• もっと見る

«2024 | Main | マーシャル諸島:ヒルダ・ハイネ大統領誕生!»
被害が最小限となることを祈る。 [2024年01月02日(Tue)]

昨日の地震、津波、火災による被害の全貌が判明するにはまだ時間がかかるものと思います。
被災地では暖をとることができているのか、清潔な水は行き渡っているのか、取り残された方はいないのか、食をとることができているのか、心配です。

海外の友人からも、何かできないかとの連絡が届いていますが、初動は国、地方自治体、自衛隊などが対応しているため、二次支援、三次支援が必要になるかもしれないと伝えています。

デマに注意しながら、ニュースを注視しています。できるだけ早く被害の状況が明らかになり、必要な方々に支援が届くことを願うばかりです。
コメントする
コメント