• もっと見る

«サイパン!PATAミクロネシア会議 | Main | ミクロネシア地域»
サイパン [2024年03月15日(Fri)]

今朝、今回の会議グループのボート観光をキャンセルし、北に向かいました。
8748D6C2-FCF1-49C3-966B-A152E78994BF.jpeg
C66D51AD-95CA-4387-94BD-8001EC4CBAB3.jpeg
Last Command Post(現地名)

サイパンの戦いについていろいろ読むと、きついです。

10数年前にパラオのペリリュー島に初めて行った時に感じたものと近い感覚があります。

D130FE73-8C9D-449F-9559-4CE2AB67EFF4.jpeg
Bird Island

330D2FED-1197-4537-9717-00A02F7FD211.jpeg
D884185D-CC84-4A31-90C5-D95F6CC7D0D0.jpeg
Banzai Cliff(現地名)

D3850141-7241-4FB5-B21F-8D137A3D1547.jpeg
Suicide Cliff(現地名)

別の国の若者グループが、キャッキャと写真を撮りながら観光していましたが、自分は無理でした。重い。

サイパンのことは当然知っていましたが、米国だからと言って避けていました。そして、今回、本当には知らなかったということが分かりました。


現地観光関係者は、戦跡をめぐる平和をテーマとする観光を考えているということでしたが、自分の世代はまだ無理だと思います。まだ歴史になっていない。今の20代以下の若い世代であれば良いのかもしれません。

先日、パラオで16時間の滞在の後、台湾経由で戻りました。こんなに街があり、普通の日常があっても、戦争が始まれば壊れてしまうのだと。備えは強化しつつも、それは避けるべきだと強く思ったところでした。ここサイパンでもあらためて強く思いました。
コメントする
コメント