CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«パラオ 1/27 | Main | パラオ 2/1、キリバス»
トンガの友人の話と駐日トンガ大使館の義援金口座開設 [2022年02月01日(Tue)]

トンガタプ島のヌクアロファ郊外に住むトンガの友人から、次の連絡がありました(時間は正確ではないかもしれません)。

1/15、午後6時13分ごろ、島の西側の海から雲が湧き上がるのを見た。同時に大爆発のような非常に大きな爆発音が聞こえ、雲が空を覆い始めた。数分後、空の半分ほどが雲に覆われ、爆発音から46分後、石が降り始めた。石の雨のような音だった。さらに7分後、暗くなり始め、暗闇の中、家族と共に隣人のところに避難した。

朴訥としたおじさんですが(おそらく自分と同じくらいの年)、それゆえにその当時の様子が伝わってきました。


1/28には駐日トンガ大使館が、義援金口座開設を発表しました。こちらは直接トンガ政府の復興支援にあてられるようです。(口座情報は下記からご確認ください)



上記発表では、「支援物資のトンガ王国への輸送については協和運輸株式会社様の温かいご支援ご協力により3月3日発、3月26日トンガ王国着を予定しております」とあります。

いろいろな方々ができる範囲で支援されている様子が伝わり、心が熱くなります。

トンガのGDPは600億円弱、国の予算は300〜400億円。国の債務は200億円ほどだったと思います。世界中から支援が集まるはずですから、この災害からの復興に加え、新時代のトンガ構築に向け、日本とトンガが手を繋いで協力できると良いなあと思います。

物資については、おそらく現地で捌くのに時間がかかるはずなので、衛生的なものや温かい気候でも日持ちのするもの、緊急支援物資は本体(国レベル)や近隣諸国が支援しているため、その先の生活再建や将来の災害対策になるものなどが役に立つかもしれません。
コメントする
コメント