CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«パラオのコロナ管理 | Main | ブレーキングニュース、アップしました:ミクロネシア諸国、PIF»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
RSS取得
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
太平洋島嶼地域のコロナ対応の違い20210913 [2021年09月13日(Mon)]

この1〜2週間の太平洋島嶼地域のコロナ関連報道を読むと、国・地域により、対応や見解に違いがあることがわかります。
仏領ポリネシアでは感染拡大が止まらず死者が増えている状況。

ニューカレドニアでは市中感染が判明し、非常事態の状況。

グアムでもデルタ株による感染拡大傾向。

一方、フィジーは11月の国境封鎖解除に向けて準備(NZは慎重)。

キリバスは来年1月に国境封鎖解除を計画。

サモアは観光再開に慎重。

ミクロネシア連邦は、大統領が議会に保健非常事態宣言の来年1月末までの延長を要請。

台湾では再び感染拡大が抑えられ、台湾〜パラオ〜ナウル間の渡航が実現するかどうか。
コメントする
コメント