• もっと見る

«太平洋・島サミット・プレイベント in いわき | Main | ハナハナ»
2000年前後の太平洋島嶼国中台関係 [2018年03月04日(Sun)]

そういえば、自分が大学院生だったころ、94〜5年ころ、中国や香港(当時英国)のロックアーティストが一部で流行っていました。
変化していく時代背景もあり、アイ・ジンの「私の1997(我的1997)」とか。

その後1997年7月、香港が中国に返還されました。

2000年前後、パラオは独立してまだ数年、クックとニウエはまだ日本は国家承認していない時代、太平洋島嶼国は12カ国でした。その当時、中国と国交を有する国は8カ国、台湾が4カ国。一瞬9:3になったこともあるかもしれません(1998年11月にマーシャル諸島が台湾に、トンガが中国にシフト)。

1980年代、バヌアツ、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦が独立した当時、パラオはまだ独立していないので太平洋島嶼国は11カ国。当時は中国が6カ国、台湾が5カ国。

もっと遡ると、南太平洋の国々は1960年代から70年代に相次いで独立しました。

一方、国連では1971年10月、中華人民共和国が加盟し、中華民国が脱退しています。
コメントする
コメント