CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第76回国連総会:ツバル | Main | ブレーキングニュース、アップしました:パラオ、マリンサンクチュアリ»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
国連総会:マーシャル、パラオ [2021年09月29日(Wed)]

先日の国連総会で、マーシャルのカブア大統領のビデオメッセージのポイントは次のようなところでした。

・自由で開かれたインド太平洋支持
・人権、民主主義を守る
・日本が開催した、日本・太平洋島嶼国防衛対話を歓迎
・戦争の歴史を繰り返さないよう、地域の地政学的せめぎ合いに対して国連による監視を求む
・PIFからの離脱、ミクロネシア大統領サミット(MPS)の枠組み
・米国核実験1946-1958、核汚染
・コロナ対策、ワクチン接種、米国の支援感謝
・気候変動の脅威
・ナウル協定締約国グループ(PNA)の取り組み
・来年2月パラオでのアワーオーシャン会議
・中国新疆ウイグル自治区・香港の人権問題
・台湾の国連体系への参加支持


パラオのウィップス大統領は米国に渡り、国連総会に出席。メッセージのポイントは次のとおり。
・コロナ対策について、米国、日本、台湾、豪州に感謝
・台湾の国連体系への参加支持
・気候変動への対応要請
・小島嶼開発途上国として、食料安全保障(先般開催された食料安保サミットに対応)
・気候変動政府間パネル(IPCC)レポートから、残された時間がない
・気候変動ファイナンスへのアクセス
・海水温上昇で海洋が酸素不足
・アワーオーシャン会議
・パラオはマリンサンクチュアリ法でEEZを保護。世界各国のEEZの30%保護実現を期待
・米国とのコンパクト改定交渉(戦略的信託統治から独立した経緯説明)
※戦後、国連の下で米国信託統治領→国連非自治地域リスト掲載→コンパクトを締結し米国自由連合国として独立、国連が自治レベルをモニタリングという経緯がある
・対立ではなく対話に基づき結束し、課題解決にあたるパシフィックウェイを国連に適応すべき
・パラオのバイに書かれたサメ、エイ、リーフフィッシュの意味=強さ、英知、結束
・台湾の国連枠組みへの参加承認要請(再度)

台湾に関する部分は、かつては、援助を受けていることに対する見返りで、台湾の主張を支持するような、決まりごとのような印象がありましたが、今回の台湾承認国4国の台湾の国連枠組みへの参加支持は、より強い発言だと感じました。

マーシャル、パラオの両大統領の演説から、改めて戦中〜戦後〜独立の歴史について考えされられました。そして、現在に繋がっていると。。。

マーシャル・カブア大統領
https://youtu.be/0ypfjrH2fbs

パラオ・ウィップス大統領
https://youtu.be/n40e0IMsE2Y


パラオの方がマーシャルに比べて、再生数も反応も多いですね。
コメントする
コメント