CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 中国関連 | Main | 漁業・ナウル協定・FFA»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
SPREP, ラニーニャ発生を宣言 [2020年10月12日(Mon)]

太平洋地域環境計画事務局(SPREP)が、公式にラニーニャ発生を宣言したようです。

https://www.sprep.org/news/la-nina-officially-declared-in-the-pacific

エルニーニョ=海水温上昇というイメージがある方もいると思いますが(以前は自分はそうでした)、エルニーニョの場合は、太平洋の東側、南米沖に海水温の高いエリアが集まる一方で、太平洋島嶼国のある中西部側の海水温が下がる=(水蒸気量が減る・降水量が減る)・(低気圧の活動が弱まる・海水の上下方向の撹拌が減り表面の海水温が高いままで維持される・サンゴの生育域の海水温が高止まりで白化が進む)、などといった話があります。

実際の現象としては、エルニーニョの場合は、赤道あたりから北半球の太平洋島嶼国で干ばつ傾向になる一方で、南半球では降水量が増え強いサイクロンが発生するといった傾向があります。

ラニーニャの場合は、反対に、太平洋の中西部域に海水温の高い塊ができ、赤道あたりから北半球の島嶼国では降水量が増える。南半球は変わらずか少雨だったか。。

リンク先の図では、赤道を挟んで左側に矢の先端のように高温域が作られているようなので、その周辺の水蒸気量が多く、低気圧が活発化し、その周辺に影響を及ぼすということかもしれません。国で見ると、パプアニューギニア、ミクロネシア連邦のポンペイ州南部(カピンガマランギ島など)、コスラエ州、マーシャル諸島南部と北部、ナウル、キリバス、ツバル、クック諸島が高温域に入っています。一方、パラオやミクロネシア連邦ポンペイ州から西側、マーシャル中部では海水温が低めに見えます。(図の見方が間違っていなければですが、、、。)

低環礁国で雨が良く降りそうなので、良さげですが、激しい雨が増えたり、強い低気圧が現れると沿岸部で高潮被害も発生するし、建物も大変かもしれません。パプアニューギニアでは洪水などが増えるのかもしれません。ニュースを注意深く追っていきましょう。
国際開発ジャーナル5月号、フィジーのソコ国家災害管理局長記事 [2020年05月18日(Mon)]

国際開発ジャーナル5月号4ページに、1月末に、当財団の公開シンポジウムおよび非公開会議のため来日されたフィジーのバシティ・ソコ国家災害管理局長のインタビュー記事が掲載されました。

ここで紹介はできませんが、フィジーの災害管理体制が端的に述べられており、大変参考になります。興奮して、デジタル版の年間購読を申し込んでしまいました。

国際開発ジャーナルは、自分のように開発協力畑を歩いてきた者にとっては、大変重要な雑誌です。もし手元に5月号がありましたら、是非ご一読ください。
北部ミクロネシア地域で少雨傾向との報道 [2020年04月22日(Wed)]

4/17付、Radio New Zealand記事です。
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/414470/micronesia-experiencing-drought

言及されているMariana's Varietyの4/16付記事。
https://mvariety.com/cnmi-local/73-local/3126-drought-intensifies-across-much-of-micronesia


パラオでは既に3月から水不足に対する警戒と共に対応が進められていますが、上記報道では、「北部ミクロネシア(ミクロネシア地域の北半球地域)全体で、水不足の傾向にあり、今後1〜2か月、状況が悪化する可能性がある」としています。

「この状況は、エルニーニョ、南方振動などに関連付けられ、日付変更線に近いエリアで海水温が高くなっていることが影響している」と見ているようです。


以下、私見。

エルニーニョというと単純に「海水温上昇」と思いがちですが、実際には、太平洋全体を見たときに東側の海水温が上がり、反対に西側の海水温は下がります。ミクロネシア諸国はこの西側に位置します。

文献を引用できませんが、過去に現地気象庁や政府中枢部と仕事をしていた時には、関係者間で次のように認識されていました。

1.エルニーニョによって海水温が下がる→大気中の水蒸気量が減る→(ローカルな地形が影響し、山のない地域では)特に降水量が減る

2.エルニーニョによって海水温が下がる→強い低気圧が発生しにくくなる→海水が上下方向で撹拌されない(嵐や台風が発生すると縦方向に海水が混ざる)→表層の海水温が高止まりとなる→サンゴの白化現象が発生する


更に、傾向としてですが、エルニーニョが発生し、北半球のミクロネシア地域が干ばつを経験する時には、反対に南半球の海水温が高くなり、降水量が増えたり、強いサイクロンが発生するということが起こっています。


ラニーニャ現象の場合は、これと反対の状況になるようです(北半球のミクロネシア地域では多雨、南半球では少雨傾向)。


各国の気象データを見ると、このような傾向が確認できると思います(自分が確認していたのはマーシャル諸島とフィジーの気象庁、NOAAなどの資料でした)。
気候変動のグレタさんの話 [2019年11月15日(Fri)]

先ほど思い出せなかった話を。
フィジーの友人に「先進国と島嶼国間の気候変動に関するギャップが、IWC(国際捕鯨委員会)の空気と似てきたんじゃない?」と話したことから、9月の国連でのグレタさんの話に話題が移りました。

友人が言うには、「彼女は左翼系のグループのパペットだとか批判されているが、極端な発言によって注目され、実際に世界的に同調する若者が増えている。気候変動について、ジェネレーションという軸を明確にした功績は大きいのでは。日本では高校生などデモなど行っていないのか?」と。

日本では、高校生が極端な行動をすることは難しいんじゃないだろうか、と伝えつつ、自分の高校時代の苦い出来事を思い出し、話しました。

もう30年以上前の話です。当時、高校1年か2年の時、すでに地球環境の悪化や温暖化の話が語られていた頃で、思い込みの激しい十代の自分は、強い危機感と共にバブル経済に狂乱している上の世代に対する怒りのようなものがありました。その点で、グレタさんのあのスピーチは自分の青い時期を思い起こさせました。

当時、陸上部で、キャプテンだった時なので、高2の終わり頃だったろうか。長距離だったので毎日2時間とか20キロとか走っていたのですが、ある時、砂浜を走っていると、黒い鳥の死骸が打ち上げられていました。それが1羽2羽の話ではなく、50数羽ありました。

レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を読んでいた時期でもあるので、若い正義感というか、何かおかしいのではないかと思い、近所の交番で伝えると、軽くあしらわれ、市役所や地元の新聞社に電話しても、「そんなもの大したことではない。そんなことで電話などしてくるな。」と鼻で笑われてしまいました。当時はまだ携帯もなく、SNSなど当然ない時代。

それ以来、大人に対する潜在的な怒りというものが心の底に深く広く残ることになりました。


自分はもうその当時の大人の歳になりました。果たして、若い世代が何らかの疑問の声を上げたときに、自分はしっかりと対応ができるのかどうか。

あるいは、現実の世界とはこんなものだよと、苦笑いでやり過ごすか。

あるいは、夢みたいなこと言ってんじゃねえ、世の中は厳しいんだよ、と突き放すか。
台風19号 [2019年10月12日(Sat)]

今パラオ出張中で、いろいろ書きたいことがあるのですが、台風19号が気になります。

東京や地元の日立も直撃すると見られます。

自分が小学生の頃、40年ほど前、父親からカスリーン台風の話を何度も聞きました。

1947年当時、父親は5歳で祖父は鉱山労働者でした。日立鉱山周辺の長屋に住んでいたそうで、夜中に親父は玄関に水が上がってきたのを見て、位牌を浮かべて遊んでいたそうです。

それに気づいた祖父が、位牌と最低限の物を持ち家族を連れて高台に避難したそうです。

まもなく長屋のそばにある宮田川が氾濫し、家族は難を逃れたとのことでしたが、亡くなった方も多数あったそうです。

戦時中は、空襲と艦砲射撃に見舞われ、戦後すぐにこの台風被害が発生しました。近くの神峰山にはカスリーン台風の石碑が残っています。

その後、祖父は地盤が強く高台にある土地を購入し、小さな家を建てました。


今回の台風は、雨も風もこのカスリーン台風以上かもしれません。

無事を祈ります。
9/18パネルの様子 [2019年10月05日(Sat)]

太平洋島嶼国が台湾との関係を維持することと日本の関わりについて、さまざまな見解があると思います。

例えば、間接的にですが、何かの事象について日本と中国の意見が対立し、国際社会で双方が支持を得たい場合(実際には、中国に限らず、それぞれ協働できることもあれば、対立することもあります。日米関係でも、日豪関係でも、なんでもかんでも同じということはなく、担当部局の方々が日々格闘されていると思います)、14島嶼国が一致して日本の反対側に移ることは望ましくありません。

しかも現在の国際社会、とりわけ途上国の枠組みにおいては、太平洋島嶼国の影響力が増しているため、影響は14か国だけでは止まらないでしょう。

今だけではなく、5年後、10年後、その先も見据えることも大切かと思います。

その点で、日本と価値観が近い台湾が島嶼国にいるというのは、心強いところもあります。

一方、太平洋島嶼国の開発や発展という視点から見た場合はどうか。

中国の援助や経済活動による地域経済に対する多大な貢献は無視できません。

2000年代から2010年代初頭にかけて、日本や他の先進国が応じられなかった部分を中国が埋めた面もあり、仮に中国が出てこなければそのような部分は今も埋められておらず、地域の経済成長も何年も遅れたかもしれません。その積み重ねがあるため、中国が大切な友人であるという島嶼国もあります。そのような島嶼国では日本が中国を明確な証拠も理由もなく批判したり否定しようものなら、大きな反発を食らうことになります。

さらに中国の影響が高まったことで、日米豪NZ台湾の援助や地域への関与も拡大した面もあるでしょう。

台湾についてはどうかというと、年間10〜15億円の範囲で承認国に支援をしていますが、中国よりもさらに細かな部分で他の開発パートナーが支援できないものを掬っている場合があります。そのほかに日本のJICAにあたる台湾ICDFが、現地にいる専門家は本当にまじめに現地の住民の生活改善に貢献しようとしていますが、農業、教育、保健医療、循環型社会構築などに取り組んでいます。

自分の視点から見た場合、台湾ICDFの取り組みは素晴らしいのですが、もしかすると自分の持っている手法を反映させることで、さらに現地の人々にメリットになるのではないかと思える部分があります。さらにこちらには人的リソースが非常に少なく限られているので、現地で彼らと協力できる部分があればこちらのメリットにもなります。

例えば、現地でワークショップを行う時に協力できれば、広報や参加者確保、準備するための人的リソースなどの面で、1+1以上の効果が期待できます。

ということで、1年前から台湾ICDFと意見交換や協力する機会が増えています。先日のニューヨークのイベントもそうでした。また自分は民間にいるのでトラック1の政府間外交を気にしなくとも良い立場にあります。

今朝、おそらく気落ちしてるであろう台湾の友人から、当日の写真が送られてきたので載せてしまいます(ちゃんと仕事していたんだというアリバイの意味でも)。

9FAAE9AF-EC7C-42DA-91F1-46979ABBA8A3.jpeg

C37EC6DF-CB04-4278-9084-1873F5C8EE0B.jpeg

E3856E7A-6DF4-4000-883E-9B75E37D920C.jpeg

5C48AFDC-286E-49CD-BC59-F406CB058DFC.jpeg

0AC5041E-164B-4981-836D-8B454FBB914A.jpeg
国連気候行動サミット、SNSから [2019年09月24日(Tue)]

フィジーのバイニマラマ首相を始めとして、太平洋島嶼国首脳の発言とそこで表明される自ら行動する姿勢が、強い危機感と猶予がないことを示しているようです。イギリスや他の欧州諸国もこれに答えるメッセージを出してます。


自分は、島嶼国をよく訪問してはいるものの、日本にいて、おそらく気候変動分野での認識は5年以上遅れています。(正直なところ、自分の中に、人的要因云々というところと、島嶼国が資金を得る手段にしているんじゃないかという、ブラックな考えが残っているので、どこまで信じていいか、まだ斜に構えています。捕鯨問題と色が似てきてる気もします)


しかし、言い訳ベースではなく、実際に(自己満足ではなく)効果的な行動が必要で、特に国には、しっかりと国際社会の熱に答えるメッセージが必要とされている状況のようです。日本は何もしていないわけではないでしょうから、今現在の取り組みと成果、どれだけ官民で資金をあてているか、革新的技術、プランを分かりやすく積極的に広報していく必要があると思います。

さもなくば、人類の生存にかかる最大の脅威とされる気候変動分野で日本は後進国扱いになり、いろいろな場面で、うまくいかなくなるんじゃないかと心配になります。人的要因云々の疑問を自分は持ってるし、他にも持ってる方々もいるものと思いますが、SDGsを経て、国際社会の流れはすでに作られているようです。

理屈ではなく、パッと行動を示さないと、かなり厳しいかもしれない。日本はしっかり関係機関間で調整しないと無責任な発言はできないのですが、良くも悪くもスピード感がある国からは遅く見えてしまう。


昨日小泉環境相が話していたクリスティーナ・フィゲレス前気候変動条約事務局長ですが、2012年の末ごろにフィジーを訪問し、G77の議長を務めることとなっていたヤウボリ外務次官(当時)主催の会合が開かれたことがあります。各国外交団の一員として自分も出席しましたがフィゲレスさんには、日本は震災の影響があるので大変でしょうと声をかけられ、気候変動については島嶼国で実際に起こっている現象や危機感を本国に伝えて欲しいと言われ、公電で報告したように思います。

今の国連での動きは、当時のアクターが中枢におり、何年も前から連綿と続いているものだと分かります。

(今日もうまくまとまりませんでした…。)
太平洋島嶼国最大の脅威:気候変動 [2019年09月23日(Mon)]

今日は疲労困憊で、夕方まで体を動かすことができませんでした。けっこうキツイ。


自分は素人なので、自然災害と気象変化と気候変動を直接繋げていいか、正直わからないのですが、太平洋島嶼国では頻繁する気象災害、自然災害が気候変動の結果とみなされています。
特に、気温上昇や海水温の変化(ラニーニャ現象やエルニーニョ現象)が、低気圧の規模や降水量の変化に影響することから、そのようにみなされているのだと思います。

ラニーニャの場合は、南米側の太平洋の海水温が下がる一方で、北半球の島嶼国周辺では海水温が高くなり、降水量が増えたり、強い低気圧が発生することが多いと聞きます。

一方、エルニーニョの場合は、北半球の島嶼国側で海水温が下がり、降水量が減少、嵐も減ることから、海水の表層の撹拌が減ることで、サンゴ礁のある海域では海水温(気象変化を及ぼすレベルではなくローカルなもの)が高止まりとなり、サンゴの白化現象が発生すると聞いたことがあります。

南半球の場合は、北半球とは違った動きがあるようです。

気象に関する近年の主な自然災害は下記の通りです。

台風ボーファ(2012)パラオなど
サイクロン・エバン(2012)フィジーなど
台風ハイヤン(2013)パラオなど
サイクロン・イアン(2014)トンガ、サモアなど
サイクロン・パム(2015)バヌアツなど
サイクロン・ウィンストン(2016)フィジーなど
サイクロン・ジータ(2018)トンガなど

これに加え、ツバル、キリバス、ナウル、マーシャル、パラオでは干ばつや高潮による被害が発生してきており、パプアニューギニア、バヌアツ、フィジーなどでは洪水による災害が発生してきました。

このような自然災害は気候変動の結果とみなされているのため、島嶼国で被害にあった経験のある住民は大変な深刻度を持って脅威と感じています。(長期的視点では、低環礁島や沿岸部では海面上昇で島や沿岸部が水没するという危機感があります。)

そのため、太平洋島嶼国側に先進国がメッセージを送る時には、その真剣な危機感を踏まえた言葉遣いが必要になるでしょう。

一方、先進国内では、脅威について理解しつつも、自分はそうですが、おそらく脅威を実感しないと動くことはなかなか難しいと思います。それを踏まえると、現地の人々がの危機感を踏まえつつも、正直なところ、先進国内で実際に行動を起こすには、聖人のようなアプローチでは難しいと思います。その点で、不謹慎に捉えられるかもしれませんが、眉間に皺を寄せるようなものではなく、ポップさとか、ファッション的な軽やかさが必要な気がします。

さらに実際の大きな影響を及ぼすには、やはり経済的メリットが必要でしょう。島嶼国側もその点を理解しているところがあり、革新的な技術的アプローチを求めています。(軽減の意味では温室効果ガス排出量削減、適応の意味では中長期短期、地域やローカルレベルの気象データとそのデータの分析力向上、現地での情報伝達能力向上など)

小泉環境大臣の発言のニュースを見て、こんなことを思い出しました。まとまりませんが、この辺で。
気候変動パネル・ディスカッション2 [2019年09月19日(Thu)]

それでパネルディスカッションについてですが、最初話を受けた時に、パラオでのエコツーリズムについて紹介して欲しいとのことで、てっきり持続可能な開発目標の文脈だと理解していたのですが、2週間ほど前に、「気候変動に対する人を中心とするテクノロジー」の文脈だと判明し、準備をやり直しました。
元々は環境配慮型ツーリズムとして進めているプロジェクトなので、気候変動との関わりとしては、1.自然資源の管理責任を有する住民が観光産業に関わることで、気候変動で脆弱になった環境に観光客による負荷がかかり過ぎないようにすること、2.住民がお金を稼いで、持続可能な管理を実現すること、3.住民密着型エコツーリズムを通じて、住民がより敏感に環境の変化に気づくようになること、4.小さな国の特徴を活かし、住民による変化の気づきを国レベルで共有し、さらに国際社会に共有する点をあげました。

作成した図はこのようなものです。

1FA4A23D-79A3-4E93-8418-B2F1454AA145.jpeg
適切な利用と持続可能な管理の関係

2374E305-D5B3-4449-8EF4-3D4C1FC728B6.jpeg
フェノロジー改め、エコツーリズムカレンダー

950951C1-4CF8-4FCB-9B4E-DEAFC4C79212.jpeg
ツアーの組み立て例

F27C1EC2-0293-49F9-9E9B-D1D96BFBC8E7.jpeg
小さな国の優位性

そして、テクノロジーというので、自分は泥臭い取り組みしかしていないのですが、その取り組みを振り返り、勝手にCycle Dialogue Methodと名づけました。

5510B618-5010-4133-A91A-4E57E09E745C.jpeg

要は、考え方を押し付けるのではなく、しつこいくらいに対話を続けて、現地にイニシアチブを発揮してもらうやり方です。実際に行うと、相当疲れますが、やるだけの価値はあると思います。

とはいえ、実際どうだったかなあ。芸人さんが滑った時のような感じというか。いくつになっても恥をかき続けてる感じです。
気候変動パネル・ディスカッション1 [2019年09月19日(Thu)]

日本時間で火曜の夜12時前に羽田を出て、フライトを乗り継ぎ今朝ニューヨークに着きました。
関係ないですが、今回は選択肢がなく、日本の航空会社を利用しました。普段はニュージーランド航空やユナイテッドを利用していますが、今回の日本の航空会社のフライトは、何も落ち度もなく、ミスもなく、問題もなかったのですが、設備が古めだったせいか、融通がきかないというか、固いというか、トロいというか、年老いているというか(年齢のことではありません)、ちょっと残念な印象でした。日本はサービスが良いというのは、クレームを避けるための防御の面があるんでしょうか。

というわけで、宿に着いたのが午前6時。昼過ぎまで仮眠し、午後に台湾ICDFとコロンビア大学共催のパネルディスカッションに参加してきました。

52C59422-B7B5-4A68-950C-BEA46C7B9079.jpeg

台湾は先日のソロモン諸島の件で、ちょっと残念だとの雰囲気がありましたが、政治云々ではなく、関わってきた現地の住民について心配している様子でした。彼らの住民との取り組みは価値のあるものなので、しっかり評価されればとも思います。

7C681583-6D66-4966-BB62-684ECF3E4E00.jpeg
台湾ICDF事務局長。
| 次へ