CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«中国ー太平洋諸島フォーラム奨学金プログラム | Main | 太平洋島嶼地域を覆うもの»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
ハッスルコーラでハッスル、ハッスル [2018年03月15日(Thu)]

自分はクレイジーキャッツの無責任シリーズ、特に三部作を愛してやみません。
あの空気感と言葉の歯切れの良さと、女性の言葉の丁寧な響きが何かこう、いい感じです。

先程、太平洋・島サミット関連レセプションに出席させていただいたのですが、サミット親善大使のような役割に、いわきのフラガールが任命されていました。

29A25F7A-1FE7-4BBA-8E3A-E942F231D099.jpeg

冷静に言えば、あのフラはサモアではなくハワイで、太平洋・島サミットのイメージとは異なります。太平洋島嶼国の皆さんもハワイは違うというし。

むしろ先日の湯本高校フラダンス部Welina Mahaloが太平洋島嶼国のイメージに驚くほどピッタリだと思います。

批判しているわけではありません。念のため。

FBF42A96-8E3D-4C1D-9062-64D34A2B166A.jpeg

今日はフラガールのパフォーマンスもあり、プロフェッショナルで、かぶりつきで見ていたいくらい素晴らしいものでした。そしてどこかノスタルジックな感情が湧いてきました。

何なのかなあと思っていると、そう、愛してやまない無責任シリーズの時代に似ているんです。まだ自分が生まれる前の時代。

無責任シリーズでいうと、平等(たいらひとし)だったでしょうか、「ハッスルコーラ」「ハッスル、ハッスル」の映画。

あの時代、憧れるなあ。
コメントする
コメント