• もっと見る

«ラロトンガ! | Main | 足»
帰国 [2024年04月22日(Mon)]

先ほど、夜9時過ぎ、帰宅しました。
クック最終日は虹。
E17F0CB4-69D8-4361-98B7-7C993F7394D9.jpeg

E7D2FB12-0408-40CE-971D-9A453C9E7318.jpeg
マーケットでミニポスターを購入し、出国。

E4B3D59F-07EB-490C-BB7A-BD1B11AB08BF.jpeg
Straight outta RARO

基本エコノミーですが、今回は帰国便で両脇に人がいなかったため贅沢に使わせてもらい、仕事が捗りました。

10時間のフライトでも、深夜便なら寝ればすぐに到着。昼便なら集中して仕事ができれば、あっという間に着いてしまいます。狭くて腕が痛みますが、コルセットを巻くようにしてから坐骨神経痛は改善しています。

今回のクック滞在で、経済的にはパラオが近いのですが、人や町の雰囲気はマーシャルのほうが近い感じがします。

パラオは義理人情の国で演歌が似合いますが、マーシャルは小さい頃におばあちゃんに甘えていたときのような優しさがあります。

クックは社交的で品のあるマーシャルという感じがします。マーシャルの社会経済発展を考えるとき、クック諸島が一つのモデルにして良いのかも。

パラオ、ヤップ、チューク、ポンペイはグアム寄り、マーシャルとコスラエはハワイ寄りのようなイメージで、マーシャルはポリネシアに馴染みやすいのかもしれません。

でも、クックの友人はタヒチとの文化的繋がりが強いとのこと。

そういえば、クック諸島の原初の神がTangaroa、トンガではTangaloa、サモアではTagaloa、広大な海域を人が移動していたことがわかります。kai食べ物とかika魚とか、言葉も面白い。
コメントする
コメント