CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«パラオ | Main | パラオーコロナ»
太平洋島嶼地域情勢:変動〜均衡〜変動〜の繰り返し? [2022年01月12日(Wed)]

どうも現在の地域情勢が1990年代後半から2000年代前半に似てきているように思います。

1995-96 第3次台湾海峡危機、1997 香港返還
1998 トンガの台湾から中国への国交切替
1998 マーシャルの中国から台湾への国交切替
1988-1998 ブーゲンビル紛争
1998-2000 ソロモン部族紛争
1998 ヌーメア協定:ニューカレドニア独立運動〜マティニヨン合意(1988)に続く
2000頃 米国コンパクト改定交渉開始(マーシャル、ミクロネシア)
2001 第1回ミクロネシア大統領サミット
2001 米国同時多発テロ
2003 イラク戦争勃発
2003 米国コンパクト改定

この流れの中で、1998年には一時的に台湾承認国が3まで減り、すぐにマーシャルが、そして2000年代半ばにキリバスとナウルが台湾に切り替えたことで6まで増えました。

安定していた時代があったかは疑問ですが、(変動)〜(均衡)〜(変動)〜(均衡)と捉えれば、1990年代半ば〜2000年代半ばが変動期、2000年代半ばから〜2018年頃が均衡期、2019年頃から再び変動期に移っており、次の均衡状態にフェーズが移るのには、あと3〜4年かかるのかもしれません。

このような時代なので、あわてずに、近視的にみたり、俯瞰してみたりが大事な気がします。
コメントする
コメント