CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 漁業・ナウル協定・FFA | Main | 太平洋諸島フォーラム(PIF)»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
第1回クロシオブエブエナート動画アップ完了しました。 [2021年10月05日(Tue)]

今年6月27日に開催した「第1回クロシオブエブエナート(仮)」の動画編集が完了し、全てYouTubeにアップしました。

パート1:サモア情勢
https://youtu.be/4-QxgxgjocA
パート2:フィジー情勢
https://youtu.be/g7oMb1kj3EE
パート3:ミクロネシア諸国のPIF脱退の動き
https://youtu.be/veduoEJFwhQ
パート4:日本・PIF関係@
パート5:日本・PIF関係A
https://youtu.be/KvmGunbyiOM
パート6:PALM9
https://youtu.be/o6PB10FtNnU
パート7:ポストPALM9
https://youtu.be/KbNWr7Kc1YU
再生数はいつ2桁になるのかというレベルの非常にレアな動画になりますが、アーカイブとしてはそれなりに使える部分もあるかもしれません。3年後の島サミットの頃に、少し再生されるかどうかでしょうか。

多少は、地域情勢の理解に貢献できるかもしれません。

(ちょっと長いところは、鬼編集しました)

よろしくお願いします。
塩澤
第1回クロシオブエブエナート動画パート1〜5、再アップしました。 [2021年10月03日(Sun)]

前回お伝えした私的ウェビナー「第1回クロシオブエブエナート(仮)」(2021.6.27開催)を再編集し、完了したものを一般公開しました(まだ残り40分あります)。

パート1:サモア情勢
https://youtu.be/4-QxgxgjocA

パート2:フィジー情勢
https://youtu.be/g7oMb1kj3EE

パート3:ミクロネシア諸国のPIF脱退の動き
https://youtu.be/veduoEJFwhQ

パート4:日本・PIF関係@
https://youtu.be/GvO6pjGdcV4

パート5:日本・PIF関係A
https://youtu.be/KvmGunbyiOM


再生数は伸びないと思いますが、今後もアーカイブとしてアップしていきます。

よろしくお願いします。

塩澤
壁! [2021年09月15日(Wed)]

昨年来、在宅ワークが中心になっており、賃貸ワンルームを仕事ができる環境に変えてきました。
例えば、仕事の優先度を明確にしたり、ポイントを整理するためにA2サイズのホワイトボードを2つ使ってきました。

そして、この数カ月、壁に要素として付箋を貼っていき、関連づけるなどして思考を整理したかったのですが、壁に直接貼っても剥がれるし、書き込みにくいし、どうしたものかと悩んでいました。

昨日、思い立って、壁紙?貼り付け?コルクシート?などと検索するうちに、ホワイトボードシートというものがヒットしました。

早速購入し、今日届いたので壁に貼りつけてみました。

A40DF469-06DD-4162-9410-F1833AADE466.jpeg

活用できるかわかりませんが、壁に落書きできるのは面白いかも。
スッと引く [2021年08月29日(Sun)]

副反応の熱は病気とは違い、まさに反応。今朝、スッと平熱に戻りました。気持ちアップグレード。今後も打つことがあれば、だいたい丸1日〜2日潰れるというところでしょう。

打った部分は炎症のようなので、冷やしていますが、これまでのところ、前回よりも楽な感じです。

副反応については、いろいろ言われますが、コロナに感染し発症し、発熱、肺炎、その他いろいろな症状が何日も続く、さらに後遺症、という可能性を考えると、1〜2日耐える事でこのようなリスクを軽減できるのであれば、他にリスク軽減の選択肢もないので自分はこれでいいと思います。

あとは、なかなか高熱を出すことがないので、いろいろ振り返ったり、考え直す機会にもなりました。病気の擬似体験といえばいいのか。


太平洋島嶼国では、従来型に対しては防疫が十分に機能し、コロナフリーを維持しながら観光を含む経済活動の再開を想定し、備えていたと思います。コロナが2020年1月に始まったとすれば、2021年の後半にはポストコロナに向けた明るさが見られるとの想定。

ところが、デルタ株が従来型に基づく想定を破壊し、おそらく大きな意味での新しい波に直面していると思います。人や物資の往来を完全に止めることができない以上、デルタ株がこれまでコロナフリーを維持してきた島嶼国の防疫を突破するリスクは常に存在するでしょう。

一部の国では、住民にワクチンに対する拒否感があり、2週間前にはワクチン接種開始後2カ月で対象人口の3%強しかできていないとのニュースもありましたが、自分の島嶼国の友人は多くがワクチン接種済みとのこと。

お互いに出来ることをして、対面で話せる時が来ることを期待しましょう。
2回目きつい [2021年08月28日(Sat)]

副反応を書きたくなるのが副反応。
1回目の時は、注射後、24時間経ってから熱が出て、38.5をピークに、36時間後にはスッと引きました。

今回2回目は、12時間後には熱が上がり始め、朝6時に38度台に乗り、解熱剤を飲んでも38度台、今午後3時でもうすぐ39度台に乗りそう。

また前回との違いは、悪寒、頭痛、関節痛など風邪の症状と同じ。呼吸器系は何もないので、こういうのが副反応なのでしょう。
2回目打ってきました。 [2021年08月27日(Fri)]

先日友人が、「副反応について書きたくなるのが副反応」と言われましたが、フィジーでデングにかかった時もメモしていたし、関心があることをメモ的に残そうとするのは、人の性。
というわけでモデルナ2回目打ってきました。

1回目の副反応が、2回目の人の副反応のようだったのと、お医者さんが「2回目の方が強い反応が出ることが多い」と言っていたので、正直ビビっています。接種後2時間、すでに少しずつ腕が痛くなっています。

今回は数日動けなくなることを想定して、帰りに冷却シートとウイダーインゼリーと食料を買い込みました。

そういえば、前回勘違いしていましたが、副反応の場合はウイルスとの戦いの熱ではないので、解熱剤飲んで良いんですね。辛くなったら無理せず飲みましょう。(体温計が上がっていくのを見るのも面白いが)


昨日は、フィジー、DC、マーシャル、ニューヨーク、キリバスなどとやりとりしていましたが、皆、たいてい、ワクチン接種を2回終えていました。自分もやっと追いついた感じです。

というわけで、土日はゆっくりさせていただきます。
副反応3 [2021年08月11日(Wed)]

ワクチン接種の副反応ですが、熱は3〜4日、摂取した腕の痛みが7日ほど続きました。
その後、いろいろ言われているように、ちょうど1週間後にいわゆるモデルナアームになり、蚊に刺された時に引っ掻いて腫れが広がるような大きさに赤く腫れ、痒みが出て、これが5日ほど。同時に前の週とは異なる四十肩のような腕の痛みが10日続いています。

しもやけのような反応があるとの話もありましたが、自分の場合は、体を動かして血行が良くなると手のひらや指の痒みが出ました。あとアレルギー反応が過敏になるのか、ものもらいができましたが、これは2日で引きました。

結局のところ、接種から2週間は運動をせず、一昨日から少しずつ運動を始め、17日後の現在、軽めの四十肩状の不具合以外はほぼもとの状態に戻りました。

自分の場合は免疫反応が過敏なのかもしれませんが、1回目でこの調子なので、2回目の反応がちょっと心配。
私的ウェビナー「第2回クロシオ・ブエブエナート」のご案内 [2021年08月09日(Mon)]

8月22日(日)午後2時より、私、塩澤と黒崎先生(東海大学講師、太平洋諸島研究所所長)が太平洋島嶼地域について話し合う私的ウェビナー「第2回クロシオ・ブエブエナート」を開催いたします。(3時間以内の予定)

私と黒崎さんの繋がりは2003年ごろにマーシャルで始まりました(私が青年海外協力隊短期隊員、黒崎さんが在マーシャル大使館専門調査員)。その後、私が在マーシャル大使館専門調査員、黒崎さんが外務省大洋州課で外務事務官となった2006年以来、それぞれ立場を変えつつ太平洋島嶼国に関わりながら、毎年数回地域情勢や各国の動向を確認するために意見交換を行ってきました。

今回は、7/2に開催されたPALM9、パラオ・ミクロネシア連邦・マーシャル・米国関係、ミクロネシア5カ国のPIF脱退、8/6に開催された第51回PIFサミット、サモア新政権、ニューカレドニア、パプアニューギニアのブーゲンビル自治州、オリンピックなどについてブエブエナート(おしゃべり)する予定です。

私的な意見交換の発展型ではありますが、太平洋島嶼地域に関心のある方々には地域理解の一助となるものと考え、私的なZoomウェビナーという形で公開させていただきます。

ミーティングではなくウェビナー形式であるため、参加者については、参加者間で名前は共有されず、音声、映像ではなく、基本的に視聴とQ&Aでの参加となります。

ご関心がありましたら、下記までご連絡ください(8/21午後6時まで)。追って、申し込み案内を送付いたします。

kuroshio.bwebwenato@gmail.com

なお、業務時間後の対応となるため、連絡は夕刻以降となります。


日曜の午後、ステイホームのひとときに。

よろしくお願いします。
オリンピック [2021年08月09日(Mon)]

東京オリンピック終わってしまいました。ネットと時差がないお陰で、これまでになく多くの競技を観ることができました。
昨日も女子のスポーツクライミング、女子バスケ準決勝、野球、今日は女子の自転車オムニウム、他の日では女子1500と槍投げ、男子走り幅跳び、スケボーのパーク、セイリングなど、痺れました。スポーツクライミングはいつか現場で見てみたい。小さい頃にやたら木登りしたり、崖や壁を登って怒られていましたが、そのような忘れていた原初の好奇心といったものがくすぐられました。

スポーツから得られる感動というのは、おそらく他の感動とはまた違ったものなのでしょう。何かこう、心の枠が広がった感じがします。

正直、モスクワオリンピックの時のように半数以上ボイコットして、メダルをとっても疑問符がつくようなものになってしまうのではないかと思ったりもしましたが、実際にはあれだけの国や地域で選手や関係者が準備して、感染拡大が起こっている日本に来て、競技に参加しました。直前まで実施か中止かはっきりしない状況でも、選手はしっかり調整してたんですね。

天気も最後までもったし、コロナ感染で辞退した選手もそれほどいないようでした。現場もコロナ対応の医療機関も本当はギリギリなのかもしれませんが、コロナに屈しない強さを示したのではないかと思います。

おそらく先進国か強権的な独裁国家でないと、実現できなかったのではないか。正直、やり切ったのは凄いと思います。

次はパラリンピック。引き続き、選手や関係者に感染が広がらないようにしつつ、良い試合を期待しています。

社会の包摂性や多様性の観点からも、若い人を含め現場で観戦できれば得るものが大きいように思いますが、まだまだ感染者数は増えるでしょうから難しそうですね。


2024パリ五輪では、タヒチがサーフィン会場だそうで、島嶼国も少し盛り上がるかもしれないですね。仏ポリはまた感染拡大が進んでいるようですが、2024年、世界はコロナを克服し、アフターコロナの世の中になっているのかどうか。
副反応2 [2021年07月29日(Thu)]

先日、モデルナワクチンの副反応について書いたので、続きを。
月曜夕刻に1回目のワクチンを摂取し、1時間後に指が痒くなりました。

翌日夜、26時間後から熱が出始め、1時間に0.2度ずつ上昇し、夜0時過ぎ、32時間後に38.3度。

デングのような本当の病気だと、ここからさらに40度に向けて上がり続けるのですが、今回はこれをピークに下がり始めます。

朝、摂取から38時間後には37.1度に下がりますが、この微熱状態が24時間続きました。

そして2日半経った今朝、ようやくスッと熱が抜けました。36度台前半が続いています。

腕は12時間後から痛み始め、24時間後から48時間後まで強い痛みが続き、腕を挙げられない状態、キーボードも打ちたくない状態が続きました。熱が治まる頃に痛みのピークは過ぎましたが、3日以上(80時間)過ぎた現時点でもまだ痛みがあります。触ると痛みがあり、腫れがある状態。

時間を置いてから反応が起こる可能性があるかもしれないので、念のため摂取から1週間は体に負荷をかける運動は行わないことにしました。

これまでさまざまなワクチンを打ってきましたが、歳のせいか今回の反応が最も強い。自分の場合、2回目の時には数日休みを取った方が良さそうです。
| 次へ