CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«パラオの干ばつ、フィジーの洪水3 | Main | フィジーは峠を越えたところ»
フィジーの水害 [2016年04月06日(Wed)]

フィジーは現在大洪水に見舞われていますが、バヌアツ周辺で発生していた熱帯低気圧16番はサイクロン・ゼナ(Zena)に発達し、今日から明日にかけてカテゴリー3の勢力でフィジー南部を直撃するようです。

フィジー気象局の図
TCZena.jpg

また現地UNOCHA(国際連合人道問題調整事務所)が公表している図(4月6日午後2時、UTC)では、過去72時間の降水量が色別で示されています。
UNOCHA.jpg

右下の凡例を見ると、見間違えではないと思いますが、5mm, 20mm, 40mm, 100mm, 1m (!), 3m (!!)とあり、シンガトカ、ナンディ、ラウトカ、バなどビチレブ島西部が降水量3メートルとなっています。

サイクロン・ゼナはカンダブ島を直撃し、カテゴリー2に勢力を弱めながら、トンガ、ニウエにも上陸しそうです。

一方、パラオの干ばつは改善の兆しもなく、厳しい年としか言いようがありません。
コメントする
コメント