CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« パラオ | Main | ミクロネシア連邦»
トメイン元大統領逝去 [2020年10月15日(Thu)]

10/13、マーシャル諸島のリトクワ・トメイン元大統領が亡くなりました。1939年10月14日生まれでしたので、81回目の誕生日を前に。

弔文案を書いていたのですが、何か泣けてきてしまい、手に付きません。

2003年に自分がボランティアでマーシャル高校の生徒とイベントに取り組んでいた、自分がまだトメインさんを知らないときでしたが、自分の隣で優しく挨拶をしてくれたのが最初でした。数日後、ウォッジェの酋長、親日家で、当時国会議長だったと生徒に聞いて知りました。お孫さんが教え子にいたり、その子が自分が支援していたバンドのメンバーだったりしました。

自分が専門調査員として大使館で働き始めた後、政変を経て、2008年1月大統領に就任。当初は、中国との関係強化、一部酋長の利益のために大統領になったように見えました。周辺からはいろいろネガティブな評価がありましたが、自分はボランティア時代から知っていたので、本心は違うと信じていました。当時、自分のボス、臨時代理大使が本省に積極的に働きかけ、同年3月に日本政府の招聘で訪日することとなりました。大統領として最初の外遊だったと思います。その滞在中、天皇陛下に謁見し、帰国すると明らかに雰囲気が変わっていました。これが切っ掛けで更なる政変が起こるわけですが。

2008年4月、マーシャルに帰国後、大統領と臨時代理大使と自分と大統領補佐官とでランチをしながら感想を聞いたときのことを思い出します。「天皇陛下が予定を大きく超えて、話を聞いてくれた」「マーシャルとの関係をよくご存じで、とても関心をお持ちだった」「天皇陛下と時間を過ごせたことで、自分の役割が明確になった。国民のために政治を行う」、トメインさんはそうおっしゃっていました。

地域会議でも、それまで寡黙でニコニコ頷くだけだったマーシャルが物を主張するようになり始めたのも、トメインさんからです。もっと評価されるべき政治家だと思います。

その後も何度かお会いしましたが、政変の中、裏に回りキングメーカーとなっていたものの、病気のため昨年の選挙には出馬せず、時代が変わりました。

自分がウォッジェに行ったら、腕に油を塗った独身女性を一斉に走らせて、自分が捕まえることができた人と結婚させてくれると約束してくれましたが、残念ながらウォッジェを訪問する機会はできませんでした。

安らかに。
日本政府、マーシャル諸島水供給プロジェクト承認 [2020年10月05日(Mon)]

なんと!15年進まなかったマーシャル諸島マジュロの水供給プロジェクトが動きました17百万米ドル(約18億円)のプロジェクト。マジュロの貯水容量が4割増える計画だそうです。

https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/426882/japan-to-expand-water-supply-in-marshall-islands-capital

2006年、自分が専門調査員でマーシャルに赴任した時には、すでに問題が発生しており、2009年に退任する前まで、手を変え品を変え、何とかできないものかと苦心していた案件です。給水パイプは交換されているのだろうか。2006年当時、給水パイプはすでに30年ほど経っており、漏水がひどく、新しい貯水槽を作って増える容量と漏れる量が同じじゃないか、それならばパイプを替えるのが先だ、といった議論もありました。

2014年頃には、ミクロネシア連邦に赴任しマーシャルのインフラ案件を担当していたキリバスの豪州大使館の友人(豪州外交官)が、もうすぐ何か動きそうだと言っていましたが、動かず(おそらくマーシャル国内政治のせいでしょう)。その後、何の音沙汰もありませんでした(おそらくマーシャル国内政治のせいだったのでしょう)。

自分が赴任した当初の問題は、例えば、日本側の質問に対してマーシャルからの誠実な回答がないように見えていたり、コストが想定と異なっていたり、その過程が不明確であったり。

こちらは日本のODA、すなわち国民の税金であるので、マーシャル側にポイントを説明しつつ、誠実な対応を求め、いろいろありました。敵も作りました。怖い思いもありました。どこまで書いて大丈夫だろうか。

島のODAでは土地問題が発生することが度々あります。国は良いと言っているが、地主と話がついていないとか。プロジェクトが見えてくると地主が増えるとか。それで代替案を求めたりとか、現地政治が裏で関係していたりとか。


直接の結果ではないですが、2007年末〜2008年1月に政変があり、その後、マーシャル政治は今年のデービッド・カブア政権成立まで混乱が続きました。まさにその政変の端緒から巻き込まれたところがありました。政権が変わると優先度が変わり、マジュロの話のはずが、クワジェリン環礁のイバイに移ってしまったり。

今の政権には、ケーサイ・ノート元大統領、キャステン・ネムラ元大統領がおり、ようやく主流に戻ってきたということかもしれません。

ここには書けませんが、本当にいろいろありました。当事者は何人かもう他界していますが、いろいろな場面を思い出します。

ともかく、ずっと心に引っかかっていたものが、一つクリアになりました。カブア公共事業大臣(元駐日大使)、アルフレッド財務大臣、ネムラ外務大臣なども動いたのでしょうか。

実際に生活していると、飲み水は買えますが、生活用水が不安定なのはかなりストレスです(トイレの水は海水)。家に雨水のタンクがある家であれば良いですが、無い場合もあります。隊員時代は、タンクの無い部屋に住んでいたので、雨が降るとまさに恵みの雨で、何とか水を集めようとしていました。

当時も今も、マジュロでは計画断水があるようなので、日本の支援により、住民の生活が向上することを願います。水の供給が安定すれば、じわじわと保健衛生面でも良い効果が表れていくでしょう。
NHKニュースにマーシャルの名前が。。。 [2020年06月03日(Wed)]

昼休みで、テレビをつけてみると、「マーシャル諸島」、「ペーパーカンパニー」の言葉が引っかかりました。

小さな国々は、便宜置籍船登録だとか、タックスヘイブンなどに利用されたりするようです。

今回のニュースは、新型コロナには関係ありませんが、島嶼国の多くは、資源が限られ、自国内の財源が限られているので、国でも民間でも、生き残るため、あらゆる収入源を探すことになるのかもしれません。

過去の例で言えば、便宜置籍船登録とか、オンラインゲームとか、パスポート(市民権)販売とか。

各国、ネット環境が改善しているので、これが今後、どう影響するのか、しないのか。
デービッド・カブア新政権 [2020年01月14日(Tue)]

昨日、デービッド・カブア新政権の内閣の顔ぶれが決まりました。


大統領補佐・環境大臣にクリストファー・ロヤック元大統領

外務貿易大臣にキャステン・ネムラ元大統領

財務・銀行・郵便大臣にアルフレッド・アルフレッド・ジュニア元大臣

運輸通信IT大臣にドナルド・カペレ元大臣

公共事業インフラ大臣にジーべ・カブア元駐日大使

法務移民労働大臣にケーサイ・ノート元大統領

文化内務大臣に新人のジェミ・ナシオン議員

天然資源商業大臣に新人のサンディ・アルフレッド議員

保健大臣にブルース・ビリモン議員

教育スポーツ研修大臣に新人のキトラン・カブア議員


酋長系(AKA系)3名、ノート元大統領派3名、アルフレッド家2名、新世代派2名。また元大統領3名。

ノート元大統領は大統領以外は求めないとのことでしたが、他の元大統領が閣僚となることもあり、新大統領を支える位置づけになったのかも知れません。

4年越しで、キャステン・ネムラ元大統領が、名誉を挽回するチャンスを得られました。泣ける。個人的に大変嬉しく、マーシャル外交に期待したいです。

アルフレッド・ジュニア大臣も、元財務次官でしたし、適材でしょう。サンディも入閣したので、お互いに緊張感が保たれる。

ブルース・ビリモンも入閣。

ロヤック元大統領も人格者だし、ジーべさんは兄弟として大統領を支えるということでしょうか。


個人的には期待していたキャステン・ネムラ、アルフレッド・ジュニア、ブルース・ビリモンが入閣し、ケネス・ケリが議長。さらにサンディ・アルフレッドが入閣し、論の立つと聞いたナシオン議員が入閣、ピーターソン・ジバス議員が副議長。次の時代に繋がる政権の顔ぶれだと思います。

友人が話していた内政上の2つの優先課題への対応、コンパクト改定交渉など、すぐに大きな仕事が控えています。米国・台湾関係もあの時話した路線を維持してくれれば嬉しいけど。

日本としては、非現実的に気候変動と騒ぐだけでなく、リアリティを持って話せる政権になると思います。印象や言葉ではなく、実質的な成果が求められるでしょう。

日本としては、パラオと同様に、関係を深化できる顔ぶれだと思います。
マーシャル大統領選出続報 [2020年01月10日(Fri)]

1/6月曜に行われたマーシャル大統領選出関して、今日1/10付現地マーシャル・アイランズ・ジャーナル紙が詳細を報じていました。

- 以下、概要。

総選挙後、初めての議会では議員間の互選により、国会議長、副議長、大統領が順に選出されます。

議員総数は33。(事前に自分の現職議員の友人からは、彼らは20人前後のブロックを形成しているとの話がありました。)

まず、議長について。

ケーサイ・ノート元大統領が現職のケネス・ケリ氏を議長に推薦、対するハイネ暫定政権側はジョン・シルク大臣がブレンソン・ワセ大臣を議長に推薦。

結果は19対14で現職のケネス・ケリの勝利。

ここでハイネ暫定政権側は過半数に足りない状況であることが分かります。野党側はぶれず、20前後を確保。


次に副議長の選出です。

マイク・カブア大酋長の孫娘で新人議員のキトラン・カブア議員が、同じく新人のピーターソン・ジバス議員を推薦、対するハイネ暫定政権側はデニス・モモタロウ議員がワイズリー・ザカラス議員を推薦します。

結果は20対13で、新人ピーターソン・ジバス議員の勝利。

ちなみにワイズリー・ザカラス議員は、一昨年でしたか、ハイネ大統領の不信任決議の際、最後の段階でハイネ大統領支持に寝返り、16対16で不成立という結果を招いた張本人だそうです。

ハイネ暫定政権側の票が1つ減ったことが気になります。誰かが野党側に移ったようです。

そして最後に、大統領選出。

新人のサンディ・アルフレッド議員(出ました!薬剤師で、夫人も保健医療系ー自分はかつて現地保健関係NGOでお世話になりました。お子さんも優秀です)が、デービッド・カブア議員を推薦、暫定政権側はデービッド・ポール議員がハイネ大統領を推薦。

結果は、20対12、白票1票で、デービッド・カブア議員の勝利。

新政権側は安定多数20人を確保しているようです。ここでもハイネ政権側は1票減らしました。

ーーージャーナル紙の情報ここまで。


マーシャルでは酋長系が大統領になると平民に対する優先度が落ち自由度が下がる、平民が大統領になると規律がなくなるという大まかな傾向が、これまでありました。しかし、その酋長系の中心は変わったので、その傾向は変化するかもしれません。

ハイネ政権側は、船の運行や、ココナツオイルの原料になるコプラの買い付け(離島住民に取り貴重な収入源)、地方への補助金支払いに関して、とても不公平な運用を行っていたと現地の友人は話していました。ある離島では2年以上コプラの買取がなく、原料がダメになり(首都のココナツオイル生産工場では原料が足りないにも関わらず)、地方の警察官の給与も2年以上未払いが続いていました。選挙前には、離島を繋ぐ船の運行経路を強引に変更し、ハイネ大統領が劣勢となっていたアウル島に食料品などの物資を無料で届けたという話もありました。

このような状況にあって、さらに各地の酋長の声を無視したり、米国から金融主権取り戻すとして仮想通貨を導入しようとしたりしていました。これを米国が望むわけもなく、仮想通貨の技術は誰がどこから提供を受けようとしていたのか、背後関係も疑わしい。

台湾関係では、新政権側は、昨年9月のソロモン、キリバスの中国へのスイッチ後に、一早く台湾との関係を継続するとの超党派による決議を推進しました。

米国関係では、ケネス・ケリ議長が昨年12月の地域会議で、「我々は米国との関係を重視する」と公言しました。

コンパクト改定交渉、エネウェタックの核汚染物質保管ドームの問題などはありますが、基本的な傾向は、親米、親台湾と見て良さそうです。

組閣がどうなるか、関心が高まります。
マーシャル、新大統領にデービッド・カブア氏を選出! [2020年01月06日(Mon)]

本日、マーシャルで、新大統領にデービッド・カブア氏が選出されました。

東海大学の黒崎先生によると、初代大統領アマタ・カブア大酋長の次男とのこと(ジーべ・カブア元駐日大使の弟になります。女系社会のマーシャルで、父方が大酋長なので、birak(?)という位置づけになるのだと思います)。

12月上旬に現地で話を聞いた現職議員で、多数派工作を担っていた友人からは、「今は言えない」とのことだったので、こちらも探ることはしませんでしたが、結果を見て、なるほどなあというのが正直な感想です。

当時の自分の目的は、現在の米国、台湾、自分の観察に基づく関心事項を伝えることでしたが、12月に話した際には、「誰が大統領になろうと、我々のグループの考え方は(こちらが話した関心事項について)同じ方向にある」と話してくれました。

大統領が決まったので、当時の話を少しだけ。
・ノート元大統領が狙うポストは大統領のみ。(ただし、積極的な多数派工作はしない)
・ネムラ元大統領には、議長や何かのポストで、もう一度機会を与えるべきとの声がある。
・新人議員のPeterson Jibasは、不正を嫌い、はっきり物を言う人物。
・ハイネ政権は酋長側の声を一切聞かなくなってしまったため、酋長系の人々も同政権を厳しく評価するようになった。
・ハイネ政権は、野党側議員を選出した離島に対して、いじめのような対応をしていた。(真偽不明)(政府資金の使い方が、与党側の島に大きく偏っていたとのこと)
・若手有力候補が、与党側の工作で敗れた(政府リソースの濫用ということを言っていました)。


改めて、今回、大統領にデービッド・カブア氏、議長にケネス・ケリ氏、副議長にピーターソン・ジバス氏が選ばれました。

次は、組閣ですね。
やっぱりマーシャルは、人。 [2019年12月10日(Tue)]

今回のマーシャル出張では、不思議とマーシャル語が自然に戻って来たこともあり、マーシャルの政治情勢に関する勘も戻って来たように思います。


日本にいながらの情報はかなり限られていますが、今回あった何人かの当事者から探ってみると、自分の分析の方向性は間違っておらず、詳細についても7〜8割見立てが正しいことを確認できました。あまりにも影響がありそうなデリケートな話なので、どこにも書くことが出来ず、誰とも共有する機会がないのが残念です。

10数年前、大使館で専門調査員をしていた時(当時は臨時代理大使、官房の2人だけが本官で、専門調査員の自分が公式化する前のあらゆる仕事をしていました)、政治の混乱が始まる前後、当事者の中に自分も巻き込まれていましたが、10年ぶりくらいに今回このタイミングで当事者に触ったのは、何か意味があるのかどうか。自分はさらなる混乱を招く疫病神か。


そマーシャル政府は、財政は改善しているのに、気候変動の被害者だと国外で煽るだけ煽って、国内で自らしっかりと住民のために何か対策をしていたのか?

中台関係も書かれているけれど、9月に今の野党も含めて、超党派で台湾との国交維持を決議したんじゃなかったのか。今の政権側にも中国本土にこっそり行っている人がいるのを現地の人は知っている。

米国との関係で言えば、野党側にいるキャステンとかノート元大統領とか、あきらかに親米です。そもそも現政権が導入するとした暗号通貨は反米の動きではないのか。

そのほかにも、酷い話を聞きましたが、それが今回の選挙に反映されたのではないか。

現職大臣・側近を含めて、与党16人中5人が落選したことは国民の声ではないのか。


ま、そんなことは置いておいて、今回は協力隊の短期隊員やさらに短期で現地教員として教えていた元生徒の何人かに会う機会がありました。皆、30歳前後です。

1人は政府の大切なポストについていて、仕事の話をしました。

もう1人は運転手をお願いしたママリン。本名は違います。

3277EE5B-B252-45DA-8151-E7F311F14E50.jpeg

2003年9月に赴任した時、経験者の短期隊員だったので準備時間はなく、翌々日からマーシャル高校で授業を始めることになりましたが、その時からの長い繋がりです(途中6年くらい自分が音信不通してましたが)。今回会った他のみんなもたいていその時からの繋がりになります。

他には、滞在先のホテルのレストランのレジにポーリナがいたり、看護師をしているヘムリンに道端で会ったり(もう7年も看護師として活躍してる)。他にもレボンとかいましたが、キリがないのでやめておくとして。

現地の高1はグレード9で、日本で言う中学3年生にあたりますが、やっぱり人の基本的なキャラクターは変わらないことが分かります。

生徒、全部で400人は見て、特に最初の1年で受け持った250人超の生徒については濃い印象があり、ママリンと話すうちに、だんだん名前とそれぞれのエピソードを思い出して来ました。いつもペンを貸してと言って、返すときに上投げで返してたロジャーナとか。

担任だった30人ほどの生徒や欠席が増えて来た自分の授業を受けてる生徒については家庭訪問もしていたので(それまで誰も行っておらず学校と生徒がドライな関係だった)、その家もだんだん名前と共に思い出しました。(たいてい米国に移住してしまってるけれど)

子供の数とか、体型の変化の話とか、いろいろ面白かった。

今でも残念なのは、アルノ出身で寡黙だけれど正義感が強く、国内大会で前年の最下位から優勝した俺たちのバレーチーム(自分は監督)のメンバーだったアレックス・アンテン。5年ほど前、もうじき正式に看護師になるというときに、マジュロで乗っていた救急車両で事故に遭い、亡くなってしまいました。

昨年、癌で亡くなったしまった女の子もいる。また学年はママリンの1つ上ですが、国内大会で優勝したフットサルチームにいたモーリーンは、今骨髄腫で闘病していて、自分に会いたいと言ってくれていたのに、つい先日治療のため米国に移ってしまいました。フェースブックで連絡をくれましたが、本当に痩せ細ってしまい、しかしそれでも笑顔を見せてくれています。頑張れ、モーリーン。

マーシャルでは、あっちこっちで女の子に手を出す色男をカンマカレーレと呼びます。頭は良いのにヤンチャなあいつは、既婚者だけどまあモテるし、またマーシャルではあえて既婚者を狙う女性もおり、それに乗ってしまっているのか、なんやかんやで仕事をクビになっていました。能力が高いのに勿体ない。小学生のときにエボンから首都マジュロの親戚の家に預けられ、その家ではまともに子供として相手にしてもらえず、家庭環境にも問題があったのだと思う。授業の後、悔し涙を流していたのを覚えている。何とか人生挽回して欲しい。奥さんも元教え子で、悲しんでるようだ。

他にも、暴言を吐く牧師見習いとか、牧師とか、牧師と結婚した子とか、30歳以上年上の男性と結婚した子とか(しかも、その旦那さんは、今回の選挙で見事当選!)。

ドラマの中で生きているみたいです。


最後は生徒ではないですが、今年のミス・マーシャル・アイランズに偶然会いました。

FDBF9819-02A6-466D-9871-78E162118FE3.jpeg

先日、パプアニューギニアで行われたミス・パシフィックアイランズのコンテストの際、昔いろいろ助けて貰っていた現駐台湾大使のネイジョンさんから「投票して!」と連絡があり、(本当はミス・タヒチがいいなあと思いつつ、(いやニウエかトケラウかも))投票したので顔を覚えていました。実際に会ってみると、写真や映像より、何倍も魅力的でした。

ちなみにママリンの妹のララは、自分の記憶ではおしゃべりな7歳の小学生でしたが、今年ミス・ラエに選ばれていました。(背が伸びてる!というのとラエ!?というのと、ミス・ラエ!!というので、カッタル・チリック)

ちょっと孤立感と疲労で落ち込みがちでしたが、マーシャルにはまだ繋がりのある人たちがいるんだと分かり、心に色が戻って来ました。


米国に長く住んだマーシャルの人がマーシャルに戻るときの感覚が、ほんの少しだけ分かった気がします。
マーシャル諸島、今後に期待したい。 [2019年12月09日(Mon)]

今回のマーシャル諸島は、約9年ぶりの5月の訪問に続いて7カ月ぶりになります。
今年の5月にこちらを訪問した際には、センスの意味で、雰囲気が霞んでいたというか、不自由さ、経済の停滞、燻んだ雰囲気を感じていました。

今回は、選挙後だからか、何かこう重石が取れたような、微かな希望と自由を感じます。

89C64A0A-9FB6-453F-B05B-C27EA308E109.jpeg

目が慣れたのか、5月の時よりも人々の顔が見えるようになり、到着したその時から、急にマーシャル語が蘇ってきました。

0B70CEC8-6754-4BBC-A144-2CFC180138E1.jpeg

マッタン・チリックとか、アイブシ、アチリ、コボーヤ、エモチ、エッチャラック、ブエブエ、ブエブエナート、エナーナ、ジェレバレ、イリジュ、バルンガ、レイニン、チャンポガンローラ、ジェテアワ、カッキジェ、ジャガネマン、、。

こちらにいた時は、最初自分は短期隊員で現地語の訓練は受けていなかったので、マーシャル語を使ってなかったはずですが、意外と覚えているものです。何かこう、グッとマーシャルが近くなりました。

5月から12月までに何があったかな、と考えると、あ!っと思えるポイントがありました。おそらくこの空気の変化は、それが影響しているのでしょう。

選挙後の今、政権側と反対側が、毎日のように会合を開き、多数派工作をしているようです。今日、結構深い話を聞き、ちょっとだけ情勢が見えました。

自分からは、これまで一貫してワシントンDC、ツバル、台湾などで話してきた考えとメッセージをある人々に伝えました。

これが彼らの心に届き、彼らなりの考え方で適切に表現してもらえればと、願うばかりです。

混乱の3年を経て、マーシャルは重要なポイントに来ています。
ま、ま、マーシャル [2019年12月06日(Fri)]

昨晩遅くグアム着。
DF87F9E6-F1DA-415D-922F-FED53A622B92.jpeg

A1CB5C99-1D1A-472C-AFCE-A2BE630717BF.jpeg

今朝6時にホテルを出て、夜7時半にマジュロ着。

9CA1B3D5-ED29-4D1F-BD95-167B8874C9A6.jpeg

レイン、レイニン。
エモチ チャンポ ガン マジュロ。イルクン ムック。イガナン キキ。

マーシャル語が少し蘇ります。

宿に着いたのが、8時半。アイランドホッパー、1時間半ごとに離着陸を繰り返す。エコノミークラスさすがにきつい。

サモアが舞台の、Fast & Furious、ザ・ロックとジェイソン・ステイサムで面白いのですが、ホッピング間の時間が短いせいで、いつも途中まで。5回繰り返しました。

空港では、麻疹の水際対策を行っていました。
続マーシャル 諸島総選挙2019(8) [2019年11月29日(Fri)]

今朝のマーシャル ・アイランズ・ジャーナル紙では、野党勢力のマイク・カブア大酋長がキングメーカーとして取り上げられていました。
マイク・カブア大酋長は、大酋長として敬意を持たれていますが、温和な人柄で現地では人気があります。ただし、これまで政治的な強さを見せたことはあまりありませんでした。

2016年の際のAKA中心勢力によるキャステン・ネムラ引き抜き、大統領選出ー>不信任決議ー>ヒルダ・ハイネ政権誕生ー>2018年でしたっけ?不信任案16対16で通らず(トメイン元大統領欠席)という背景により、同紙は選挙前の与党勢力17、野党勢力16(政党政治は成立していないので緩やかなグループ)という数字を基盤に説明しています。

自分の聞くところでは、5月の時点で、ハイネグループは7名、それに2人が支持し、後は政治の混乱を避けるため政権にいて選挙を待つ状況とのことでした。

ここまでの結果を見ると、いわゆる上記与党勢力17人のうち、マジュロで2、クワジェリン、ジャルート、ウトリックで各1名、ウォッジェも失ったとすると、少なくとも6議席減らしたことになります。

先日ここにも書きましたが、いくつかのグループがあり、戦士アルフレッド一族3(アルフレッド・ジュニアに以前語っていた考えを復活させて欲しい)、ノート元大統領グループ3〜5、ハイネグループ6前後、AKAグループ(大酋長派)10 前後?、旧UDP反ノートグループ3程度?、無所属、新人など。

誰がどう取りまとめるのかわかりませんが、ハイネ大統領が選ばれることは現時点ではかなり厳しそうです。

大統領選出は来年1月6日。
| 次へ