CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ぼやき | Main | 本年もよろしくお願いいたします。»
昭和のこども [2021年12月30日(Thu)]

今日は、年内にと、志村けんとドリフのドラマと浅草キッドを観たのですが、改めて自分は昭和のこども、昭和と言っても長いので、昭和40年代から50年代のこども、ということを再確認しました。
この世代を、アナログ時代とデジタル時代の両方を知っている最後の世代、という人もいました。

太平洋島嶼国もそうですが、開発途上国に行って、生活を共にすると、何かこう懐かしい気持ちになることがあります。きっと社会が発展していく中で、無くしてしまった(もしくは隠してしまった)ものかもしれません。

その島嶼国も世代交代がどんどん進んでいて、かつて日本の影響が残っていたところは米国化していき、ほかの国も含めて義理人情が通じなくなっているように思います。仕方がないことですが。

さっき書いた内容に絡めて追加したいのは、いろいろな方面から煽って、その先にあるものが究極的な有事である場合、太平洋島嶼国の人々を巻き込むことになるのではないかという恐怖です。どちらかに付けと強要され、ついた挙句に、巻き込まれてしまう。

かつて太平洋戦争の時、当時日本の施政権下にあったパラオのペリリュー島とマーシャルのヤルート(ジャルート)島では、現地の人が日本人の友人に「自分は日本人だ。共に戦う。」と言ったけれども、日本人は「これは我々の戦いだ。」と言って避難させたという話をいずれも現地の方々から聞いたことがあります。

ウクライナ情勢も緊張が高まっていて、何かが有れば他の地域にも波及するのではないかと、何も根拠はありませんが心配なところもあります。そんなとき、少なくとも太平洋島嶼国の友人たちを巻き込むことは避けたい。

これで、今年の投稿は終わります。
コメントする
コメント