• もっと見る

«ここから先に進む | Main | 共通の現実的な課題»
太平洋島嶼国出身大学院生との意見交換2 [2023年05月18日(Thu)]

昨日、大分に出張し、太平洋島嶼国出身の大学院生と意見交換を行いました。今回はマリニさん、マバエさん、Dr.ホラ、ナニセさん、メレさんの5名。なぜか女性ばかりになってしまいましたが、事前にこちらのコンセプトを共有し、自ら関与してみたいと言ってくれた皆さんです。
A2725CDE-B031-4CF6-8142-1214A9BBDB6C.jpeg

大学院生ではありますが、それぞれ国では、民間あるいは政府で、経済財政、人材開発、保健医療の実務に関わってきている社会人であり実務者であるので、学生ではなく若手実務者として参加していただきました。

皆さんの実際の経験に基づく意見や問題意識がとても参考になり、2時間の予定が、気づくと4時間を超えていました。

それぞれ2〜3年の滞在ではありますが、日本にこのような人材がいるのに、彼女らの知恵や経験を引き出さないのはもったいない。それぞれが日本と太平洋島嶼国の大切な架け橋になり得ます。

何とか形にしていきたいと思います。
コメントする
コメント