CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«サモアとトンガの債務返済率等 | Main | 昨日はパラオで雨、フィジーの新聞は地震に注目»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
フィジー災害復興支援:大使インタビューおよびプレゼン資料 [2016年04月20日(Wed)]

4月12日、東京の笹川平和財団ビルで、駐日フィジー共和国大使館主催「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」が開催されました。

同アピールでは、サイクロン・ウィンストンにより発生した被害、災害発生時のフィジー政府の体制と国連、豪軍、NZ軍などの国際社会と連携した緊急支援、今後のフィジーの中長期支援の必要性などに関するプレゼンや質疑応答が行われました。

このイベントに対する国内外の関心が高かったことを受け、今回、マタイトンガ大使のインタビュー映像およびプレゼン資料(ダウンロード用PDFファイル)を紹介するページを作成しました。プレゼン資料を利用される方は、出典として「駐日フィジー共和国大使館」もしくは「The Embassy of the Republic of Fiji in Japan」と明記していただくようお願いします。

「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール マタイトンガ特命全権大使インタビュー」

フィジー大使館は現在も義援金を募っており、送金宛先などの情報は上記ページ末にリンクがありますので、ご確認ください。

先日、フィジー大使館のケレラ書記官から、フィジー滞在経験がある都内の高校1年の女子学生が、友人の皆さんと募金活動で集めた寄付金を大使館に届けに来たとの話がありました。その際、マタイトンガ大使とその高校生が直接いろいろな話をしたそうです。大使の懐の深さもそうですが、その高校生の行動力も凄いですね。
コメントする
コメント