CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« USP | Main | 地震・津波・火山»
フィジー・JICA災害復旧スタンドバイ借款(2/21, 4/10) [2020年04月11日(Sat)]

これ!

https://www.jica.go.jp/press/2019/20200221_11.html

今年の2月21日にJICAとフィジー財務省との間で調印された、円借款「災害復旧スタンドバイ借款(the Stand-by Loan for Disaster Recovery and Rehabilitation)」の最大50億円の貸付契約。フィジーに対する円借款は22年ぶりだそうです。

”本借款は、あらかじめ借款契約を締結して、同国の防災に関わる政策の推進を支援しながら、災害発生後の復旧時に増大する資金需要に備えるもので、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール11、13に貢献します。”

先見性があり、適切なタイミングで備えていたということですね。すごい。

現在、フィジーは以下の3つの複合災害に直面しているところです。
1.新型コロナ(既に感染者が16人判明、3つのクラスター有、都市封鎖、夜間外出禁止等)
2.経済(世界共通の新型コロナ原因、インバウンド観光、建設業、一般経済活動の低下等)
3.サイクロン・ハロルド(広範囲に被害発生、カンダブ島、オノイラウが特に被害大)

フィジー政府は、これらに加え、今年グローバル債200百万米ドルの償還期限を迎えるので、次を目的とする資金が必要になります。
1.グローバル債(200百万米ドル)借り換え
2.新型コロナ感染拡大防止対策費
3.経済対策費
4.サイクロン・ハロルド災害からの復旧・復興費

コロナ前のフィジーGDP約5500百万米ドル(約6000億円)、政府歳入は約1700百万米ドル(約2000億円)のところ、上記4件は、4についてはまだ被害額が出ていませんが、全体で、最低でも政府財政の20%(400億円)は必要になるでしょう。

グローバル債はフィジー政府が国際金融市場から資金を調達するために2006年から5年毎に発効している米ドル建ての公債で、最新の2015年のものは利率6%台(確か6.75とあったような)。このうち、10月にADBが65百万米ドル、世銀が35百万米ドル貸し付ける契約を結んでおり、さらにADBから100百万米ドルを調達すべく調整中という話でした。(さらに100百万米ドルを新型コロナ対策費としてADBから調達したい意向)。

https://blog.canpan.info/spinf_shio/archive/1539

フィジー政府としては、グローバル債、新型コロナ、経済対策で資金調達に苦労しているところ、サイクロン・ハロルド災害が発生した状況で、まさにこのJICAによる災害復旧スタンドバイ借款の金利は考えられないくらい低い。


例えばJICAの所得階層別分類を見ると、フィジーは一人当たりGDPが中進国にあたるため(世銀、ADBも同様。多くの太平洋島嶼国はLDC(貧困国)から脱し、低中所得国にある。パラオはコロナ以前は高所得国になった)、利率がそれなりにあります(上記ADBに関するフィジー財務大臣のコメントでは3%程度とある。ちなみに中国の元ベースローンは、”トンガ”の財務省資料を見ると、利率が2%台、管理費を含むと3.75という数値が出ていました)。

話がずれますが、先進国はODAを通じて、開発途上国が経済発展し、LDC(貧困国)から卒業し、低中所得国、高中所得国、高所得国(先進国)へ成長し、経済的に自立するよう支援しています。

LDCから卒業すると、国際機関や開発パートナーからの支援が、より責任を持つ形になるので、無償資金協力の対象外となったり、借款の利率が高くなったりします。これが何年か前に話題となっていた中所得国の罠の要因の一つになっています。

先進国はこの考え方があるので、中所得国にはLDCsとは異なり、相手の更なる成長を促す意味もあり、より責任を求める一方、被援助国としては、資金や援助を受けにくくなるため先進国に嫌がらせを受けているという印象があったりします。そのためLDCsから卒業したくない、そのために経済成長を抑えるという国もあります。一方、中国は中国自身が先進国ではないため、そんなことは気にせず、どんどん資金供与(有償も無償も)し、途上国との関係深化に繋がりました。

数字だけで見るとそうなんですが、太平洋島嶼国は人口が少ないため、一人当たりの所得が高く出がちです。乱暴ですが、一時的にプロジェクトで人口1万人の国に10億円資金が海外から入り、直接国内所得に繋がるとすると、それだけで一人当たりの所得は10万円(約1000ドル)あがります。島嶼国の多くは、所得(GNI)ではなく、生産(GDP)の方が、実態に近いと思います(GDPも大きくなりがちですが)。


で、何を書きたかったかというと、このJICAの災害復旧スタンドバイ借款の凄さ。高中所得国に入っているフィジーは、資金を調達するにもLIBORとかの利率を参考に、少なくとも2%は金利がつくところ、このJICAの借款は、
・償還期限:40年
・グレースピリオド(措置期限:資金返還開始猶予期間):10年
・金利:0.01%

円建てだからできるとも言えますが、日本の強さの表れでもあるのではないでしょうか。

2月の現地報道はこちらです。フィジーは上記のように資金調達に苦慮するところ、JICAからの資金調達が可能というのは、大きいでしょう。
https://fijisun.com.fj/2020/02/22/100m-available-from-japanese-agency-for-disaster-rehab/


興奮して長くなってしまいました。

明日は日曜ですね。外出自粛ですから、家で料理や読書やジグソーパズルなど楽しみましょう。

追記:
書き忘れていました。
日本政府は、2015年の開発協力大綱で、中所得国の罠に対応するため、例えば太平洋島嶼国など小島嶼国に対して、単純に国民一人当たりの所得ベースが高くとも、支援を行うことを記しています。
サイクロン・ハロルドによる被害(トンガ)(4/10) [2020年04月10日(Fri)]

現地、4/10付マタンギトンガ紙が報じています。
https://matangitonga.to/2020/04/10/tc-harold-demolishes-sunset-coast-beach-resorts

倒壊している建物は、トンガタプ島南西部にあるサンセットコースト・ビーチリゾートとのことです。

南西部ということは、ラピタ人が上陸したという言い伝えのある地域とか、ブタ君が漁をする習性がある地域も、大きな被害を受けたかもしれないですね。

カテゴリー3の予測でしたが、昨日見た図では、トンガ上陸時はカテゴリー4というものがあったと思います。

人的被害はまだ報告されていないようなのですが、全体でどれだけの被害となるのか、情報が出てくるのを待ちましょう。
サイクロン・ハロルド(ReliefWeb)(4/9) [2020年04月10日(Fri)]

ReliefWebの方では、毎日情報がアップデートされています。衛星写真も使用されているので、把握しやすい。

各国の国家災害管理局が実際の現場での対応に直接かかわる一方で、UNOCHAなどが全体を把握し、情報を整理し、正確な被害状況の把握を支援しています。

各国の支援に関しては、事前準備、災害発生直後、復旧時の3フェーズがあるとします。

事前の警戒態勢については、例えばフィジー気象庁がサイクロン予測進路を自国および周辺国と共有しますが、その設備および技術支援を日本が行っています(機材、専門家派遣)。さらにその情報を住民に伝達するために、携帯電話、ラジオ、テレビ、SNSなどが活用されますが、離島に対してはラジオが効果的で、ここにも日本政府は設備強化支援を行っています。避難所建設も日本政府は無償資金協力で支援しています。

災害発生時には、これはもう、事前準備にかかっており、住民が如何に正確な情報を得て、備えるかにかかっています。必要であれば早めに近くの避難所に移動するなど。ここでは、国における首脳のリーダーシップも重要です。明確で、簡潔なメッセージを伝えられるか。

例えば、フィジーでは、「強大なサイクロン」「ブレイス(備えろ)」「女性と子供を守れ」「避難所へ」など明確です。

発生直後には、フィジーであれば即時対応として、フィジー政府の要請を受けたニュージーランド軍やオーストラリア軍が輸送機を派遣し、物資などを提供します。人的被害が発生していると予測される場合には、フィジー軍による災害救援が行われ、よりひどい場合にはニュージーランド、オーストラリアの支援を得る形になります。

その後、情報を集約する期間があります。この期間の長さは、短い方が良いのですが、島嶼国では、都市部では情報を取りやすいのですが、村落部や離島部の状況把握には大変時間がかかります。離島部には警備艇やヘリなどを派遣したり(この場合、豪州やNZになるものと思います)しますが、その範囲と距離とで時間がかかります。

ReliefWebの資料を見ると、UNTAR(国連訓練調査研究所)がそのプログラムであるUNOSATによる衛星画像データを基に、各地の情報を作成しているようです。

復旧支援期においては、各国の国家災害管理局により、UNOCHAとの関係性は異なると思いますが、UNOCHAのデータも活用し、被害状況、必要な支援を取りまとめ、開発パートナーに支援要請を行うこととなります。

自分が関係していた頃は、タイミングにより異なりますが、水を確保するための簡易ポリタンク、毛布、発電機、テントなどが要請されることがありました。

ReliefWebによるアップデートは下記のリンクから。

4/9付、バヌアツの状況報告
https://reliefweb.int/report/vanuatu/pacific-humanitarian-team-vanuatu-tropical-cyclone-harold-situation-report-9-april

バヌアツ第2の都市ルーガンビル(エスプリトゥサント島)の衛星データ
https://reliefweb.int/map/vanuatu/damage-assessment-luganville-municipality-sanma-province-vanuatu-9-april-2020

4/9付、フィジーの衛星写真を使用した現状被害解析
https://reliefweb.int/map/fiji/preliminary-satellite-derived-damage-assessment-central-division-republic-fiji-9-april-2020


自分が悪意のある勢力側であれば、このような災害時は影響力を強化できる機会でもあります。上記、ルーガンビルは、2年ほど前から港湾改良に関して話題になっていた土地でもあります。
サイクロン・ハロルドによる被害状況(フィジー)(4/10) [2020年04月10日(Fri)]

フィジーのスバでは、雷を伴う暴風雨がひどく、停電もあったようです。サイクロンハロルドの進路に位置していたカンダブ島(Kadavu)とオノイラウ島(Ono-i-Lau)では大きな被害が発生したようです。離島が含まれるため、正確な情報が集まるには1週間は必要かと思われますが、カンダブ島の写真を見ると、2016年のサイクロン・ウィンストンによる被害を彷彿とさせます。

位置関係をわかりやすくするため、グーグルマップに情報を加えたものを貼ってみます。

Fiji Harold.jpg

数字は、これからどんどん変わっていくので、リンク先記事の写真を見ていただければと思います。

https://fijisun.com.fj/2020/04/10/tropical-cyclone-harold-injures-26/

https://fijisun.com.fj/2020/04/10/cyclone-harold-winds-were-so-strong-it-uprooted-the-biggest-tree/

https://fijisun.com.fj/2020/04/10/cyclone-harold-ono-i-lau-islanders-prompt-action-save-lives/

https://www.fijitimes.com/stc-harold-15-homes-damaged-in-narikoso-kadavu/

政府が、事前に情報を発信し、警戒を高め、住民が避難していたことから、現時点で人的被害は出ていないようです。写真を見てわかるとおり、現地の建物は、トタン屋根のものが少なくないため、そのような家屋では屋根が吹き飛んでいたり、建物自体が倒壊しています。

例えば、自分が15年前に政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力も担当していたときには、学校校舎や住民が利用する施設のプロジェクトの際には、このような自然災害に備え、臨時の避難所として使えるように堅固な建物を作ることが、現地が要請する理由の一つになっていました。日本は資金を供与しますが、実際に建設するのは現地の建設業者となるので(小さなコミュニティでは経済効果もある)、外部からの質の管理が必要になりますが、十分な資金により、ほとんどが丈夫な建物建設に繋がっていると思います。当時は災害にあうことはなかったのですが、やはり重要な備えだったのだと実感します。
サイクロン・ハロルド(トンガ)(4/9) [2020年04月09日(Thu)]

サイクロン・ハロルドは、トンガを通過し、南東方向に抜けたようです。時々、あの地域のサイクロンは、ぐるっと回って北上することがありますが、今回はそのような予測は出ていないので大丈夫そうです。

トンガの被害状況はまだ不明ですが、首都ヌクアロファのCBDからそれほど遠くないところに住んでいるトンガ人の友人に連絡してみました。かなり局所的な情報になってしまいますが、まず、通信環境は影響を受けていないようです。

友人は、平民で、民間で働いている普通の一般人です。自分と同じで、それほど英語が得意ではないのですが、言いたいことはよくわかります。

ライブ映像を見ると、日がさして、家族で集まり、とりあえずホッとしている様子でした。家の一部が吹き飛んだとのことでしたが、まずは家族の皆さんが無事であり、とりあえず、今の家で生活は可能な様子です。

ただ、新型コロナの影響で収入が激減しているところ、表情は暗くはありませんが、大変な状況なのだと思います。
サイクロン・ハロルドによる被害状況(4/8) [2020年04月09日(Thu)]

昨日、フィジー南部を通過したサイクロン・ハロルド(カテゴリー4)ですが、各地で暴風、洪水、高潮などによる甚大な被害を発生させたようです。

五月雨式に情報をアップしても混乱するだけなので、現状については、現地メディア、SNS上にアップされている写真や映像を確認いただくとして、フィジー政府が情報をまとめ発信されるまで待ちましょう。

バヌアツに関しては、UNOCHA(国連人道問題調整事務所)の報告をReliefWebが掲載しています。

https://reliefweb.int/disaster/tc-2020-000049-vut#updates

上記によれば、フィジーでは停電、倒木による道路封鎖、広範な洪水が発生し、4/8現在、69カ所の避難所に1778人が避難。

バヌアツでは、4/8現在、サンマ州(53,344人)、ペナマ州(32,055人)、マランパ州(40,917人)が優先度1のレベルで支援が必要と認定、トルバ州(10,102人)とシェファ州北部のシェパード諸島(23,056人)が優先度2のレベルと認定されている状況。シェファ州南部の首都ポートビラがあるエファテ島は被害を免れたようです。

参考までに、バヌアツの地図を張ります。グーグルマップに情報を加えました。

Vanuatu_Provinces.jpg
サイクロン・ハロルド(フィジー)(4/8) [2020年04月08日(Wed)]

今日もフィジーから。

現地ではリアルタイムでSNS上に政府や現地メディアが情報をアップしています。

失念していましたが、今年、この時期は、月と地球の距離が近く、いわゆるスーパームーンにあたるそうです。すなわち、潮の干満の差が大きくなるということ。

サイクロンは強い低気圧、押し付ける力が弱い、むしろ上に引き上げるような効果をもたらします。したがって、スーパームーンによる満潮時とサイクロン・ハロルドによる引き上げ効果が重なれば、沿岸部では通常以上の高潮が発生する可能性があります。

今朝の情報を見ると、沿岸部における高潮被害、暴風による被害、ビチレブ島西部、北部では洪水被害が発生しているようです。

今朝から、現地ソコ国家災害管理局長が会見を開いていましたが、これから被害状況の確認、復旧に向けた対応が控えています。

遠くからですが、応援しています。
サイクロン・ハロルド、フィジーも直撃へ(4/7) [2020年04月07日(Tue)]

今朝、アップしたマタンギトンガ紙におけるサイクロン・ハロルドの進路ですが、フィジー気象庁ウェブサイトで最新情報を確認したところ、あまりよくない方向で更新されていました。

https://www.met.gov.fj/index.php?page=threadmap


現在、サイクロン・ハロルドの中心は、カテゴリー4の勢力で、フィジー西方沖にあり、現地時間で明日未明、日本時間で今日の深夜から最接近し、ゆっくりと24時間かけて東部トンガ方面に抜けていく予測となっています。

今朝のマタンギトンガ紙の図との違いは、フィジーとトンガにおける進路が北側に移動していることで、カンダブ島は直撃、ビチレブ島の西部、南部、スバだけでなく、ほぼ全島が暴風圏に入ります。これは要警戒だと思います。現地で読んでいる方はいないと思いますが、念のため、あと12時間あるので、しっかり備えてください。スバは堅固な建物が多いので大丈夫だと思いますが、最低限、水と簡単に食べられる食料は準備していた方がいいかもしれませんね。

トンガもこれは、首都ヌクアロファのあるトンガタプ島直撃コースになっています。バヌアツでカテゴリー5、フィジーで4、トンガで3となりますが、トンガは風雨に脆弱な面もあるので、より警戒が必要です。

今朝の記事では、バヌアツ北部が主な被災地と見なしていましたが、この進路のままだとフィジーもトンガも、ある程度大きな被害を受けてしまうと思います。

これまで、現地のサイクロン災害では、人的被害はあまり生じないというのがこれまでの経験上言えるかと思います。一方、インフラは脆弱なところが多いので、インフラの被害、また農業被害による食料不足や価格高騰の2次被害が発生する可能性が考えられます。

各地の実際の被害状況が判明するのは、被害発生後3日目以降だと思います。

ReliefWebも要チェック。
https://reliefweb.int/
サイクロン・ハロルド(バヌアツ・フィジー・トンガ)(4/7) [2020年04月07日(Tue)]

バヌアツでカテゴリー5に勢力を拡大したサイクロン・ハロルドに関する、4/7付、マタンギトンガ紙の記事です。

https://matangitonga.to/2020/04/07/severe-tc-harold-heading-tonga-s-way

予測進路図を見ると、サイクロンはバヌアツ北西海上でカテゴリー5に勢力を拡大したのち、4/6、バヌアツ北西に位置し第2の都市ルーガンビルがあるエスプリトゥサント島の西北西からバヌアツに上陸。首都ポートビラのあるエファテ島にも直撃せず、エファテ島から見て北にあるマレクラ島、アンブリム島、エピ島などを直撃し、今朝、海上に抜ける予測となっています。

バヌアツのYの左上、西北西から上陸し、南下することなく、Y字の交点のやや上を通過し、東南東方向に抜けた、という状況のようです。

写真を見ると、恐怖感が湧き上がってきます。

サイクロン・ハロルドは、今朝、バヌアツ西北西、フィジーに向かう海上に抜け、勢力をカテゴリー4に落とす予測です。

今回の予測進路は、2012年サイクロン・エバンのものよりも南方となっており、フィジーについては、カンダブ島など南方の島嶼部を除き、直撃を避けられそうです。

2012年エバンの際は、北西部のヤサワ諸島、ビチレブ島西部(ラウトカ、ナンディ含む)が暴風による多大な被害を受けましたが、今回はそれを避けられそうです。ただし、ビチレブ島南部(下半分のナンディ、シンガトカ、スバなどは、暴風に注意ということだと思います。

進路予測図によると、サイクロン・ハロルドは、この後、明日4/8の日中に、ゆっくりとフィジーの南方海上を東南東方向に移動し、勢力をカテゴリー3に落とした後、4/9にトンガ南方沖を通過する見込みです。

トンガも直撃は避けられそうですが、首都ヌクアロファのあるトンガタプ島、その南東に位置するエウア島は暴風圏に入っており、要警戒。トンガは、フラットな土地で、風を遮るものがないので心配です。


図を見た限りでは、今回のサイクロンで甚大な被害を受けた(る)可能性があるのが、バヌアツ北部(進路にあたるエスプリトゥサント島、マレクラ島、アンブリム島、エピ島、Yの右側のペンティコスト島など)が、より大きな被害を被ったものと思われます。


サイクロンから離れると、バヌアツは52議席の議会選挙が終わったばかりであり、小政党の集まりであるため必ず連立政権になりますが、サルワイ政権と同じ組み合わせなのか、誰が首相になるのか、活発な多数派工作が行われていると考えられます。新型コロナについては、まだ感染者は出ていません。

フィジーでは、新型コロナ感染者14名が判明しているため、国民の動きを抑えるのに苦慮しているのと、感染者の濃厚接触者追跡に追われている状況。

トンガは、新型コロナ感染者は出ていませんが、人の繋がりや物流の観点からも繋がりが強いニュージーランドにおける感染拡大を受け、既に感染者が上陸していると想定した対応を進めています。

現地の災害管理部局や軍・警察の人員・資機材も限られていることから、複合災害にどこまで対応できるか分からず、その点から見れば、特にフィジーではサイクロン被害が少なくなりそうな予想となっていることは、救いかもしれません。
カテゴリー5 サイクロン・ハロルド、バヌアツ直撃(4/5,6) [2020年04月06日(Mon)]

昨日来、気になっているニュースです。サイクロン・ハロルドがカテゴリー5に勢力を強め、ゆっくりとバヌアツを南下しています。

昨日4/5付、マタンギトンガ紙(トンガ)
https://matangitonga.to/2020/04/05/tc-harold-cat-4-intensifies-near-vanuatu
「トンガまで到達することを警戒」しています。

4/5付、フィジーTV
https://www.fijione.tv/news-posts/fiji-will-start-to-see-initial-impacts-of-tc-harold-from-tomorrow-night/
「今日の夜からフィジーでも影響が出始めるだろう」とのこと。既にカテゴリー5に勢力を拡大しています。

今朝、4/6のフィジー・タイムズ紙
https://www.fijitimes.com/harold-intensifies-to-a-category-5-storm/
今回は雨も風も強いものとなりそうです。「フィジーでは明日、明後日に通過する見込みで、どの経路を通るのか、注視する必要がある」とのこと。

本日4/6付、アイランド・ビジネス誌
https://islandsbusiness.com/breaking-news/item/2761-tc-harold-luganville-s-mayor-fears-rebuilding-effort-will-be-huge.html
直撃を受けているバヌアツ第2の都市、ルーガンビルからのレポートが掲載されています。


近年、自分が直接関連したものでは、2012年のサイクロン・エバン(カテゴリー4、フィジー西部で被害)、2015年のサイクロン・パム(カテゴリー5、バヌアツ全土で被害)、2016年のサイクロン・ウィンストン(カテゴリー5、南半球で史上最大の勢力、フィジー全土(特に東部北部)で被害)があります。

2015年、仙台で開催された第3回国連防災世界会議への応援出張で日本に向かうナンディ空港で、サイクロン・パムがバヌアツを直撃する可能性があるとの予測が立つ中、同会議に向かうバヌアツ大統領一行と偶然一緒になりました。そこから、急遽アテンドを開始し、都内のホテルまで同行。その2、3日後、自分は外務省のチームで仙台に移動しましたが、その時には、サイクロン・パムはバヌアツを直撃している状況でした。

国連防災世界会議の際の、ロンズデール・バヌアツ大統領(残念ながら2017年に逝去)のスピーチは世界中に流れ、その後のバヌアツ支援に繋がりました。

サイクロン・パムの時は、バヌアツ北東部から南下し、首都をややかするようなルートで、特にバヌアツ南部に大きな被害をもたらしました(バヌアツはYという字を左に傾けたように島が並んでいます。パムの時はYの右上から南下してきた)。

今回のサイクロン・ハロルドは、北西方向から南東方向に抜けるように、勢力を高めながら、ゆっくりとした速度で移動しているようで、場合によっては、サイクロン・パムを超える被害をもたらすかもしれません。

しかも、今は新型コロナの影響で、例えば全世界の青年海外協力隊員が帰国したように、援助関連であっても人が動きにくい状況にあり、外部環境も厳しい状況にあります。

バヌアツでは、イギリス、フランス、豪州が強い影響力を有するので、これにNZが加わった国々が初期段階から対応し、その後の数カ月にわたる復興支援に、米国、日本、中国が加わるというのが従来考えられる対応ですが、今回はコロナがあり、各国が傷ついている状況で、どこまで対応できるのかが気になるところです。

フィジーでは新型コロナ感染者が増える中、複合災害の様相を見せ始めています。

バヌアツとフィジーにいる現地の友人の皆さんを含む人々の無事を祈ります。
| 次へ