いいたします。

フィジー人は常日頃から強靭かつ弾力性のある国民ですが、このような時には皆様の暖かいお心やご親切をうけることで、さらに困難に立ち向かうことができます。

ご協力大変ありがとうございます。

Kelera Savu
for Ambassador

EMBASSY OF THE REPUBLIC OF FIJI, TOKYO
在日フィジー共和国大使館
Tel: 81-3-3587-2038
www.fijiembassy.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーー(転載ここまで)

ちょうど1年前、フィジー国家災害管理局のバシティ・ソコ局長を招聘し、公開シンポジウム、非公開会議で情報を共有していただきました。2020年は新型コロナの流行阻止、感染症の流行、2つのサイクロン災害などに担当局長として、大変忙しく、しかし適切に対応されていました。

その1年前の会議の際、太平洋島嶼国について、災害に「脆弱な」と表現したところ、静かに「我々は脆弱ではない」、「歴史上、人々は災害に負けずに生活し、国づくりをしてきた」と人々の強さを教えていただきました。確かに、自分がフィジーにいた頃でも、自分であれば悲観的になるような状況の中、彼らはポジティブな要素を見つけていました。

とはいえ、現地国連機関にいる現地の友人もこれから忙しくなると話していましたし、コロナにより民間経済部門が縮小している中で、海外からのさまざまな支援が必要な時だと思います。

フィジーの早期復興を願っています。
サイクロン・ヤサ [2020年12月18日(Fri)]

フィジーでは、昨日カテゴリー5のサイクロン・ヤサが直撃しました。
現地の報道をみると、最大風速315km/h、(95m/s?)とありました。

一昨日夜の予想ルートは北部バヌアレブ島と本島にあたるビチレブ島の間をサイクロンの中心が北西部から南東方向に1日かけて通過するというものでしたが、今朝の報道をみると、やや中心が北部にそれたようです。

Fiji NDMO (国家災害管理局)のツイッターをみると、6時間前の投稿で、23,479人が457カ所の避難所に避難しているとのことでした。

過去の経験から想定すると、おそらく、最初にフィジー軍、豪軍、NZ軍などが初期対応を行い、1週間ほど被害調査が行われ、UNOCHAはReliefwebで被害状況を報告し続けると思います。

その後、1〜2週間後を目処にNDMOを中心に情報が整理され、避難した住民を対象とした緊急援助要請が各国に出され、1カ月後以降、復旧支援のステージに移るものと思われます。

まだ現時点では被害規模は判明していませんが、今朝のニュースでは2名が亡くなったそうです。またSNSに投稿されている写真をみると、建物の倒壊があり、川が増水している様子が分かります。
サイクロン・ヤサ、フィジー直撃へ [2020年12月16日(Wed)]

カテゴリー5の猛烈な勢力を持つサイクロン・ヤサが北西部からフィジーに迫っているそうです。明日から3日かけてフィジーを直撃するようです。

予想ルートをみると、ヤサワなど離島部を除き、フィジー全体が含まれており、首都スバも直撃されるように見えます。

数年前のウィンストンが北部を中心に甚大な被害をもたらしましたが、今回は通過速度も遅く、人口の多い都市部を通過するため、それを上回る規模の被害となるかもしれません。

19日に通過後、被害の詳細が判明するまで数日かかることになるでしょう。豪NZ関係当局を含め、備えているところだと思います。国際社会として大規模な支援が必要になるかもしれません。

被害が最小限でおさまること、人的被害がないことを願います。
フィジー独立50周年 [2020年10月10日(Sat)]

今日は、フィジー独立50周年記念日です。SNS上にお祝いが溢れています。
日本はフィジー独立以前から、戦前から繋がりがありますが、日本・フィジー外交関係も50周年。

新型コロナがなければ、都内でも盛大にお祝いするところでしたが、いつか51周年、52周年のような形で何かできれば良いですね。

フィジーは50年前に思い描いた国になっているのか。大きな流れで見れば、発展の方向は間違ってはいないのだと思います。その上で、10年後、20年後、50年後の国のイメージを見てみたい。

太平洋島嶼国と関わっていると、自治政府樹立や独立記念日を祝う熱を感じます。それゆえに、国というものを、自治というものを考えさせられる、というよりも教えられることがよくあります。

ときどき、現地政府が日本政府に対して、日本の建国記念日にお祝いのレターを出されることがあります。先方は自国の独立記念日と同じ熱を持って、お祝いしてくれるのですが、おそらく日本人の多くはそこまでの熱を持って建国記念日を祝っていないと思います。もしかすると、日本の憲法記念日が彼らの感覚に近いかもしれません。


それはそれとして。

フィジー独立50周年、おめでとうございます。日本とフィジーの友好関係が、これからも長く続くことを願っています。
フィジー政府支出削減の影響 [2020年07月18日(Sat)]

昨日か一昨日、フィジー政府が海外ミッションを整理することで、800万フィジードルの支出削減を図るとのニュースがありました。
そして昨晩、米国ワシントンDC、韓国、パプアニューギニア、ブリュッセル、クアラルンプールの在外公館を一時的ではなく、閉鎖するとの決定がなされたようです。

国連代表部が残るので、DCとブリュッセルはカバーできるでしょう。韓国ソウルはハブとしての評価が外されたのでしょう。


コロナによる財政問題、ニューノーマルとして遠隔でカバーできるものの整理と効率化、人の往来減少が背景にあるのかもしれません。


大切な友人であり、自分の先生でもあるアメナ・ヤウボリ大使が、先日駐米大使となったのですが、大使館が閉鎖されるということで少し心配です。

本国に常駐して、オンラインで米国大使の役割を担うのか、国連代表部を活用するのか。

今後、物事がどうターンアウトしていくのか、見てみましょう。

日本は重視されているようで、ほっとしました。

東アジアは中国大使館がカバーするとなってしまったら、外交関係の後退になるところでした。
フィジー、コロナフリーに!(追記) [2020年06月08日(Mon)]

フィジー政府ポータルサイトに記事が見つからなかったので、フェイスブックページを貼ります。

https://www.facebook.com/FijianGovernment/posts/3315996311766614

これまで感染が判明した18人全員が陰性となり、新規感染者も45日以上見つかっていないそうです。

ロサンゼルス、シドニー、オークランド、インドから帰国した方々から、感染者が判明した当初、感染者数が急増するのではないかという不安があり、さらにサイクロン・ハロルドによる災害が発生するという大変厳しい状況の中、しっかりと対応し、ついに感染者ゼロとなりました。

フィジーが行ったのは、自国でのウィルス検査能力の確保、入国制限、クラスターの徹底追跡、感染者の隔離や経過観察、正確な情報発信、ラウトカやスバのロックダウン、外出制限、ソーシャルディスタンスの徹底などでした。特にクラスターに関しては、人海戦術で徹底的に対応されていました(ニュースやSNSで見た限りでは)。

自由を制限されたことで、一時、住民から不評を買った面もあったと思いますが、徹底して合理的な対応をされたように思います。

さすが、フィジー。


(追記)

国内ニュースを見ていたところ、ニュージーランドもコロナフリーとなったとの報道がありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9bcd8389e5f02dcb8e6d89460584ab9a8dc0a407

コロナフリーな国の間での人の往来が可能と考えると、ニュージーランドとフィジー、トンガ、サモア、ニウエ、クックとの間の観光を復活できる可能性ができたことになるかもしれません。

これらの国々が、国境をどのように開いていくか、今後の動きに注目しましょう。


例えば、これが可能となり、台湾でコロナフリーが実現すれば、パラオとの間で観光を復活できるかもしれません。
フィジー航空、7月末まで、国際線全面運休(5/28) [2020年05月28日(Thu)]

厳しいニュースです。フィジータイムズ紙。

https://www.fijitimes.com/fiji-airways-international-flights-cancelled-until-end-of-july/

昨日紹介したフィジー航空の従業員700名以上の削減(記事ではterminateとかlayoffという言葉が使われています)のニュースに続き、国際線を7月末まで運休とのニュースです。

現地経済を考えた場合、過去2000年代の経済状況が厳しかった時代の経済構造を見てみる必要があるのかもしれません。


おかしなたとえになりますが、例えば、マーシャルにいたころ、計画停電と、アクシデントによる停電がありました。

計画停電であれば、終わりが見えているので対応できますが、終わりが分からない状態だと対応が難しくなります(スタイルを変えるとか、機材を用意するとか。例えば、どうやって米を炊くか。電気のライスクッカーを使うのか、炭を買ってきて鍋で炊くのかとか)。


現在の状況は、誰も先が見えない中での対応で、今、いろいろな想定を話しても、不確定要素が多すぎるため無駄な議論になってしまう可能性が高く、無責任な話になってしまいます。

当事者は、可能性の高い、近い範囲での想定を基に、都度対応をしていかなければならず、本当に大変な状況だと思います。
フィジー航空、従業員大幅カットも、政府が融資保証へ。 [2020年05月27日(Wed)]

まずは「フィジー航空がパイロット、乗務員を含む従業員758名との契約を終了した」とのニュース(5/26付)。

https://www.fijitimes.com/758-employees-lose-their-jobs/

これにより、「人件費を50%カットできる」とのこと。


次に、「フィジー政府が、フィジー航空の破綻を避けるため、455百万フィジードル(約230億円)の融資保証を行う」との報道。

https://www.fijitimes.com/455m-to-avoid-crash/

(目安として、1フィジードル=0.5米ドル)

「フィジー国家準備基金(FNPF、確か年金もここからだったと思います)から35百万フィジードル、フィジー準備銀行から75百万米ドルの融資を得る」。

記事には、数字の内訳がよくわかりませんが、「国内債務が191.1百万フィジードル、対外債務が117百万フィジードル」と書いてあります。今回のフィジー航空救済のための分ということかな。


世界各国同様の状況があったり、太平洋島嶼国では元の政府財政規模も経済規模も小さいので、非常に難しい国家運営を強いられている状況だと思います。しかし、この状況は、数百億円という資金を巨額としないところがあれば、分野を定めて、影響力を高める機会でもあるでしょう。


先ほど、テレビである観光分野の方が話していました。日本では、まず身近な範囲の国内観光から活性化させていく、それに伴い、地域にさまざまな経済波及効果がある。さらに、インバウンドは18カ月くらい先にならないと回復していかないのではないかと。そうすると、インバウンド頼りの小島嶼国はかなり厳しい。


ちなみに、自分は経済素人ですが、フィジーの元財務官僚に教えていただいたGDPの基礎の話。支出ベースで、CGI+ImEx。Cが消費で、Gが政府支出で、I が投資で、ImExが貿易収支だったか。インバウンド観光の大きな部分はサービス輸出になるので、ImExのExですが、国内観光で消費が伸びれば、Cが伸び、GDPが回復方向に、ということかと。

フィジーの場合は、資金を調達したり、税制改革を行うことで、特に2013年以降は、CもGもIも増やし、GDPが成長基調を続けてきました。そのポイントの一つが、債務のGDP比率で、政府はGDPを上げることで債務余力を増やし、同比率を50%以内に押さえながら、政府財政補填のための資金調達ではなく、経済成長のための経済インフラ向上のために資金調達を続けてきました。このモデルは、GDPが右肩上がりで伸びていかないと厳しく、GDPが落ちると、途端に、債務のGDP比がドンと上がってしまいます。

それでもフィジーの債務は、対外債務が全体の3分の1程度だったので、まだ他の対外債務を多く抱える中規模の島嶼国よりは、何とかマネージできそうではありますが。。。

当事者は、大変な日々を送っているのではないかと、心配になります。
| 次へ