CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ソロモン、キリバス、パラオ 2/7 | Main | 米国バイデン政権による「インド太平洋戦略」»
米国NBRのインタビュー [2022年02月09日(Wed)]

昨年、米国のNBR(The National Bureau of Asian Research/全米アジア研究所)でプロジェクト・アソシエイトを務めている會田さんという方から広報を通じて連絡がありました。おそらく、太平洋島嶼国について調べているなかで、たまたま自分の名前が引っ掛かり、連絡をいただけたのだと思います。

昨年末、Q&A形式でいくつか質問に回答させていただいたのですが、その内容が公開されました。(日本語で回答したものを、會田さんが訳されました。)

6分程度で読める長さだそうです。

日本語版
https://www.nbr.org/publication/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E5%B3%B6%E5%B6%BC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%82%B7/

英語版
https://www.nbr.org/publication/japans-role-in-the-indo-pacific-following-the-fukushima-nuclear-disaster-through-the-pacific-islands-lens/

自分としては、どのような経緯であれ、自分よりも若い世代の方に太平洋島嶼国について関心を持っていただき、さらに直接聞いていただけたことが嬉しくもありました。
コメントする
コメント