CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«トンガ NZ首相の会見 | Main | パラオ 1/16»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
トンガ 災害対応 [2022年01月16日(Sun)]

災害対応には、大きくは「初動」、「応急」、「復旧」の3段階があります。
トンガの場合は、初動(おおむね3日後までの範囲)はNZ軍、豪州軍が現地災害管理当局と実施し、即時支援と共に被害状況の把握と評価が行われ、UNOCHAも加わると思います。必要物資もリスト化されるはずです。

応急段階では、多くの場合、初動での評価をもとに現地災害対応当局が中心になり調整し、日本を含む国際社会が必要物資を供与することになります。ともかく住民の安全確保が第一。

続いて、復旧段階(2週間後以降)に移ります。いずれも災害対応のプロフェッショナルの世界ですが、おそらく我々一般人が支援できるのはこの復旧段階となるでしょう。必要物資の不足部分や義援金となると思います。

トンガの場合は、国境封鎖とともにコロナフリーを維持しているので、物資の移送に影響があるかもしれません。

必要物資や義援金については、窓口が増えると混乱を招くので、まずは駐日トンガ大使館を中心に段取りが整えられると思います。人員に不足が有れば国内の有志が協力しますので、まずは冷静に状況把握に努めましょう。

現地情報については、通常外交使節は国内通信がダウンしても対応できるよう衛星電話があり、NZとの間で無線も使えるかもしれません。

日本も大使館があるので、政府には冷静に情報が伝達されているでしょうし、NZが最も詳しい情報を持っていると思います。

先ほどのアーダーン首相の話では、かなり火山灰の降灰があったようで、火山灰の除去に相当な労力が必要となるでしょうし(おそらく生活圏のみで、他は火山灰の地層となるのではないか)、タロイモなど農作物は影響を受け、食糧問題が出るかもしれません。低い土地では津波による塩害もあるでしょう。

トンガがフラットで低い土地という情報が出ていますが、それはそうですが、マーシャルやキリバスのような低さではありません。場所によっては海面から何十メートルのところもあるし、洞窟もあるし、フラットではありますが、安定感はあります。

津波のメカニズムは今後専門家が証明していくでしょうが、空気中の衝撃波だけではなく、海中の地形変化も考えた方がいいのではないかと思います。

素人考えでも、空気中の衝撃波に加え、海中での爆発による押しの力、海中で山の外側の山体崩壊、カルデラが作られるような噴火であれば山の陥没によるもの(一旦引いてから押しに転じる)などあるのではないかと思ったりします。波形を分析したり、海底火山の状態が明らかになれば、わかっていくでしょう。

あとはいつまで火山活動が続くのか。さらなる地形変化があるのかどうか、警戒が必要かもしれません。
コメントする
コメント